前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示
  • 航空事故

    航空事故から見た裁判

    NTSBによる事故の調査結果は、その信頼性を高めるため報告書として一般公開されることが原則となっており、しかもこれを民事訴訟で証拠として採用することは法律で禁じられている。理由は当事者からの証言を得やすくするためであり、また、NTSBを法廷闘争に巻き込まれないようにするためでもある。ただし、事故の分析、原因、勧告などを除いた「事実背景」については証拠採用が認められている。なお刑事訴訟での使用については特に規定がなく、過去には証拠採用された判例もある。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たトルコ航空

    ドイツの航空業界専門誌『アエロ・インターナショナル』(AI) が2005年3月号の誌上で発表したリストによれば、1946年以降一度も死亡事故を起こしていないカンタス航空 が“世界で最も安全な航空会社”とされた。この後には、フィンランド航空、キャセイパシフィック航空と続き、アジアの航空会社では、全日本空輸が4位に、エバー航空が9位に入っている。一方“安全性が最下位”との結果が出たのはトルコ航空で、その後はエジプト航空、エア・インディア、チャイナエアラインと続く。なお、欧州連合は域内の飛行が禁止されている、つまり危険とみなされる航空会社名を掲載した「ブラックリスト」を定期的に発表しており、最新のリストではフィリピン航空や高麗航空などが明記されている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たフィンランド航空

    ドイツの航空業界専門誌『アエロ・インターナショナル』(AI) が2005年3月号の誌上で発表したリストによれば、1946年以降一度も死亡事故を起こしていないカンタス航空 が“世界で最も安全な航空会社”とされた。この後には、フィンランド航空、キャセイパシフィック航空と続き、アジアの航空会社では、全日本空輸が4位に、エバー航空が9位に入っている。一方“安全性が最下位”との結果が出たのはトルコ航空で、その後はエジプト航空、エア・インディア、チャイナエアラインと続く。なお、欧州連合は域内の飛行が禁止されている、つまり危険とみなされる航空会社名を掲載した「ブラックリスト」を定期的に発表しており、最新のリストではフィリピン航空や高麗航空などが明記されている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たキャセイパシフィック航空

    ドイツの航空業界専門誌『アエロ・インターナショナル』(AI) が2005年3月号の誌上で発表したリストによれば、1946年以降一度も死亡事故を起こしていないカンタス航空 が“世界で最も安全な航空会社”とされた。この後には、フィンランド航空、キャセイパシフィック航空と続き、アジアの航空会社では、全日本空輸が4位に、エバー航空が9位に入っている。一方“安全性が最下位”との結果が出たのはトルコ航空で、その後はエジプト航空、エア・インディア、チャイナエアラインと続く。なお、欧州連合は域内の飛行が禁止されている、つまり危険とみなされる航空会社名を掲載した「ブラックリスト」を定期的に発表しており、最新のリストではフィリピン航空や高麗航空などが明記されている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たディスカバリーチャンネル

    テレビドキュメンタリー(原題:The Crash of TWA Flight 800, ディスカバリーチャンネル) - 1996年7月17日にロングアイランド沖で起きたトランスワールド航空800便墜落事故を追ったドキュメンタリー航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たエア・インディア

    ドイツの航空業界専門誌『アエロ・インターナショナル』(AI) が2005年3月号の誌上で発表したリストによれば、1946年以降一度も死亡事故を起こしていないカンタス航空 が“世界で最も安全な航空会社”とされた。この後には、フィンランド航空、キャセイパシフィック航空と続き、アジアの航空会社では、全日本空輸が4位に、エバー航空が9位に入っている。一方“安全性が最下位”との結果が出たのはトルコ航空で、その後はエジプト航空、エア・インディア、チャイナエアラインと続く。なお、欧州連合は域内の飛行が禁止されている、つまり危険とみなされる航空会社名を掲載した「ブラックリスト」を定期的に発表しており、最新のリストではフィリピン航空や高麗航空などが明記されている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たディスカバリー・チャンネル

    2012年に放送されたディスカバリー・チャンネルの「好奇心の扉:航空機事故は解明できるのか?」では、調査用の観測器機を搭載したボーイング727を遠隔操作し、ソノラ砂漠へ実際に墜落させた。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たカンタス航空

    ドイツの航空業界専門誌『アエロ・インターナショナル』(AI) が2005年3月号の誌上で発表したリストによれば、1946年以降一度も死亡事故を起こしていないカンタス航空 が“世界で最も安全な航空会社”とされた。この後には、フィンランド航空、キャセイパシフィック航空と続き、アジアの航空会社では、全日本空輸が4位に、エバー航空が9位に入っている。一方“安全性が最下位”との結果が出たのはトルコ航空で、その後はエジプト航空、エア・インディア、チャイナエアラインと続く。なお、欧州連合は域内の飛行が禁止されている、つまり危険とみなされる航空会社名を掲載した「ブラックリスト」を定期的に発表しており、最新のリストではフィリピン航空や高麗航空などが明記されている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たエバー航空

    ドイツの航空業界専門誌『アエロ・インターナショナル』(AI) が2005年3月号の誌上で発表したリストによれば、1946年以降一度も死亡事故を起こしていないカンタス航空 が“世界で最も安全な航空会社”とされた。この後には、フィンランド航空、キャセイパシフィック航空と続き、アジアの航空会社では、全日本空輸が4位に、エバー航空が9位に入っている。一方“安全性が最下位”との結果が出たのはトルコ航空で、その後はエジプト航空、エア・インディア、チャイナエアラインと続く。なお、欧州連合は域内の飛行が禁止されている、つまり危険とみなされる航空会社名を掲載した「ブラックリスト」を定期的に発表しており、最新のリストではフィリピン航空や高麗航空などが明記されている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たチャイナエアライン

    ドイツの航空業界専門誌『アエロ・インターナショナル』(AI) が2005年3月号の誌上で発表したリストによれば、1946年以降一度も死亡事故を起こしていないカンタス航空 が“世界で最も安全な航空会社”とされた。この後には、フィンランド航空、キャセイパシフィック航空と続き、アジアの航空会社では、全日本空輸が4位に、エバー航空が9位に入っている。一方“安全性が最下位”との結果が出たのはトルコ航空で、その後はエジプト航空、エア・インディア、チャイナエアラインと続く。なお、欧州連合は域内の飛行が禁止されている、つまり危険とみなされる航空会社名を掲載した「ブラックリスト」を定期的に発表しており、最新のリストではフィリピン航空や高麗航空などが明記されている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示

「航空機事故」のニューストピックワード