前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
298件中 1 - 10件表示
  • ボディコート

    ボディコートから見た航空航空

    Nadcap(航空宇宙部品の特殊工程)ボディコート フレッシュアイペディアより)

  • 陸軍航空審査部

    陸軍航空審査部から見た航空航空

    陸軍航空審査部(りくぐんこうくうしんさぶ)は、軍用機を筆頭とする各種航空兵器の審査を行った大日本帝国陸軍の組織(機関・官衙)。本項では航空審査部の前身である陸軍飛行実験部(りくぐんひこうじっけんぶ)についても詳述する。陸軍航空審査部 フレッシュアイペディアより)

  • 冬季作業車両

    冬季作業車両から見た航空航空

    最初期の冬季作業車両は、そりのために路面を円滑に維持する目的で設計されたスノーローラーであると言われている。ただし馬に引かせたスノープラウ(除雪板)やグリット(後述)散布車は早くも1862年には使われていた。20世紀初頭のモータリゼーションと航空機利用の普及により、大型の発動機付き冬季作業車両が開発され、今日に至っている。冬季作業車両 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川聰

    長谷川聰から見た航空航空

    長谷川 聰(はせがわ さとし、1947年(昭和22年)8月16日 - )は、日本の航空技術者、工学者(工学修士)。川崎重工業代表取締役社長。長谷川聰 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た航空航空

    視程 - 大気の見通しの程度。降水や霧、砂嵐、吹雪などによって低下する。航空の分野では重要視される。気象 フレッシュアイペディアより)

  • ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪

    ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪から見た航空航空

    主に観光業界やホテル業界、航空業界への就職を志望する学生を対象とした専門教育を実施。ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺義明

    田辺義明から見た航空航空

    また中国の航空・鉄道・艦船など交通・軍事に造詣が深く、2007年(平成19年)11月号から月刊『航空ファン』(文林堂)に「最新・中国航空・軍事トピック」を連載中である。日本の民間における中国人民解放軍空軍(海軍・陸軍の航空兵を含む)研究者として「第一人者」と言える。従来、内部情報とされていた部隊配置や建造中といわれた航空母艦の状況などを明らかにしている。2009年6月29日『静岡新聞』朝刊、22面に三木卓(芥川賞作家、本名:冨田三樹)が田辺義明の紹介記事(田辺を親戚の「本家筋」とする)を書き特筆に値いする。『航空ファン』2010年11月号には「新装なった中国航空博物館を訪ねて」、「再見!殲6・J-6戦闘機」と連載記事の併せて論稿3編を担当している。そこでは本人が「“ミグもどき”に憑かれた中年オヤジ」と自嘲している。また『航空ファン』2011年2月号には「中国の主力戦闘機-殲10と殲11の実力」、「珠海航空ショー“参戦記”」と連載記事の「最新・中国航空・軍事トピック」の論稿3編を併せて発表している。さらに『航空ファン』2011年3月号・4月号では中国のステルス戦闘機「殲20・J-20」の解説を行なっている。また同誌2011年11月号「識者に聞く!」では、同年8月10日大連港(遼寧省)から試験航海に出た中国海軍の旧ロシア空母の「ワリヤーグ」についても論じている(青木謙知ら評論家・ジャーナリストの4人が解説)。中国の艦上戦闘機である殲15・J-15についての解説も『航空ファン』2012年1月号で行なわれている。『世界の傑作機No.151、MiG-19ファーマー』では、中国版MiG-19として「殲6・J-6、強5・Q-5」(62~73頁)を担当している。とくに強5攻撃機については我が国で初の研究的論稿である。なお航空評論家の青木謙知とは立教大学の産業関係学科でほぼ同年代の出身である。田辺義明 フレッシュアイペディアより)

  • NACCS

    NACCSから見た航空航空

    NACCS(ナックス)とは、国際貿易における、通関及び輸入の際の関税の納付などを効率的に処理することを目的に構築された、税関官署、運輸業者、通関業者、倉庫業者、航空会社、船会社、船舶代理店、金融機関等の相互を繋ぐ電子的情報通信システムである。正式名称は、輸出入・港湾関連情報処理システム(Nippon Automated Cargo And Port Consolidated System)である。従前は、通関情報処理システムと呼ばれてきたが、港湾手続、食品衛生手続、動植物検疫手続、入国管理手続等の他省庁関係手続きにも業務を拡大することを見越して改称された。NACCS フレッシュアイペディアより)

  • 東邦テナックス

    東邦テナックスから見た航空航空

    東邦テナックス株式会社(とうほうテナックス)は、東京都文京区に本社を置くPAN系炭素繊維メーカー。世界を代表する規模を誇り、生産高は世界第2位。主力製品である炭素繊維は、風力発電のブレード(羽根)や高圧タンク向けなどの産業用途のほか、仏エアバス社の超大型旅客機エアバスA380を始めとした航空・宇宙分野向けに出荷されている。東邦テナックス フレッシュアイペディアより)

  • 各務原台地

    各務原台地から見た航空航空

    戦後は航空宇宙産業、自動車産業の発展の結果、各務原市の工業出荷額の半分以上を占める土地になった。各務原台地 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
298件中 1 - 10件表示

「航空」のニューストピックワード