349件中 11 - 20件表示
  • 冬季作業車両

    冬季作業車両から見た航空航空

    最初期の冬季作業車両は、そりのために路面を円滑に維持する目的で設計されたスノーローラーであると言われている。ただし馬に引かせたスノープラウ(除雪板)やグリット(後述)散布車は早くも1862年には使われていた。20世紀初頭のモータリゼーションと航空機利用の普及により、大型の発動機付き冬季作業車両が開発され、今日に至っている。冬季作業車両 フレッシュアイペディアより)

  • 特別攻撃隊

    特別攻撃隊から見た航空航空

    『大辞林(第三版)』によれば、「特別攻撃隊」という言葉は「特に第二次大戦中、体当たり攻撃を行なった日本の航空部隊」を指す。『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』によれば、1944年10月20日、大西滝治郎中将(第一航空艦隊司令長官)の命令によって編成された部隊が最初。26機機体中、「13機が体当たり機」で、大西が「神風特別攻撃隊」と命名した。特別攻撃隊 フレッシュアイペディアより)

  • エアライン板

    エアライン板から見た航空航空

    エアライン板(エアラインいた)は匿名掲示板2ちゃんねるにある趣味カテゴリの板の一つ。民間航空に関する話題を扱う。エアライン板 フレッシュアイペディアより)

  • 始発便

    始発便から見た航空航空

    始発便(しはつびん)とは鉄道、バス、船舶、航空などの公共交通機関において、ある路線・航路・航空路で一日のうち最初に運行する便である。鉄道の場合始発列車(電車なら始発電車(始電))、バスの場合は始発バス(始バス)と呼ばれる。始発便 フレッシュアイペディアより)

  • ネイピア ライオン

    ネイピア ライオンから見た航空航空

    ネイピア・ライオン()はイギリスのネイピア社が1917年から開発し1930年代まで使われた、航空用レシプロエンジンである。ネイピア ライオン フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第16番 (ミャスコフスキー)

    交響曲第16番 (ミャスコフスキー)から見た航空航空

    交響曲第16番 ヘ長調 作品39は、ニコライ・ミャスコフスキーが1935年から翌年にかけて作曲し、「航空交響曲」の通称を持つ。交響曲は1935年5月18日に起きたマクシム・ゴーリキー号の墜落事故に着想を得たと言われている。交響曲第16番 (ミャスコフスキー) フレッシュアイペディアより)

  • MK鋼

    MK鋼から見た航空航空

    MK鋼は形状や大きさを変化させても強い磁力を維持することができるため、色々な形のものがある。U型磁石、棒磁石、ゴム磁石(弾磁石)、丸磁石、玉磁石などがある。温度変化や振動に対しても安定した磁力を発生させることができる。この特性を利用し、エレクトロニクスや航空、自動車などの産業で広く用いられている。MK鋼 フレッシュアイペディアより)

  • シベリア航空宇宙大学

    シベリア航空宇宙大学から見た航空航空

    シベリア航空宇宙大学 () は、ロシアの大学。ソビエト連邦時代の1960年に設立された。宇宙産業、航空、経済、金融、マーケティング、および管理のための専門家を養成している。シベリア航空宇宙大学 フレッシュアイペディアより)

  • 国内交通基本法

    国内交通基本法から見た航空航空

    交通基本法は1983年1月1日に新組織として発足したSNCFの新定款を規定しているだけでなく、あらゆる人々が自由に移動できる権利としての交通権を明記した他、鉄道のみならず自動車や河川輸送および航空などすべての国内交通機関を対象とした交通政策の意義と責務の明確化、公共交通機関の整備と維持に関して国と地方公共団体が果たすべき役割の明確化、交通政策の策定と推進に関し地方分権推進を打ち出すなど、フランスにおける交通政策の根本的革新と国内交通を總合的に発展させるための基本的指針として性格を持ち合わせている。国内交通基本法 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮総督府逓信局

    朝鮮総督府逓信局から見た航空航空

    朝鮮における郵便・郵便為替・郵便貯金・簡易保険・船員保険・電信・電話・航路標識・海員養成・発電水力・航空に関する事務を管理し、航路・船舶・海員・電気事業・ガス事業の監督を掌った。朝鮮総督府逓信局 フレッシュアイペディアより)

349件中 11 - 20件表示

「航空」のニューストピックワード