298件中 31 - 40件表示
  • 北米報知

    北米報知から見た航空航空

    戦後、収容所から帰郷した日系人が互いの安否を確かめあう告知板(=ポスト)をと北米時事は名称を「北米報知」に変更し、再出発を果たした。タコマ時報の記者、生駒貞彦が北米時事の編集者・有馬純雄を迎えて1946年に創刊された北米報知は、48年に週三回、翌49年に週六回と発行日数を拡大。52年の新移民法による日本からの帰還者も増え、購読者、広告主など北米報知支援の幅も広がった。当時の新聞には北米百年桜の著者、伊藤一夫がつづる「日本便り」をはじめ、新聞創刊の趣旨「報知告知板」、現在も引き継がれる「報知ごよみ」、コミュニティー記事、死亡記事のほか、タコマ、スポケン、ポートランド各地からの通信記事や小説、俳句、短歌など地元文芸団体の作品などが掲載されていた。広告欄には航空、旅行、商店、美容院、レストランと日系ビジネスに加えて、劇場、映画館、文化団体が名を連ね、コミュニティーの盛況ぶりが伺える内容となっていた。北米報知 フレッシュアイペディアより)

  • 研究開発局

    研究開発局から見た航空航空

    宇宙・航空分野の研究開発の推進研究開発局 フレッシュアイペディアより)

  • 上下関係

    上下関係から見た航空航空

    航空業界に上意下達の弊害を思い知らせたのは、1977年に起こったジャンボ機同士の衝突事故、テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故であった。この事故は双方の飛行機および管制官の間にさまざまな思い込みがあったことが原因となっているが、特に一方の当事者となったKLM機内では、クルーの内の航空機関士がパンナム機との衝突の可能性に気づいていたにもかかわらず、上司である機長がその可能性を否定したために再度機長に口を挟むことに萎縮してしまい、結果両機が正面衝突する悲劇につながった。上下関係 フレッシュアイペディアより)

  • 永久運動の夢

    永久運動の夢から見た航空航空

    『永久運動の夢』(えいきゅううんどうのゆめ、)は、イギリスの著述家、アーサー・オードヒュームの永久機関の歴史に関する著書である。1975年の英国放送協会(BBC)のテレビ番組のために調査が始められ、1977年にイギリスで出版された。オードヒュームは航空エンジニア出身で、オルゴールや機械仕掛けの楽器に関する分野の著書のある人物である。永久運動の夢 フレッシュアイペディアより)

  • ルネ・モアノ

    ルネ・モアノから見た航空航空

    ルネ・モアノ(René Joseph Louis Moineau、1887年8月11日 - 1948年10月5日)は、フランスの初期の航空エンジニア、パイロットである。発明家としては、現在も粘度の高いスラリーなどを送るのに使われる「モアノポンプ」(日本ではモーノポンプと呼ばれる方が多い)の発明者である。ルネ・モアノ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥海高太朗

    鳥海高太朗から見た航空航空

    鳥海 高太朗(とりうみ こうたろう、1978年7月17日 - )は、日本の航空・旅行アナリスト、城西国際大学観光学部助手。鳥海高太朗 フレッシュアイペディアより)

  • スウィフト・エンジニアリング

    スウィフト・エンジニアリングから見た航空航空

    スウィフト・エンジニアリング(Swift Engineering Inc.)は、アメリカ合衆国の自動車・航空部品メーカー。スウィフト・エンジニアリング フレッシュアイペディアより)

  • カナディアン航空機爆破事件

    カナディアン航空機爆破事件から見た航空航空

    カナディアン航空機爆破事件(カナディアンこうくうきばくはじけん)とは、カナダ・ケベック州で発生した生命保険金目的で旅客機を爆破した航空テロ事件である。別名をケベック航空機爆破事件もしくはアルベール・ガイ事件とも言う。カナディアン航空機爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • サーチャージ (運賃)

    サーチャージ (運賃)から見た航空航空

    広義には付加料金すべてを指すが、一般には付加料金のうち価格変動のリスクを船主、航空会社から荷主、乗客に転嫁するものを指す。特に海運、航空輸送業界で用いられる用語。サーチャージ (運賃) フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ PFM3200

    ポルシェ PFM3200から見た航空航空

    1985年遅くにPFM3200が市場に導入されるとジェネラルアビエーション市場では期待が高まったが、ポルシェは1980年代末の市場の急激な沈滞を受けて1991年には生産ラインを閉じ、航空機エンジン市場から撤退した。このエンジンの開発と少量(約80基)の販売に掛かった費用は7,500万ドルとみられている。市場での販売期間が短かったにもかかわらず、PFM3200は様々な航空機の標準エンジンやワンオフの改造機のエンジンとして装備されているのが見られる。これらの機体にはエクストラ・330、ムーニー・M20L、ソカタ・TB-16、ロビン・DR400、Ruschmeyer・MF-85等がある。ムーニー・M20Lのみが量産機として生産され1988年に40機、そして1989年にもう1機が製造された。ポルシェ PFM3200 フレッシュアイペディアより)

298件中 31 - 40件表示

「航空」のニューストピックワード