349件中 41 - 50件表示
  • 交通安全白書

    交通安全白書から見た航空航空

    内容は、陸上(道路・鉄道)・海上・航空の前年度の状況を中心に、過去の動向を報告するとともに、当該年度の計画を記述しており、平成20年版では、その半分近くを道路交通に割いている。なおインターネットで公開されており、概要と全文を読むことができる。交通安全白書 フレッシュアイペディアより)

  • 小林省三郎

    小林省三郎から見た航空航空

    海軍大学校甲種学生(15期)を卒業し、呉鎮守府人事部員、「磐手」副長を経て、横須賀鎮守府先任参謀となる。司令長官は財部彪、参謀長は山梨勝之進らであった。在職中に関東大震災が発生し、小林は朝鮮人の保護に尽力している。彼らに「ご安心召されい」と語っていた。1925年(大正12年)12月大佐へ進級し、「利根」艦長となる。次いで「鳳翔」艦長となり、元来は砲術専攻士官であった小林は航空関係の要職を歴任していくこととなる。「赤城」艦長、海軍航空本部教育部長を務め、短期間ではあるが、再度「赤城」艦長、航空本部教育部長を務めている。「赤城」時代の部下に小園安名がおり、二人は昭和維新について共鳴していた。小林省三郎 フレッシュアイペディアより)

  • アフガン航空相撲

    アフガン航空相撲から見た航空航空

    元は、「アフガニスタンのアブドゥール・ラフマン航空観光大臣(アフガン航空相)が外遊のため訪れていたカーブル国際空港で、メッカ巡礼のために乗る予定だったフライトが何便も欠航したことに激怒し、暴徒化した巡礼者たちに取り囲まれて殴り殺された("撲殺"される)」という内容のニュースのタイトルであった。アフガン航空相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 方位角

    方位角から見た航空航空

    航空分野においては、機首の方向や進行方向を示すのに用いられる。方位角 フレッシュアイペディアより)

  • 鐘ヶ江幸治

    鐘ヶ江幸治から見た航空航空

    鐘ヶ江 幸治(かねがえ こうじ)は、日本の陸上競技選手、航空技術者、機械研究者。専門は長距離。鐘ヶ江幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 永久運動の夢

    永久運動の夢から見た航空航空

    『永久運動の夢』(えいきゅううんどうのゆめ、)は、イギリスの著述家、アーサー・オードヒュームの永久機関の歴史に関する著書である。1975年の英国放送協会(BBC)のテレビ番組のために調査が始められ、1977年にイギリスで出版された。オードヒュームは航空エンジニア出身で、オルゴールや機械仕掛けの楽器に関する分野の著書のある人物である。永久運動の夢 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンの交通

    ロンドンの交通から見た航空航空

    ロンドンの交通は、イギリスにおける道路、鉄道、航空等の交通網のハブとして機能している。国道やナショナルレールの路線の中心であるとともに、数多くの公営および私営の交通事業者が高密度で拡張的な交通ネットワークを形成している。また、世界で最も混雑するヒースロー空港をはじめとする国際空港や港湾も備える。ロンドンの交通 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ航空宇宙センター

    ドイツ航空宇宙センターから見た航空航空

    ドイツ航空宇宙センター(ドイツこうくううちゅうセンター、、略称DLR)はドイツ連邦共和国の航空技術および宇宙開発を担う政府機関。ドイツ航空宇宙センター フレッシュアイペディアより)

  • アマデウス (CRS)

    アマデウス (CRS)から見た航空航空

    アマデウス(Amadeus)は、航空・鉄道・ホテルなどで使用されているコンピュータ予約システム(CRS、GDS)である。アマデウス (CRS) フレッシュアイペディアより)

  • 広岡友紀

    広岡友紀から見た航空航空

    広岡 友紀(ひろおか ゆき、生年月日不詳)は、日本の航空・鉄道アナリスト(評論家)、小説家。広岡友紀 フレッシュアイペディアより)

349件中 41 - 50件表示

「航空」のニューストピックワード