79件中 21 - 30件表示
  • 航空事故

    航空事故から見た沈まぬ太陽

    小説・映画『沈まぬ太陽』 - 日本航空の労使紛争や123便墜落事故などがモデルとなっている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たエアショー

    軍用機や民間の貨物機の場合は乗客がいないので、墜落しても機内の犠牲者は乗員に限られる。さらに戦闘機などの一部の軍用機は射出座席を備えているので、墜落前に脱出して無事である可能性がある。ただし、墜落した場所によっては(エアショーの会場など)地上にいる人々に多大な死傷者が出ることがあるし、たとえ軍用機であっても人員の大量輸送時の墜落では、大型旅客機に匹敵する大惨事になってしまう。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た高麗航空

    ドイツの航空業界専門誌『アエロ・インターナショナル』(AI) が2005年3月号の誌上で発表したリストによれば、1946年以降一度も死亡事故を起こしていないカンタス航空 が“世界で最も安全な航空会社”とされた。この後には、フィンランド航空、キャセイパシフィック航空と続き、アジアの航空会社では、全日本空輸が4位に、エバー航空が9位に入っている。一方“安全性が最下位”との結果が出たのはトルコ航空で、その後はエジプト航空、エア・インディア、チャイナエアラインと続く。なお、欧州連合は域内の飛行が禁止されている、つまり危険とみなされる航空会社名を掲載した「ブラックリスト」を定期的に発表しており、最新のリストではフィリピン航空や高麗航空などが明記されている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たエジプト航空

    ドイツの航空業界専門誌『アエロ・インターナショナル』(AI) が2005年3月号の誌上で発表したリストによれば、1946年以降一度も死亡事故を起こしていないカンタス航空 が“世界で最も安全な航空会社”とされた。この後には、フィンランド航空、キャセイパシフィック航空と続き、アジアの航空会社では、全日本空輸が4位に、エバー航空が9位に入っている。一方“安全性が最下位”との結果が出たのはトルコ航空で、その後はエジプト航空、エア・インディア、チャイナエアラインと続く。なお、欧州連合は域内の飛行が禁止されている、つまり危険とみなされる航空会社名を掲載した「ブラックリスト」を定期的に発表しており、最新のリストではフィリピン航空や高麗航空などが明記されている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たフィリピン航空

    ドイツの航空業界専門誌『アエロ・インターナショナル』(AI) が2005年3月号の誌上で発表したリストによれば、1946年以降一度も死亡事故を起こしていないカンタス航空 が“世界で最も安全な航空会社”とされた。この後には、フィンランド航空、キャセイパシフィック航空と続き、アジアの航空会社では、全日本空輸が4位に、エバー航空が9位に入っている。一方“安全性が最下位”との結果が出たのはトルコ航空で、その後はエジプト航空、エア・インディア、チャイナエアラインと続く。なお、欧州連合は域内の飛行が禁止されている、つまり危険とみなされる航空会社名を掲載した「ブラックリスト」を定期的に発表しており、最新のリストではフィリピン航空や高麗航空などが明記されている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た航空機

    航空事故(こうくうじこ)とは、航空機の運航中に起きる事故である。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た国家運輸安全委員会

    アメリカの国家運輸安全委員会 (NTSB) の行った調査によると、航空機に乗って死亡事故に遭遇する確率は0.0009%であるという。アメリカ国内の航空会社だけを対象とした調査ではさらに低く0.000034%となる。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たボーイング727

    2012年に放送されたディスカバリー・チャンネルの「好奇心の扉:航空機事故は解明できるのか?」では、調査用の観測器機を搭載したボーイング727を遠隔操作し、ソノラ砂漠へ実際に墜落させた。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たスカイダイビング

    胴体が寸断されるなど、空中で跡形もなくなるケースと原型を保ったまま墜落するケースがある。前者のように「胴体が寸断」され、または「空中分解」すれば、パラシュートをつけずスカイダイビングをするようなものになるため、乗客の生存はほぼ絶望的である。後者の「原型を保ったまま墜落」するのも似たようなものではあるが、機体構造が衝撃を吸収してくれるため、墜落場所と座席位置によっては生存できる可能性がある。ただし墜落当初は生存していても、その衝撃で火災が発生した時や、墜落場所が海の上や密林のまっただ中であったり身体にショックを受けていれば脱出を図る前ないし救助を待つ間に死亡することもある。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た貨物機

    軍用機や民間の貨物機の場合は乗客がいないので、墜落しても機内の犠牲者は乗員に限られる。さらに戦闘機などの一部の軍用機は射出座席を備えているので、墜落前に脱出して無事である可能性がある。ただし、墜落した場所によっては(エアショーの会場など)地上にいる人々に多大な死傷者が出ることがあるし、たとえ軍用機であっても人員の大量輸送時の墜落では、大型旅客機に匹敵する大惨事になってしまう。航空事故 フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示

「航空機事故」のニューストピックワード