30件中 11 - 20件表示
  • プリモジュ・ペテルカ

    プリモジュ・ペテルカから見た船木和喜船木和喜

    1997/1998シーズンは当初やや不調であったが、シーズン4勝(スロベニア人初のホルメンコーレン大会優勝を含む)をあげ、最終戦地元のプラニツァで日本の船木和喜、オーストリアのアンドレアス・ビドヘルツルらの追撃を振り切って2シーズン連続の総合優勝を果たした。 このシーズンの長野オリンピックではノーマルヒル6位、ラージヒル5位に入賞した。プリモジュ・ペテルカ フレッシュアイペディアより)

  • 山田大起

    山田大起から見た船木和喜船木和喜

    団体ラージヒル 5位(原田雅彦、山田大起、宮平秀治、船木和喜山田大起 フレッシュアイペディアより)

  • 野呂田義一

    野呂田義一から見た船木和喜船木和喜

    (2)船木和喜(デサント)240・5点(87・5m、94m)野呂田義一 フレッシュアイペディアより)

  • スキーフライング

    スキーフライングから見た船木和喜船木和喜

    また、日本人でも飛行曲線の高い原田雅彦は成功ジャンプでも途中でジャンプを止めて手前で降りることもあったほか、強風の中で行われた1998年のヴィケルスンでの大会では1本目3位ながら2本目を棄権している(この時他にディーター・トーマやアンドレアス・ゴルトベルガーなど、飛行曲線の高いジャンパーがこぞって2本目を棄権した)。一方で着地斜面をなめるジャンプが持ち味の岡部孝信や船木和喜はフライングヒルを苦にしていなかった。スキーフライング フレッシュアイペディアより)

  • 東輝

    東輝から見た船木和喜船木和喜

    団体ラージヒル 2位(船木和喜、東輝、宮平秀治、葛西紀明)東輝 フレッシュアイペディアより)

  • 宮平秀治

    宮平秀治から見た船木和喜船木和喜

    団体ラージヒル 2位(葛西紀明、宮平秀治、原田雅彦、船木和喜宮平秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤昌幸

    佐藤昌幸から見た船木和喜船木和喜

    船木和喜とは同学年で小学生のころからライバルであった。高校時代はインターハイ2連覇など船木よりも注目されていたが社会人では差をつけられた。佐藤昌幸 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のスポーツ

    1975年のスポーツから見た船木和喜船木和喜

    4月27日 - 船木和喜(北海道、スキージャンプ)1975年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • STVカップ国際スキージャンプ競技大会

    STVカップ国際スキージャンプ競技大会から見た船木和喜船木和喜

    第37回大会では難聴のジャンパー高橋竜二が、数週間後に長野五輪を控えた船木和喜、岡部孝信らを抑えて優勝し、話題をさらった。STVカップ国際スキージャンプ競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 田中翔大

    田中翔大から見た船木和喜船木和喜

    卒業後は船木和喜が所属するフィットスキーに入社するが方針の相違により数ヶ月で退部。以降、小樽ジャンプクラブに所属し、アルバイト等で生計を立てながら競技を継続。田中翔大 フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示

「船木和喜」のニューストピックワード