648件中 31 - 40件表示
  • 再版切手

    再版切手から見た航空事故航空事故

    近年有名な再版切手としてはアメリカ合衆国郵政省が発行した、コンゴ民主共和国のコンゴ動乱の停戦調停に向かう途中に北ローデシア(現在のザンビア)のエンドーラ で航空事故に遭遇し殉職した国際連合事務総長であったダグ・ハマーショルドの追悼切手がある。この切手には黄色が印刷されていたが、そのなかに反転したエラー切手が出現した。そのため著しいプレミアが付く可能性があったが、郵政当局がこのエラー切手を「再現」した再版切手を新たに4000万枚発行したことがある。再版切手 フレッシュアイペディアより)

  • ンドラ

    ンドラから見た航空事故航空事故

    ンドラとキトウェを結ぶ道路で10kmほど行ったところに、コンゴ動乱中の1961年9月18日に飛行機事故によってこの地で墜落し死亡した、当時のダグ・ハマーショルド国連事務総長を悼む碑が建てられている。ンドラ フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た不時着航空事故

    1940年:古賀が事業継続を断念。尖閣諸島は無人島になる。台湾と那覇を結ぶ航空機「阿蘇号」が魚釣島に不時着した。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 心の旅路 (テレビドラマ)

    心の旅路 (テレビドラマ)から見た航空事故航空事故

    実は男性の本名は村沢武彦。飛行機事故で記憶を喪失していた。林和雄としてのままで、紀子とそのまま結婚し二人での生活を送っていたが、ある日乗っていたタクシーが衝突したショックで無くしていた記憶がよみがえり、同時に林和雄としての自分と紀子との記憶を無くした。後に武彦は大東商事社長となり、紀子はその社長秘書となって再び武彦の傍に付くようになる。そんな時、武彦は浅川産業社長令嬢・浅川真弓との結婚話に心が揺れ動く…。心の旅路 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ミッソーニ

    ミッソーニから見た航空機事故航空事故

    創業者のは、ロンドンオリンピック (1948年)に出場した陸上競技の選手であり、当初、スポーツウェアの製造を行っていたが、徐々に高級アパレル製品へシフト。斬新なデザインや色遣いのニット製品を通じて、20世紀後半、世界に通用するアパレルブランドに成長した。社内では、長男のヴィットリオ・ミッソーニが後継者となり、幹部を一族で固めた同族経営を行ってきたが、ヴィットリオは2013年に航空機事故で夫人とともに行方不明(後日、ベネズエラの沖合にて墜落機が確認されている)になるとともに、創業者のオッタビオも同年5月9日に病死し、相次いで経営者と精神的な支柱を失うこととなった。ミッソーニ フレッシュアイペディアより)

  • 島津村 (三重県)

    島津村 (三重県)から見た墜落航空事故

    1945年(昭和20年)6月5日 - 村内の山林にB-29が墜落、住民4人とB-29の乗員であるアメリカ兵2人が死亡。島津村 (三重県) フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・G・ヴォージ

    リチャード・G・ヴォージから見た航空事故航空事故

    1942年8月、ヴォージは太平洋艦隊潜水部隊の作戦兼情報担当参謀に就任する。1942年4月以降アメリカ海軍潜水部隊は大きく3つに分けられ、その時点で真珠湾の部隊はロバート・H・イングリッシュ少将(アナポリス1911年組)が指揮し、アジア艦隊潜水部隊の流れを汲む部隊のうちフリーマントルの部隊はチャールズ・A・ロックウッド少将(アナポリス1912年組)、ブリスベンの部隊は少将(アナポリス1915年組)がそれぞれ率いていた。このうちクリスティは、頻発していた魚雷の問題に対処させるため本国に呼び戻され、ヴォージが参謀に就任した時点では少将(アナポリス1918年組)が司令官となっていた。一方、海軍情報局を筆頭とする情報機関は日本やドイツの暗号解読に全力をあげた。太平洋関連で言えば、1942年7月に太平洋地域情報センターが設置され、傍受された諜報はセンター内の様々な部課を経て太平洋艦隊に届けられた。ヴォージの役割はイングリッシュの幕僚として諜報担当者とじかに接触し、得られた情報を行動中の潜水艦に伝達すること、また、潜水艦からの情報を諜報担当者に伝達することであった。1943年に入って早々にイングリッシュが航空事故で殉職してロックウッドが後任となったが、任務は変わらなかった。リチャード・G・ヴォージ フレッシュアイペディアより)

  • 交通捜査

    交通捜査から見た航空事故航空事故

    交通捜査(こうつうそうさ)とは、警察の1分掌を指す交通事故捜査部門の略称である。交通事故は環境的要因・人的要因・自動車等の構造的要因が総合して発生する物理現象であるが、航空事故などと異なり自動車事故は人的要因のみを抽出して結論が出される傾向にある。交通捜査 フレッシュアイペディアより)

  • ユースタス・ロレーン

    ユースタス・ロレーンから見た航空機事故航空事故

    ユースタス・ロレーン(Eustace Broke Loraine、1879年9月3日 - 1912年7月5日)はイギリスの航空の開拓者であり、イギリス陸軍航空隊で最初に航空機事故で殉職した将校である。ユースタス・ロレーン フレッシュアイペディアより)

  • 海難審判

    海難審判から見た航空事故航空事故

    2008年10月1日に国土交通省設置法等の一部を改正する法律(平成20年5月2日法律第26号)が施行され、海難審判法が改正されるとともに海難審判庁は廃止され、その懲戒処分の業務は海難審判所に承継されるとともに、船舶事故の原因の究明については運輸安全委員会に引き継がれることとなった(運輸安全委員会では航空事故・鉄道事故・船舶事故の原因究明を扱うことになる、運輸安全委員会設置法1条)。海難審判 フレッシュアイペディアより)

648件中 31 - 40件表示

「航空機事故」のニューストピックワード