航空アライアンス ニュース&Wiki etc.

航空連合(こうくうれんごう、)とは、航空会社間の連合組織のこと。同一連合内においては、コードシェア便やマイレージサービスの相互乗り入れなど、旅客の利便性を図り、集客の向上を目指すことになっている。航空便には長距離便や国際線も多いことから、航空連合も国際的な組織であり、各国の航空会社が合従連衡を行い、構成されている。 (出典:Wikipedia)

「航空アライアンス」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「航空連合」のつながり調べ

  • アシアナ航空

    アシアナ航空から見た航空連合

    2013年7月現在、韓国国内線12都市14路線、国際線(旅客部門)22カ国/67都市/91路線、国際線(貨物部門)23カ国/71都市/23路線に就航。国際線のうち日本は16都市で、主要空港のほか地方空港への直行便もある。航空連合「スターアライアンス」に加盟した。(アシアナ航空 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た航空連合

    2010年10月に羽田が再国際化すると、地方での国際線利用が韓国の仁川国際空港から羽田へ回帰する傾向が見られたが、この効果自体は従来のアジア・ゲートウェイ構想での棲み分けと両立した再国際化であっても一定程度期待しうるものである。逆に、アメリカとの二国間交渉を経て、アジア・ゲートウェイ構想の下では深夜便しか認められていなかった米国路線へ昼間時間帯での羽田発着枠解放が実現すると、成田を拠点にハブ運行を行っていたデルタ航空が首都圏空港間での旅客分散を嫌って成田発着の路線を減便し(デルタ航空は本邦航空会社にアライアンスパートナーがいないため、羽田空港での国内線-国際線乗り継ぎの恩恵を受けにくいという事情がある)、その代わりに韓国路線を増便する動きを見せるなど、日本の空港の国際ハブ機能(国際線同士の乗り継ぎ)が低下する負の作用が生じている。(前原誠司 フレッシュアイペディアより)

「航空アライアンス」のニューストピックワード