79件中 51 - 60件表示
  • 航空事故

    航空事故から見たユナイテッド93

    映画『ユナイテッド93』(原題:United 93)テレビ映画『エアポート ユナイテッド93』(原題:Flight 93, A&Eネットワーク) - ともに2001年9月11日に起きた9/11テロによるユナイテッド航空93便の乗っ取りの経緯とこれに立ち向かった乗客の様子を描いた映画/テレビ映画航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たリスク

    航空事故を引き起こすリスクの多寡は航空会社やその運航地域によって異なり、一般に先進国では低く、発展途上国では高い傾向が見られる。また旧共産圏諸国では航空機事故を隠蔽する体質があったため、航空事故の詳細が明らかになったのはごく最近のことである。ソビエト連邦崩壊後にはアエロフロート機を中心に数十件にも及ぶ事故が公表された。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たエアトランサット236便滑空事故

    テレビドキュメンタリー(原題:Flying on Empty, ディスカバリーチャンネル) - 2001年8月23日に北大西洋上で起きたエアトランサット236便のジェット旅客機としては史上最長の滑空を追ったドキュメンタリー航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た地理情報

    事故原因の大半は人為的なミス(操縦ミス、判断ミス、故意の操作ミス、定められた手順の不履行、正しくない地理情報に基づいた飛行、飲酒等の過失など)、または機械的故障(構造的欠陥、不良製造、不良整備、老朽化など)に端を発するものとなっている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たボイスレコーダー

    なお、今日の航空事故調査には欠かせないフライトデータレコーダー(飛行状況記録機、FDR)と コックピットボイスレコーダー(操縦室音声記録機、CVR)だが、日本では1966年の全日空羽田沖墜落事故の際に経路追跡などができず原因不明となったことを教訓に、すべての旅客機に搭載が義務づけられた。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た運輸安全委員会

    日本では1974年から国土交通省の審議会のひとつである航空・鉄道事故調査委員会(事故調)が、事故原因の究明や事故防止に必要な研究を行ってきたが、2008年10月1日に旧来の海難審判庁の船舶事故の原因究明事務と統合されて新たに国土交通省の外局である運輸安全委員会が発足した。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見た航空会社

    航空会社にとっては一度の事故が航空会社全体の信頼や存亡に関わる事態に発展することがあり、また、事故の原因が航空機の欠陥によるものであることが明らかになった場合、当該の航空機メーカーや業界全体の信頼問題となりうる場合がある(コメット連続墜落事故など)。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たユナイテッド航空232便不時着事故

    テレビ映画『レスキューズ/緊急着陸UA232』(原題:Crash Landing: The Rescue of Flight 232, ABC) - 1989年7月19日に起きたユナイテッド航空232便事故を描いたテレビ映画航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たクライマーズ・ハイ

    映画『クライマーズ・ハイ』 - 日本航空123便墜落事故を下敷きとしている。航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 航空事故

    航空事故から見たパラシュート

    胴体が寸断されるなど、空中で跡形もなくなるケースと原型を保ったまま墜落するケースがある。前者のように「胴体が寸断」され、または「空中分解」すれば、パラシュートをつけずスカイダイビングをするようなものになるため、乗客の生存はほぼ絶望的である。後者の「原型を保ったまま墜落」するのも似たようなものではあるが、機体構造が衝撃を吸収してくれるため、墜落場所と座席位置によっては生存できる可能性がある。ただし墜落当初は生存していても、その衝撃で火災が発生した時や、墜落場所が海の上や密林のまっただ中であったり身体にショックを受けていれば脱出を図る前ないし救助を待つ間に死亡することもある。航空事故 フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示

「航空機事故」のニューストピックワード