79件中 31 - 40件表示
  • 航空事故

    航空事故から見た旅客機

    事故といっても、乗客が無事に生還できるケースから墜落まで様々だが、墜落の場合だと数十人から500人という幅で死者が出る上、殆どのケースで乗っている人員すべてが死亡するので、より悲劇性を持って語られる傾向にある。また、航空機、特に旅客機ではひとたび事故が生じた場合、乗員・乗客のみならず、状況によっては地上にいる者をも巻き込む大惨事となってしまう危険性を孕んでいる。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たハイジャック

    しかし航空事故はさまざまな要因が複合して事故に至るものであり、多くの航空機や人命を失った航空会社に安全性の問題があるとは必ずしも言い切れない。たとえば一機の事故としては史上最多の死者を出した日本航空123便墜落事故の場合、その原因は過去に製造元が機体に施した修理のミスだった。また、アメリカ同時多発テロ事件においてはハイジャックにより4機が犠牲になった。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た生きてこそ (1993年の映画)

    映画『生きてこそ』(原題:Alive!)航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た射出座席

    軍用機や民間の貨物機の場合は乗客がいないので、墜落しても機内の犠牲者は乗員に限られる。さらに戦闘機などの一部の軍用機は射出座席を備えているので、墜落前に脱出して無事である可能性がある。ただし、墜落した場所によっては(エアショーの会場など)地上にいる人々に多大な死傷者が出ることがあるし、たとえ軍用機であっても人員の大量輸送時の墜落では、大型旅客機に匹敵する大惨事になってしまう。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たアンデス地獄の彷徨

    映画『アンデス地獄の彷徨』(原題:Survive!)航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た衝撃の瞬間

    テレビドキュメンタリー『衝撃の瞬間』シリーズ航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た刑事責任

    そもそもアメリカでは「故意の破壊行為」またはそれに近い「認識ある過失」がない限り、事故機の操縦や整備に関わっていた個人に対しては刑事責任や民事責任を問わないことが原則となっている。これも当事者からの証言を得やすくするためである。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た開発途上国

    航空事故を引き起こすリスクの多寡は航空会社やその運航地域によって異なり、一般に先進国では低く、発展途上国では高い傾向が見られる。また旧共産圏諸国では航空機事故を隠蔽する体質があったため、航空事故の詳細が明らかになったのはごく最近のことである。ソビエト連邦崩壊後にはアエロフロート機を中心に数十件にも及ぶ事故が公表された。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たロングアイランド

    テレビドキュメンタリー(原題:The Crash of TWA Flight 800, ディスカバリーチャンネル) - 1996年7月17日にロングアイランド沖で起きたトランスワールド航空800便墜落事故を追ったドキュメンタリー航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た検察官

    刑事責任を追及するための事故調査を主導するのは警察と検察であり、調査対象は事故機の操縦や整備に関わっていた個人が業務上過失致死罪、業務上過失傷害罪、重過失致死傷罪などによる処罰の対象になるか否かという点に重点を置く。航空事故 フレッシュアイペディアより)

79件中 31 - 40件表示

「航空機事故」のニューストピックワード