97件中 11 - 20件表示
  • 舟木一夫

    舟木一夫から見たパトカー

    1964年3月には初のワンマンショーを東京・浅草国際劇場で行う。当日には、地元・一宮市から東京駅まで国鉄がワンマンショー観覧客のための特別列車を運行させ、東京駅から浅草国際劇場まではパトカー先導の元で観光バス19台で移動するというほどまでになった。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木一夫

    舟木一夫から見た内藤洋子 (女優)

    また特に詩歌、文学をモチーフにした叙情歌謡と呼ばれるジャンルでは持ち前の歌唱を活かして第一人者的存在となり、「絶唱」「夕笛」「初恋」などがヒットし、1966年には「絶唱」で第8回日本レコード大賞歌唱賞を受賞した。このジャンルとしてはその集大成ともいうべきアルバム『その人は昔』がある。これは作家松山善三の長編抒情詩を正味1時間すべて舟木の歌唱で埋めるという、前代未聞の作品であり舟木の歌唱力が最大限に発揮されている。更にこの作品はLPとしては当時記録的な売上となり、後に舟木と内藤洋子の主演により映画化もされた。そしてこのLPおよび映画が劇画作家ながやす巧に大いなる影響を与え、その代表作『愛と誠』を生むきっかけとなった、という事実は、コミック界では有名なエピソードである。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木一夫

    舟木一夫から見たながやす巧

    また特に詩歌、文学をモチーフにした叙情歌謡と呼ばれるジャンルでは持ち前の歌唱を活かして第一人者的存在となり、「絶唱」「夕笛」「初恋」などがヒットし、1966年には「絶唱」で第8回日本レコード大賞歌唱賞を受賞した。このジャンルとしてはその集大成ともいうべきアルバム『その人は昔』がある。これは作家松山善三の長編抒情詩を正味1時間すべて舟木の歌唱で埋めるという、前代未聞の作品であり舟木の歌唱力が最大限に発揮されている。更にこの作品はLPとしては当時記録的な売上となり、後に舟木と内藤洋子の主演により映画化もされた。そしてこのLPおよび映画が劇画作家ながやす巧に大いなる影響を与え、その代表作『愛と誠』を生むきっかけとなった、という事実は、コミック界では有名なエピソードである。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木一夫

    舟木一夫から見た真田幸村

    1944年12月12日、愛知県中島郡萩原町(現・一宮市)に生まれる。父親は石川県河北郡津幡町笠谷の旧家の出で、父方の祖父は「立山伊次郎」の四股名で雷部屋に所属した力士であった。舟木が父から聞いたという話によると、本名の「成幸」という名前は楠木正成と真田幸村の二人の武将から一字ずつとって命名したとのことである。音楽に興味を持ち始めたのは、1か月間肩叩きを続けたご褒美にと祖母からハーモニカをプレゼントしてもらったこと、ラジオで三橋美智也の歌を聴いたことがきっかけの一つ。13歳年下の弟が出来た頃、家が貧しかったことから「誰かがこの家にお金を入れ続けないと。弟が物心つくまでに人並みの生活をさせてあげたい」として学校卒業後は自分の才能で短い間に稼げる世界に行きたいと思うようになり、そんな時に友人の家のテレビで歌手を見て、これだと思い歌手を目指すようになった。中学2年生の時に父に頼み込み、中学の音楽の先生の紹介で指揮者の山田昌宏を紹介してもらい、名古屋市内の教室に通ってレッスンを受ける。高校2年であった1962年2月、地元のCBCテレビの番組『歌のチャンピオン』に出場して松島アキラの『湖愁』を歌い、チャンピオンになる。同年3月、名古屋市内のジャズ喫茶で行われた「松島アキラショー」で、ステージ上の松島アキラが『湖愁』を誰か一緒に歌わないかと客席に声を掛けた所、前列に居た高校生が勢いよく手を上げた。少年は隣に居た同級生に手首を掴まれての事であった。狐に摘まれた表情で舞台に上がった少年は、見事松島と共に「湖愁」を歌いきった。この少年こそ、後の舟木一夫である。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木一夫

    舟木一夫から見た徳川忠長

    「春の坂道」(1971年) - 徳川忠長舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木一夫

    舟木一夫から見た椋梨氏

    「毛利元就」(1997年) - 椋梨景勝(沼田小早川家臣)舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木一夫

    舟木一夫から見たロラン・バルト

    表徴の帝国 - フランスの哲学者ロラン・バルトによる日本文化論。巻頭と巻末に大きく掲げられたのは、『源義経』での平敦盛役の舟木の顔写真である。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木一夫

    舟木一夫から見た安藤実親

    敦盛哀歌 (c/w 銭形平次) 作詞:関沢新一/作曲:安藤実親 昭和41年5月発売舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木一夫

    舟木一夫から見た矢頭教兼

    「赤穂浪士」(1964年) - 矢頭右衛門七舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木一夫

    舟木一夫から見た渡辺宙明

    舟木はこの舞台で主題歌となる「快傑!!児雷也」を歌っている。舟木は以前より特撮ヒーロー物が好きで、特撮ヒーロー物の主題歌を歌いたいという意向があったのだが、スタッフにより却下されていた。後にこの舞台を踏むにあたって、音楽を担当していた渡辺宙明(「人造人間キカイダー」「秘密戦隊ゴレンジャー」などで知られる)に、舟木が「ぜひ特撮ヒーロー物っぽい曲を作って欲しい」と頼み込んでこの曲が生まれ、かねてよりの夢が実現した。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

97件中 11 - 20件表示

「舟木一夫」のニューストピックワード

  • 先輩があれだけふざけてくれるので

  • バーチャル頂上決戦

  • 東京2020オリンピック The Official Video Game