前へ 1 次へ
7件中 1 - 7件表示
  • 以遠権

    以遠権から見た航空協定航空協定

    1949年にフランスとアメリカの間で締結された航空協定において、二国間の輸送量・運航会社・路線・運賃などを定めた際に、以遠権についても認められることになったものが最初である。以遠権 フレッシュアイペディアより)

  • オープンスカイ協定

    オープンスカイ協定から見た航空協定航空協定

    オープンスカイ協定(オープンスカイきょうてい)とは、航空会社が2ヶ国間あるいは、地域内の各国において空港の発着枠、航空路線、便数などを決められる航空協定の事である。。オープンスカイ協定 フレッシュアイペディアより)

  • 務安国際空港

    務安国際空港から見た航空協定航空協定

    中国東方航空の上海線は、韓中航空協定の改定で韓国側乗り入れ地点に大邱・光州が追加されたことを契機に、2001年7月から光州-上海間の路線として週1往復がチャーター便扱いで運航されたのが始まりである。光州発着の国際線運航は、アジア通貨危機の影響で国際線が運休となって以来のことであった。以降、この路線は定期路線化を経て徐々に増便され、務安国際空港が開港した2007年11月には毎日運航となっていた。務安開港と同時に務安発着に変更され、開港時点では唯一の国際定期路線であった。務安移転後、当初は毎日運航が維持されており、全羅南道は道内から海外に向かう場合、務安から上海乗り継ぎで各地へ向かう経路が、韓国内の他空港から出発するよりも時間・料金の両面で有利であるとして、上海乗り継ぎの時刻表を公表するなど、広報活動を強化していた。しかし原油価格高騰や、後に大韓航空が同区間で運航を開始し供給過剰となったことから、2008年6月以降は週2往復に減便された。それでも開港時からの就航路線として、他の務安発着路線が長期運休に入る中でも本路線は定期運航が維持されていたが、2009年5月末には世界的なインフルエンザの流行の影響を受け、7月中旬までの予定で運休となった。務安移転前は一部の便が同区間に路線を持つ大韓航空との共同運航便として運航されていたが、務安移転後は共同運航便の設定は行われていない。務安国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空 (持株会社)

    日本航空 (持株会社)から見た航空協定航空協定

    日本航空システム発足当初は、貨物事業(国内・国際とも)を「日本航空カーゴ」として分社する計画だったが、航空協定上の問題があったため、日本航空インターナショナルの事業とした。日本航空 (持株会社) フレッシュアイペディアより)

  • 日蘭関係

    日蘭関係から見た航空協定航空協定

    また、二国間条約・取極は、1953年(昭和28年)に航空協定、1956年(昭和31年)に日蘭議定書と査証取極、1970年(昭和45年)に租税条約、1981年(昭和56年)に文化協定、1996年(平成8年)に科学技術協定、2009年(平成21年)に社会保障協定、2010年(平成22年)に税関相互支援協定が、それぞれ締結されている。また、2003年(平成15年)のイラク戦争では両国共にアメリカを支持し、自衛隊イラク派遣においてはオランダ派遣軍が治安維持を担当する地域に派遣された陸上自衛隊に対して(先に活動を行っていた立場から)指導・協力を行った。戦後の日蘭関係は、前述の懸案があるものの、概ね安定的な友好を保っている。日蘭関係 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アジア航空

    日本アジア航空から見た航空協定航空協定

    1972年に、日本国政府と中華人民共和国政府との間に日中共同声明が出され、国交が築かれたことにより、日本は中華民国政府と断交した。日本 - 台湾路線は、当時は日本航空により運航が続けられていたが、後に当時の内閣総理大臣・田中角栄の肝いりで締結が急がされていた、日中間の航空協定を締結する際の中国政府からの申し入れにより、同国に乗り入れる日本の航空会社(=日本航空)の台湾乗り入れは禁止とされた。日本アジア航空 フレッシュアイペディアより)

  • フラッグ・キャリア

    フラッグ・キャリアから見た航空協定航空協定

    1944年のシカゴ条約採択をきっかけに、国際航空路線は二国間協定に基づくものになった。二国間協定には、国籍条項(航空会社はその国の航空会社でなければならない)があり、各1社が政府に指定されていた。1978年にアメリカ合衆国から始まる航空の自由化まで、国際航空はフラッグ・キャリアの全盛期といえた。フラッグ・キャリア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
7件中 1 - 7件表示

「航空自由化」のニューストピックワード