53件中 11 - 20件表示
  • VIZIO

    VIZIOから見た船井電機船井電機

    2009年4月10日にアメリカ国際貿易委員会(ITC)は、日本の船井電機が米国で持つ液晶デジタルテレビ関連の特許の侵害を受けたとして提訴していた件で、米VIZIO社など11社の特許侵害製品を輸入・販売禁止とする命令を下し、VIZIO社の主力製品であるデジタル・テレビが対象となった。ただし関税法337条は最長60日間の米大統領による確認期間を設けており、VIZIO社ではこの間も輸入を継続しあらゆる法的手段を取るとしていたが、7月下旬、ITC及びアメリカ連邦巡回控訴裁判所の双方が、ITCの輸入差止命令の執行停止を求めたVIZIO社の申立てを却下した。VIZIO フレッシュアイペディアより)

  • デジオン

    デジオンから見た船井電機船井電機

    8月 船井電機、ヤフーと資本提携を実施。デジオン フレッシュアイペディアより)

  • 金石勝智

    金石勝智から見た船井電機船井電機

    1996年 - フォーミュラ・ニッポン(FUNAI SUPER AGURI #55/レイナード95D→96D・無限MF308)(シリーズ7位・1勝)金石勝智 フレッシュアイペディアより)

  • AVCREC

    AVCRECから見た船井電機船井電機

    東芝・・・同社初のBDレコーダーは船井電機よりのOEM品。同製品がAVCRECに対応(三菱、日本ビクターも東芝と同様)。2010年(平成22年)9月以降に製品化されたREGZAブルーレイレコーダー/プレーヤーでAVCREC対応。DR録画も可能。AVCREC フレッシュアイペディアより)

  • ホームベーカリー

    ホームベーカリーから見た船井電機船井電機

    1987年(昭和62年)3月頃に松下電器産業(現・パナソニック)、船井電機が相次いで製品化し、バブル景気とも相まって「第二の炊飯器」として大ヒットした。多くのメーカーが追随して製品化し、1988年(昭和63年)には家電業界での販売台数は約32万台であった。ホームベーカリー フレッシュアイペディアより)

  • G-LEX

    G-LEXから見た船井電機船井電機

    G-LEX(じーれっくす)、FUNAI G-LEX(ふない じーれっくす)は、船井電機グループのユーエフネットが提供していたインターネット電話サービスである。G-LEX フレッシュアイペディアより)

  • プロピア

    プロピアから見た船井電機船井電機

    2008年7月には東京地方裁判所に民事再生法の適用を申し立て事実上倒産したが、その後船井電機の創業者・船井哲良の資産管理会社である船井興産がスポンサーとなり、経営再建を果たしている。なお創業者であり倒産時の社長であった保知宏は、その後も最高執行責任者(COO)として経営陣に残り、一時は執行役社長に返り咲いていた(2014年9月現在は退任している)。プロピア フレッシュアイペディアより)

  • ミューチュアル・ファンド

    ミューチュアル・ファンドから見た船井電機船井電機

    アメリカのミューチュアルファンドによる対日株式投資の全体像は必ずしも明らかではない。フィデリティ・ジャパンなどのファンドはNTT、NEC、日立などの大型ハイテク株を共通保有銘柄としていた。フィデリティ・ジャパン小型株という別のファンドは、ホギメディカル、ヤマダ電機、コーセル、フジミインコーポレーテッド、カッパ・クリエイト、スミダ・コーポレーション、船井電機、日東工器といった中堅銘柄から収益をあげている。ミューチュアル・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • 神戸村野工業高等学校

    神戸村野工業高等学校から見た船井電機船井電機

    船井哲良(船井電機創業者、会長(東証、大証1部上場企業 旧制時代に卒業)神戸村野工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国際貿易委員会

    アメリカ国際貿易委員会から見た船井電機船井電機

    あくまでもアメリカの国益を損ねないための委員会であるが、2009年には日本の電機メーカー船井電機が持つ特許を、アメリカのVIZIO(2008年全米トップシェア企業)が侵害したとして液晶テレビの輸入を差し止めるアメリカ国際貿易委員会 フレッシュアイペディアより)

53件中 11 - 20件表示