前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た船木和喜船木和喜

    リレハンメルオリンピック団体での大失敗ジャンプ以降、マスコミ・一般人からのバッシングもあり、また船木和喜の台頭により彼のフォームを意識するあまりスランプに陥ったが、95-96シーズンに本来のフォームに戻したことで調子を取り戻し、度々ワールドカップで優勝するようになる。長野オリンピックの前年である96-97シーズンは一時不振に陥るも、トロンハイムの世界選手権で優勝。五輪、世界選手権を通じてラージヒルの優勝は日本人初の快挙。ノーマルヒル、団体で準優勝に輝いている。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤浩哉

    斉藤浩哉から見た船木和喜船木和喜

    現役時代は「教科書」とも評された基本に忠実な、安定したジャンプスタイルで、1997年-1998年シーズンには3度あった日本のW杯表彰台独占において唯一3度全てで表彰台に上がり(1月1日・ガルミッシュパルテンキルヘン:1位船木、2位原田、3位斉藤。1月11日・ラムソー:1位原田、2位船木、3位斉藤。3月1日・ヴィケルスン:1位岡部、2位斉藤、3位葛西)、長野五輪では団体戦の2番手として1回目130m、2回目124mと非常に堅実なジャンプで実力を見せつけ、日本の金メダル獲得に大きく貢献するなど大活躍だった。しかし長野五輪後は度重なるケガに泣かされた。1998年7月に右ひざの前十字靭帯、1999年6月には左ひざの(しつがいけん)3カ所を断裂したがそのたびに復活した。斉藤浩哉 フレッシュアイペディアより)

  • スキージャンプ週間

    スキージャンプ週間から見た船木和喜船木和喜

    日本人では船木和喜が1997-98シーズンに総合優勝を飾っている。スキージャンプ週間 フレッシュアイペディアより)

  • 葛西紀明

    葛西紀明から見た船木和喜船木和喜

    1994/1995シーズン開幕前の11月24日にノルウェー合宿で転倒し鎖骨を骨折、1月に復帰したものの間もなく再び転倒して同じ個所を痛め、結局このシーズンをほぼ棒に振った(葛西の代役として船木和喜がワールドカップにデビューしていきなり優勝、スターダムにのし上がった)。葛西紀明 フレッシュアイペディアより)

  • 長野オリンピック

    長野オリンピックから見た船木和喜船木和喜

    船木和喜(、男子ノーマルヒル個人銀、男子ラージヒル個人金)長野オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 真島理一郎

    真島理一郎から見た船木和喜船木和喜

    これは競技の誕生からオリンピッグに到るまでのスキージャンプ・ペアの歴史を描いた、架空のドキュメンタリー映画(モキュメンタリー)で、競技シーン以外は実写で描かれ、アントニオ猪木やジャンパーの船木和喜、荻原次晴などが実名で登場する。真島理一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日の丸飛行隊

    日の丸飛行隊から見た船木和喜船木和喜

    札幌オリンピック後に長期低迷が続いたが、カルガリーオリンピック(1988年)直後からナショナルチーム入りした原田雅彦、岡部孝信、東輝、葛西紀明らの登場で成績が再び上昇し、長野オリンピックではラージヒル団体で金メダル(原田、岡部、船木和喜、斉藤浩哉)、ラージヒル個人で船木が金メダル、原田が銅メダル、ノーマルヒル個人で船木が銀メダルを獲得する大活躍を演じた。日の丸飛行隊 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツワイド Fの炎〜SPORT HOKKAIDO〜

    スポーツワイド Fの炎〜SPORT HOKKAIDO〜から見た船木和喜船木和喜

    また、ファイターズやコンサドーレ、レラカムイの現役選手だけではなく、北海道に携わるスポーツ選手をゲストに招く事もある(プロゴルファー中田美枝やスキージャンプ船木和喜等も登場した)。さらに春高バレーコーチングキャラバンの募集も番組で行い、指導の模様も放送している。スポーツワイド Fの炎〜SPORT HOKKAIDO〜 フレッシュアイペディアより)

  • 小野学

    小野学から見た船木和喜船木和喜

    その後1984年から全日本スキー連盟ノルディックスキーナショナルチームジャンプコーチを兼任。1992年から2000年までナショナルチームヘッドコーチを務めリレハンメルオリンピック、長野オリンピックなどにおける日本の黄金期を築いた。1986年2月第41回国体成年3部優勝。翌年、2月の第42回国体成年C優勝。1988年2月カルガリーオリンピックのコーチとして就任した。1989年2月第44回国体成年C優勝、1991年第46回国体成年C優勝。翌年のアルベールオリンピックも4年前と同様、コーチとして就任。その年、3月には第47回国体成年C優勝果たしている。7月には実績が認められ全日本ナショナルチーム ヘッドコーチに就任した。1994年2月のリレハンメルオリンピックでもヘッドコーチに就任し日本チームを団体競技で銀メダルへと導いた。その時のメンバーは西方、岡部、葛西、原田であった。4年後の長野オリンピックではLHで船木が金メダル、原田が銅メダル、NHで船木が銀メダル団体競技においては見事に金メダルに導いた。その時のメンバーは岡部、斎藤、船木、原田であった。小野学 フレッシュアイペディアより)

  • ウォルフガング・ロイツル

    ウォルフガング・ロイツルから見た船木和喜船木和喜

    ジャンプ週間第4戦のビショフスホーフェンでは1本目に5人の飛型審判全員から20点満点を付けられる完璧なジャンプ(142.5m)を見せた。国際大会での”100点満点”は1976年ジャンプ週間でのアロイス・リップブルガー、1998年長野オリンピックでの船木和喜に次いで史上3人目である。ウォルフガング・ロイツル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「船木和喜」のニューストピックワード