82件中 11 - 20件表示
  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た渡辺宙明

    舟木はこの舞台で主題歌となる「快傑!!児雷也」を歌っている。舟木は以前より特撮ヒーロー物が好きで、特撮ヒーロー物の主題歌を歌いたいという意向があったのだが、スタッフにより却下されていた。後にこの舞台を踏むにあたって、音楽を担当していた渡辺宙明(「人造人間キカイダー」「秘密戦隊ゴレンジャー」などで知られる)に、舟木が「ぜひ特撮ヒーロー物っぽい曲を作って欲しい」と頼み込んでこの曲が生まれ、かねてよりの夢が実現した。(出典 唐沢俊一の渡辺宙明へのインタビュー)舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た内藤洋子 (女優)

    また特に詩歌、文学をモチーフにした叙情歌謡と呼ばれるジャンルでは持ち前の歌唱を活かして第一人者的存在となり、「絶唱」「夕笛」「初恋」などがヒットし、1966年には「絶唱」で第8回日本レコード大賞歌唱賞を受賞した。このジャンルとしてはその集大成ともいうべきアルバム『その人は昔』がある。これは作家松山善三の長編抒情詩を正味1時間すべて舟木の歌唱で埋めるという、前代未聞の作品であり 舟木の歌唱力が最大限に発揮されている。更にこの作品はLPとしては当時記録的な売上となり、後に舟木と内藤洋子の主演により映画化もされた。そしてこのLPおよび映画が劇画作家ながやす巧に大いなる影響を与え、その代表作『愛と誠』を生むきっかけとなった、という事実は、コミック界では有名なエピソードである。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見たながやす巧

    また特に詩歌、文学をモチーフにした叙情歌謡と呼ばれるジャンルでは持ち前の歌唱を活かして第一人者的存在となり、「絶唱」「夕笛」「初恋」などがヒットし、1966年には「絶唱」で第8回日本レコード大賞歌唱賞を受賞した。このジャンルとしてはその集大成ともいうべきアルバム『その人は昔』がある。これは作家松山善三の長編抒情詩を正味1時間すべて舟木の歌唱で埋めるという、前代未聞の作品であり 舟木の歌唱力が最大限に発揮されている。更にこの作品はLPとしては当時記録的な売上となり、後に舟木と内藤洋子の主演により映画化もされた。そしてこのLPおよび映画が劇画作家ながやす巧に大いなる影響を与え、その代表作『愛と誠』を生むきっかけとなった、という事実は、コミック界では有名なエピソードである。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た関沢新一

    学園広場 (c/w 只今授業中) 作詞:関沢新一/作曲:遠藤実 昭和38年10月発売舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た戸塚三博

    涙の敗戦投手 (c/w さらば古い制服よ) 作詞:丘灯至夫/作曲:戸塚三博 昭和39年3月発売舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た安藤実親

    敦盛哀歌 (c/w 銭形平次) 作詞:関沢新一/作曲:安藤実親 昭和41年5月発売舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た平敦盛

    「源義経」(1966年) - 平敦盛舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た徳川忠長

    「春の坂道」(1971年) - 徳川忠長舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た西条八十

    花咲く乙女たち (c/w 若き旅情) 作詞:西条八十/作曲:遠藤実 昭和39年9月発売舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た堀威夫

    偶然そこに取材に来ていた「週刊明星」の記者恒村嗣郎が目を付け、上田少年に氏名と住所を聞き、東京に帰ると、早速ホリプロの会長だった堀威夫に名古屋での出来事を話し、興味を持った堀は、電話で上田少年に歌のテープを送ることを依頼。そのテープを聴いた堀は、翌年5月上田少年を上京させ、日本コロムビアのディレクターだった斎藤昇に紹介。斎藤は作曲家遠藤実にレッスンを受けさせることにし、上田少年は、愛知高等学校から転校した自由ヶ丘学園高等学校へ通いながら、遠藤実のレッスンを受けることとなった。舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

82件中 11 - 20件表示

「舟木一夫」のニューストピックワード