前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
648件中 1 - 10件表示
  • YS-11

    YS-11から見た航空事故航空事故

    機体は中型とし、レイアウトに余裕が持てるように真円部分を長く設計した。当初の設計案では太胴(外径3.3 m)であったが、設計重量超過が判明したことから、モックアップと違った細胴(外径2.88 m)に再設計された。太胴の重量ではSTOL性を確保できず、日本の地方空港に就航できないとの判断であった。このため、当初案の横列5人掛けから4人掛けに変更となった。主翼は、整備性の良さや着水時に機体が浮いている時間が長くなる事を考え、胴体の下に翼がつく低翼に。また、地方空港を結ぶことを目的としたため、1,200 m 級の滑走路で離着陸が可能な性能をもたせることとした。製造は新三菱重工(現三菱重工業)、川崎航空機(現川崎重工業航空宇宙カンパニー)、富士重工業(現SUBARU)、新明和工業、日本飛行機、昭和飛行機工業、住友精密工業の7社が分担し、最終組み立てを三菱小牧工場が担当した。YS-11 フレッシュアイペディアより)

  • みどりの守り神

    みどりの守り神から見た墜落航空事故

    主人公深見みどりは、沖縄行きの飛行機に父と母の3人で家族旅行のため搭乗していたが、彼女らを乗せた飛行機は事故を起こして高山に墜落してしまう。運良く助かり、目を覚ましたみどりが目にしたのは一面の密林だった。同じ飛行機に乗り合わせていた学生の坂口五郎と共に助けを求め、二人は歩き始めるが、おかしな事に行けども行けども密林は続く。ようやく人家を見つけるも人気はなく、それどころか動物の気配すらしない。この異常な事態に、坂口は「世界的な核戦争が起こり、全ての動物は中性子爆弾によって死滅したのではないか」という恐ろしい推測を口にする。旅を続けるうちに、空腹で堪らなくなると見たこともない美味な木の実があったり、長時間の歩行で傷んだ足が一晩で癒えたり、川で溺れて意識を失うと川岸のツタに絡まった状態で目を覚ますなどといった、奇妙なことが続く。やがて2人は密林の中に巨大なビルがそびえる地に辿りつく。そこは緑に覆われ変わり果てた東京であった。遺されたものを探るうちに、世界で何が起きたのかを2人は知ることになる。みどりの守り神 フレッシュアイペディアより)

  • Halo 3: ODST

    Halo 3: ODSTから見た墜落航空事故

    彼らにはいくつかの特殊装備が提供されており、その一つはHEV(Human Entry Vehicle - ヒューマン・エントリー・ビークル)という個人用降下ポッドである。別名Single Occupant Exoatmospheric Insertion Vehicle。これにより宇宙艦から直接地上へと降下することが可能だが、敵の攻撃に晒される可能性があるため乗員は手導操縦で回避行動をとる必要がある場合もある。乗員は地上50メートルでエアブレーキ及び逆噴射をかけるが、もしそれらが故障したとすれば凄まじい速度で墜落して乗員が死傷することもある。なお、『Halo 2』でもマスターチーフがこの装備を用いてデルタ・ヘイローに降下している。Halo 3: ODST フレッシュアイペディアより)

  • 失速

    失速から見た墜落航空事故

    失速直後は揚力係数は大きいものの、抗力の増加により減速するので揚力が減り、また気流が乱れるために機体の操縦を行う事が困難な墜落に繋がりかねない危険な状態にある。失速 フレッシュアイペディアより)

  • オペレーション・ベビーリフト

    オペレーション・ベビーリフトから見た航空事故航空事故

    オペレーション・ベビーリフト (Operation Babylift) は、ベトナム戦争末期の1975年4月4日から4月26日にかけてアメリカ空軍が行った、南ベトナムの孤児を大規模にアメリカ合衆国本土などに避難させるための空輸作戦の通称で、当該作戦の第1便が起こした航空事故でも知られている。オペレーション・ベビーリフト フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空ボンベイ空港誤認着陸事故

    日本航空ボンベイ空港誤認着陸事故から見た航空事故航空事故

    日本航空ボンベイ空港誤認着陸事故(にほんこうくうボンベイくうこうごにんちゃくりくじこ)は、1972年(昭和47年)に発生した空港取り違えによる航空事故である。日本航空ボンベイ空港誤認着陸事故 フレッシュアイペディアより)

  • チャイナエアライン676便墜落事故

    チャイナエアライン676便墜落事故から見た航空事故航空事故

    チャイナエアライン676便墜落事故(チャイナエアライン676びんついらくじこ、中国語繁体字表記:中華航空676號班機、英語:China Airlines Flight 676)とは、1998年に発生した航空事故である。中国語での通称には「華航大園空難」などがある。チャイナエアライン676便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ミュンヘンの悲劇

    ミュンヘンの悲劇から見た航空事故航空事故

    ミュンヘンの悲劇(ミュンヘンのひげき、Munich air disaster)は、1958年2月6日、西ドイツ(当時)・ミュンヘンのリーム空港(現在のフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港とは異なり、メッセゲレンデの場所にあった空港)で起こった航空事故。イングランドフットボールリーグのチーム、マンチェスター・ユナイテッドのチャーター機の乗員乗客44名のうち、23名が死亡した。そのうち選手は死亡8人、重傷7人。ミュンヘンの悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • イースタン航空

    イースタン航空から見た航空事故航空事故

    1972年4月、初のワイドボディ機としてロッキード L-1011 トライスターを導入し、そのローンチカスタマーとなった。ところが、就航間もない同年12月29日に、そのトライスターで墜落事故(イースタン航空401便墜落事故)を起こしてしまった。さらに1974年と1975年と短い間に大きな航空事故をいくつも起こしてしまい、イメージが悪化。業績にも悪影響を及ぼすことになった。イースタン航空 フレッシュアイペディアより)

  • ブラックボックス (航空)

    ブラックボックス (航空)から見た航空事故航空事故

    航空事故に関してブラックボックスと表現する場合は、FDRないしはCVRそれぞれ、あるいは双方をまとめて指している。航空事故の原因調査に大きな役割を持つ。一定以上の乗客を乗せる旅客機では装備が義務づけられているが、自家用の小型機には一般に装備されない。軍用機は装備しない国が多いが、自衛隊機にはほぼ搭載されている。自家用機や軍用機の事故の場合は、生存者からの聞き取りや機体分析で原因究明を行うことになる。ブラックボックス (航空) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
648件中 1 - 10件表示

「航空機事故」のニューストピックワード