349件中 61 - 70件表示
  • 水銀柱インチ

    水銀柱インチから見た航空航空

    日本では、いくつかの例外的な場合(ヤード・ポンド法)を除き、計量法第8条により「取引又は証明」に使用することが禁止されている。アメリカ合衆国では天気予報や航空分野で気圧を表すために今でも広く使われているが、それ以外の分野では時代遅れになっているようである。水銀柱インチ フレッシュアイペディアより)

  • 航空路火山灰情報センター

    航空路火山灰情報センターから見た航空航空

    航空路火山灰情報センター (こうくうろかざんばいじょうほうセンター、) は、大気中を浮遊して航空を危険に晒すおそれのある火山灰 (火山灰雲) に関する情報を取りまとめ、配信する業務を専門に行う気象センターである。航空路火山灰情報センター フレッシュアイペディアより)

  • 翔安区

    翔安区から見た航空航空

    航空施設として、既存の廈門高崎国際空港や近隣の泉州晋江空港の能力が飽和するのに備えて、翔安に新空港建設の構想がある。翔安区 フレッシュアイペディアより)

  • ブレーキ・バイ・ワイヤ

    ブレーキ・バイ・ワイヤから見た航空航空

    もともとは航空分野において、機体の大型化や高機動化に伴って人力操作では対応が困難になったことがきっかけで開発されたコンピュータによる操縦支援システム(フライ・バイ・ワイヤ)の概念を、自動車のブレーキ技術に応用したものである。ブレーキ・バイ・ワイヤ フレッシュアイペディアより)

  • シルビオ・ペッティロッシ国際空港

    シルビオ・ペッティロッシ国際空港から見た航空航空

    3,353mの滑走路を1本有する。名称はパラグアイのパイロットであり航空のパイオニアであるシルビオ・ペッティロッシにちなむ。シルビオ・ペッティロッシ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • S-49 (航空機)

    S-49 (航空機)から見た航空航空

    S-49(セルビア語:';クロアチア語:')は、第二次世界大戦後にユーゴスラビアのイカルス社で開発されたレシプロ戦闘機である。同国の戦後の航空産業復興に大きく貢献した。S-49 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 最終便

    最終便から見た航空航空

    最終便(さいしゅうびん)とは、鉄道、路線バス、航空、船舶など定期運行を行う公共交通機関の当日最終の便または、廃止される前の最後の便のことである。対義語は始発便。最終便 フレッシュアイペディアより)

  • オレクサンドル・イーウチェンコ

    オレクサンドル・イーウチェンコから見た航空航空

    ウクライナザポリージャ州中部の都市ヴェルィークィイ・トクマークで生まれた。ソ連の航空技術者で、ウクライナ科学アカデミーの会員(アカデーミク)であった。ソ連成立後の1924年からソ連共産党党員となった。1935年には、ハルキウ工学機械製造大学を卒業した。レシプロ機やターボジェット機、ターボプロップ機のためにエンジンの開発を行い、彼の名を冠した「AI」エンジンシリーズは戦後ソ連の多くの航空機に搭載された。オレクサンドル・イーウチェンコ フレッシュアイペディアより)

  • 研究開発

    研究開発から見た航空航空

    古来より科学の知識を道具に活用することは古代文明の時代から認められているが、それらは体系的な研究開発と言えるものではなかった。18世紀にフランスの革命政府は直面する国防上の必要に応じて研究開発に乗り出し、薬莢、手旗信号電報などの成果を挙げているが、これも継続されなかった。これは近代までのヨーロッパやアメリカにおける多くの科学者や技術者たちは個別に自らの研究を進めることが主流であったことと関連している。しかしドイツのジーメンス、クルップ、ザイス社などは研究所を設置して大量の研究者を雇用して研究開発を行い、1870年には国立理工学部研究所が度量衡の標準化のために準備された。研究開発は第一次世界大戦で大きく変わり、ドイツに続いて1915年にイギリスで科学産業研究庁、1916年にはアメリカで全米研究評議会が設置された。第一次世界大戦後にはほぼすべての先進国の大企業は独自の研究所を設置して研究開発を管理した結果、自動車、飛行機、ラジオなどの分野で技術が画期的に発展した。また第二次世界大戦後にはそれまで主だった軍事分野と民事分野の区別があいまいになっていく傾向も見られるようになる。冷戦期においてアメリカは技術力が戦争の勝敗を左右しうる重要事項であると考えて研究開発を進めた結果、軍事、航空、コンピュータ、宇宙の分野でアメリカ産業の技術力を大幅に向上させた。研究開発 フレッシュアイペディアより)

  • ロボ・ジョックス

    ロボ・ジョックスから見た航空航空

    日本人ロボット工学博士マツモト博士が設計したマーケット連合の切り札。マツモトシリーズの最新鋭機である。共産連邦にロボットの情報が幾たびも漏洩し、連敗が続いていたが、最高の機密を持って製造されたマーケット連合の最後の砦ともいうべきロボット。戦車形態、航空形態、人型形態に変形可能なオールラウンド能力をもつ。ロケット弾、レーザー、対レーザー反射鏡など多種多様の兵装を持つ。マスター・スレイブ方式で操縦するため、人間の動きをダイレクトに機体に伝えることが可能。ロボ・ジョックス フレッシュアイペディアより)

349件中 61 - 70件表示

「航空」のニューストピックワード