87件中 41 - 50件表示
  • 航空事故

    航空事故から見た検察官

    刑事責任を追及するための事故調査を主導するのは警察と検察であり、調査対象は事故機の操縦や整備に関わっていた個人が、業務上過失致死罪・業務上過失傷害罪・重過失致死傷罪など、処罰の対象になるか否かという点に重点を置く。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た審議会

    日本では、1974年から国土交通省の審議会のひとつである航空・鉄道事故調査委員会(事故調)が、事故原因の究明や事故防止に必要な研究を行ってきたが、2008年10月1日に旧来の海難審判庁の船舶事故の原因究明事務と統合されて、新たに国土交通省の外局である運輸安全委員会が発足した。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た航空・鉄道事故調査委員会

    日本では、1974年から国土交通省の審議会のひとつである航空・鉄道事故調査委員会(事故調)が、事故原因の究明や事故防止に必要な研究を行ってきたが、2008年10月1日に旧来の海難審判庁の船舶事故の原因究明事務と統合されて、新たに国土交通省の外局である運輸安全委員会が発足した。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たエドワーズ空軍基地

    1984年12月1日、着陸失敗などの被害軽減へ"着火しにくい燃料を使用する事で衝撃に伴う引火の被害を抑える事"を目的にした「衝撃実演 (CID)」をNASAと連邦航空委員会 (FAA) の共同で行った。無線操縦による無人飛行装置を取り付け改造したボーイング720型機をエドワーズ空軍基地から離陸後に仮想滑走路(着地位置)へ突入させた(「制御された衝撃実演」の項目参照。Controlled Impact Demonstration もしくは Crash In the Desert)。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たドイツ

    ドイツの航空業界専門誌『アエロ・インターナショナル』(AI) が2005年3月号の誌上で発表したリストによれば、ジェット機の死亡事故を起こしていないカンタス航空 が“世界で最も安全な航空会社”とされた。2位にはフィンランド航空が続き、アジアの航空会社ではキャセイパシフィック航空が3位、全日本空輸が4位に、エバー航空が9位に入っている。一方“安全性が最下位”との結果が出たのはトルコ航空で、その後はエジプト航空、エア・インディア、チャイナエアラインと続く。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た誘導路

    混雑した空港で滑走路や誘導路上に航空機同士で接触や衝突するケース。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た原子力発電所

    建物への衝突を調査する場合には離陸しなくてもロケットスレッドで水平に加速し、壁に衝突させることでデータが得られるため多くの実験が行われている。例として1988年にサンディア国立研究所が原子力発電所への航空機衝突による影響を調査するため、アメリカ軍から払い下げられたF-4をロケットスレッドで加速し、コンクリートの壁に衝突させる実験を行っている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たCVR チャーリー・ビクター・ロミオ

    舞台劇『CVR チャーリー・ビクター・ロミオ』(原題:CVR: Charlie Victor Romeo) - 実際に起こった6件の航空機事故のコックピットボイスレコーダー記録をほぼそのままの形で台本とし、事故機のコクピットで何が起きていたのかを再現した舞台劇。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たCBS

    テレビ映画『奇跡の243便』(原題:Miracle Landing, CBS) - 1988年4月28日に起きたアロハ航空243便事故を描いたテレビ映画航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た全日空羽田沖墜落事故

    また、今日の航空事故調査には欠かせないフライトデータレコーダー(飛行状況記録機、FDR)と コックピットボイスレコーダー(操縦室音声記録機、CVR)だが、日本では1966年の全日空羽田沖墜落事故の際に、経路追跡などができず原因不明となったことを教訓に、全ての旅客機に搭載が義務づけられた。航空事故 フレッシュアイペディアより)

87件中 41 - 50件表示

「航空機事故」のニューストピックワード