298件中 81 - 90件表示
  • 青木日出雄

    青木日出雄から見た航空航空

    青木 日出雄(あおき ひでお、1927年2月8日 - 1988年6月8日)は航空・軍事評論家。北海道旭川市出身。青木日出雄 フレッシュアイペディアより)

  • 錦湖アシアナグループ

    錦湖アシアナグループから見た航空航空

    錦湖アシアナグループ(クムホアシアナグループ)は、韓国全羅道を拠点とする航空をはじめとした運輸業、石油化学産業を中核とする財閥系企業。会長は朴三求。日本ではグループ内のアシアナ航空、クムホタイヤの知名度が高い。錦湖アシアナグループ フレッシュアイペディアより)

  • 世界空域予報中枢

    世界空域予報中枢から見た航空航空

    世界空域予報中枢 (せかいくういきよほうちゅうすう、) は、世界各国の航空管制機関向けに航空気象情報を提供するために、リアルタイムで気象情報の作成と放送を行っている気象機関。2012年1月現在、ロンドンとワシントンD.C.の2ヶ所のみ設置されている。世界空域予報中枢 フレッシュアイペディアより)

  • UTA航空772便爆破事件

    UTA航空772便爆破事件から見た航空航空

    UTA航空772便爆破事件(英語:Union des Transports Aériens Flight 772)とはフランスの民間航空機に対し、リビアのテロリストによって行われた航空テロ事件である。UTA航空772便爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • ナウルの交通

    ナウルの交通から見た航空航空

    ナウルは延長24kmの舗装されたナウル島を1周する環状道路とナウル・リン鉱石会社の備蓄施設と事務所に至る未舗装の道路がある。アニバレ湾(Anibare Bay)には整備された港湾が立地する。島の空港であるナウル国際空港は、滑走路と駐機場を兼ねる1本の直線路からなる。航空便はかつてエア・ナウルを名乗っていたアワー航空というナウルのフラッグ・キャリアが運航している。2005年12月に同社が保有する唯一の航空機が差し押さえられて以降、ナウル国際空港は閉鎖状態であったが、2006年10月に運航が再開された。ナウルの交通 フレッシュアイペディアより)

  • SABRE

    SABREから見た航空航空

    Sabre(SABRE)は、主にアメリカ合衆国(米国)の航空・鉄道・ホテルなどで使用されていたコンピュータ予約システム(CRS)である。SABRE フレッシュアイペディアより)

  • フライト・レベル

    フライト・レベルから見た航空航空

    フライト・レベル(Flight Level; FL)は、航空で用いられる飛行高度のひとつである。「FL290」などと"FL"に続けて100フィート単位の数値で表される。気圧高度計の規正に国際標準大気の気圧(1013.2hPa、29.92inHg)を使用するQNEセッティングで得られる値であって、高高度を飛行する航空機とその管制で共通して使用されるが、平均海面上の真高度を表すわけではない。フライト・レベルの具体的な適用範囲と適用ルールは各国で異なる取り決めがある。フライト・レベル フレッシュアイペディアより)

  • 碇義朗

    碇義朗から見た航空航空

    碇 義朗(いかり よしろう、1918年(大正14年)12月21日 - )は、航空・自動車研究家、作家である。碇義朗 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機雲

    飛行機雲から見た航空航空

    アメリカのような航空交通の需要が大きな地域では、飛行機雲が気象にも影響しているとの仮説が以前からあった。すなわち日中は太陽光を、夜は地表からの熱放射を遮るというものである。この仮説を検証する機会が2001年9月11日に訪れた。アメリカ同時多発テロ事件後、3日間にわたりアメリカ全土における航空機の飛行が禁止されたことで、飛行機雲がない状態では昼夜の温度差が約1℃増加したとの観測結果が得られた。飛行機雲が地球薄暮化における大きな要因であるとの説が唱えられている。飛行機雲 フレッシュアイペディアより)

  • 羽田航空少年団

    羽田航空少年団から見た航空航空

    航空少年団は航空に関する知識・団体体験活動を通じて青少年の健全な育成を目的として設立され、全国各地に設置された羽田航空少年団などの各地域の組織は平成18年6月22日現在19団である。羽田航空少年団 フレッシュアイペディアより)

298件中 81 - 90件表示

「航空」のニューストピックワード