87件中 21 - 30件表示
  • 航空事故

    航空事故から見た空港

    空港やそれ以外の場所に緊急着陸するケース。主な要因として、降着装置(ランディングギア)が降りなかったり、燃料が尽きたり、時には操縦系統が全滅したり屋根が吹き飛んだりしながらも無事に着陸できたケースと、着陸態勢は取れたが場所が不適当だったために機体が破損したというケースに分かれる。墜落に比べると衝撃をコントロールできているため、生存率は高い。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たLOST

    ドラマ『LOST』(ABC)航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たアメリカ同時多発テロ

    映画『ユナイテッド93』(原題:United 93)テレビ映画『エアポート ユナイテッド93』(原題:Flight 93, A&Eネットワーク) - ともに2001年9月11日に起きた9/11テロによるユナイテッド航空93便の乗っ取りの経緯とこれに立ち向かった乗客の様子を描いた映画/テレビ映画航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た業務上過失傷害罪

    刑事責任を追及するための事故調査を主導するのは警察と検察であり、調査対象は事故機の操縦や整備に関わっていた個人が、業務上過失致死罪・業務上過失傷害罪・重過失致死傷罪など、処罰の対象になるか否かという点に重点を置く。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た日本の警察

    刑事責任を追及するための事故調査を主導するのは警察と検察であり、調査対象は事故機の操縦や整備に関わっていた個人が、業務上過失致死罪・業務上過失傷害罪・重過失致死傷罪など、処罰の対象になるか否かという点に重点を置く。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たエジプト航空

    ドイツの航空業界専門誌『アエロ・インターナショナル』(AI) が2005年3月号の誌上で発表したリストによれば、ジェット機の死亡事故を起こしていないカンタス航空 が“世界で最も安全な航空会社”とされた。2位にはフィンランド航空が続き、アジアの航空会社ではキャセイパシフィック航空が3位、全日本空輸が4位に、エバー航空が9位に入っている。一方“安全性が最下位”との結果が出たのはトルコ航空で、その後はエジプト航空、エア・インディア、チャイナエアラインと続く。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たハイジャック

    ハイジャックなどで人為的に発生するケース。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たコメット連続墜落事故

    航空会社にとっては一度の事故が航空会社全体の信頼や存亡に関わる事態に発展することがあり、また、事故の原因が航空機の欠陥によるものであることが明らかになった場合、当該の航空機メーカーや業界全体の信頼問題となりうる場合がある(コメット連続墜落事故など)。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た国家運輸安全委員会

    アメリカの国家運輸安全委員会 (NTSB) の行った調査によると、航空機に乗って死亡事故に遭遇する確率は0.0009%であるという。アメリカ国内の航空会社だけを対象とした調査ではさらに低く0.000034%となる。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たボーイング727

    2012年4月27日に放映されたディスカバリー・チャンネルの「好奇心の扉:航空機事故は解明できるのか?」は「空港以外で不時着する事故」を想定し、アメリカ、ドイツ、イギリスのTV局4社協力で(その後それぞれの国内向けに編集し放送。)メキシコにて調査用の観測器機と遠隔操作操縦装置を搭載したボーイング727-200型機をメヒカリのメヒカリ国際空港を有人手動操縦で離陸、727の乗員がパラシュートで脱出した後、チェイス機に搭乗した操作員が無線操縦でソノラ砂漠で降下着地させ、破壊される機体状況を内外部から映像を中心にデータ記録収集する再現実験を行った(2012 Boeing 727 crash experiment)。航空事故 フレッシュアイペディアより)

87件中 21 - 30件表示

「航空機事故」のニューストピックワード