前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • 船木和喜

    船木和喜から見たデサント

    高校卒業後はデサントに所属。1994-95シーズンの12月10日、前述の開催国枠での出場を除いて初めて出場したW杯プラニツァ大会()ノーマルヒルで、バッケンレコードを記録しての初出場初優勝を達成した。年末年始のスキージャンプ週間ではインスブルック()でのW杯2勝目をはじめ、全4戦でトップ10入りして総合2位に入った。その後もほとんどの試合でトップ10入りし、シーズン個人総合でも4位入賞。サンダーベイ()での世界選手権にも初出場し、ラージヒルで5位入賞。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た原田雅彦

    2月の長野オリンピックでは金メダル2つ(個人ラージヒル、団体ラージヒル)、銀メダル1つ(個人ノーマルヒル)を獲得する活躍を見せた。個人ラージヒルの2本目では、オリンピック史上初めて審判全員が飛形点20点をつけるなど、「世界一美しい」と称されるジャンプフォームを誇った(国際大会で5人の審判全員が20点をつけたのは船木の他には1976年のジャンプ週間でのアントン・インナウアー、2009年のジャンプ週間でのウォルフガング・ロイツルのみ。)。オリンピック後のW杯順位はやや伸び悩み、プリモジュ・ペテルカに総合得点で逆転を許したが、3月21日のプラニツァ大会を含むシーズン5勝をあげて、個人総合成績で日本人選手歴代最高の2位に入った。総合ポイントはペテルカの1253点に対し船木は1234点で、総合優勝と19点差は日本人では歴代最少である(二番目は同シーズンの原田雅彦の133点差。旧スコア方式を含めれば1992-93シーズンの葛西紀明の34点差)。世界歴代でも、現スコア方式の1993-94シーズン以降では2014-15シーズンのペテル・プレヴツ(0点差)、2003-04シーズンのロアル・ヨケルソイ(10点差)に次ぐ三番目の僅差である。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た葛西紀明

    長野オリンピックシーズンの1997-98シーズンはW杯第2戦、4戦で5位に入った後、年末年始のスキージャンプ週間では第1戦から3連勝して日本人初の総合優勝を達成。長野オリンピック直前の1月25日にオーベルストドルフ()開催されたスキーフライング世界選手権(兼W杯)では4本のジャンプ全てで飛形点満点を獲得し、金メダルを獲得(日本人選手の金メダル獲得は1992年の葛西紀明以来2人目)。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たプリモジュ・ペテルカ

    2月の長野オリンピックでは金メダル2つ(個人ラージヒル、団体ラージヒル)、銀メダル1つ(個人ノーマルヒル)を獲得する活躍を見せた。個人ラージヒルの2本目では、オリンピック史上初めて審判全員が飛形点20点をつけるなど、「世界一美しい」と称されるジャンプフォームを誇った(国際大会で5人の審判全員が20点をつけたのは船木の他には1976年のジャンプ週間でのアントン・インナウアー、2009年のジャンプ週間でのウォルフガング・ロイツルのみ。)。オリンピック後のW杯順位はやや伸び悩み、プリモジュ・ペテルカに総合得点で逆転を許したが、3月21日のプラニツァ大会を含むシーズン5勝をあげて、個人総合成績で日本人選手歴代最高の2位に入った。総合ポイントはペテルカの1253点に対し船木は1234点で、総合優勝と19点差は日本人では歴代最少である(二番目は同シーズンの原田雅彦の133点差。旧スコア方式を含めれば1992-93シーズンの葛西紀明の34点差)。世界歴代でも、現スコア方式の1993-94シーズン以降では2014-15シーズンのペテル・プレヴツ(0点差)、2003-04シーズンのロアル・ヨケルソイ(10点差)に次ぐ三番目の僅差である。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た東輝

    団体ラージヒル File:Med 2.png2位(船木和喜、東輝、宮平秀治、葛西紀明)船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た岡部孝信

    団体ラージヒル File:Med 1.png優勝(岡部孝信、斉藤浩哉、原田雅彦、船木和喜)船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た山田大起

    団体ラージヒル 5位(宮平秀治、山田大起、原田雅彦、船木和喜)船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た宮平秀治

    団体ラージヒル 5位(宮平秀治、山田大起、原田雅彦、船木和喜)船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たロアル・ヨケルソイ

    2月の長野オリンピックでは金メダル2つ(個人ラージヒル、団体ラージヒル)、銀メダル1つ(個人ノーマルヒル)を獲得する活躍を見せた。個人ラージヒルの2本目では、オリンピック史上初めて審判全員が飛形点20点をつけるなど、「世界一美しい」と称されるジャンプフォームを誇った(国際大会で5人の審判全員が20点をつけたのは船木の他には1976年のジャンプ週間でのアントン・インナウアー、2009年のジャンプ週間でのウォルフガング・ロイツルのみ。)。オリンピック後のW杯順位はやや伸び悩み、プリモジュ・ペテルカに総合得点で逆転を許したが、3月21日のプラニツァ大会を含むシーズン5勝をあげて、個人総合成績で日本人選手歴代最高の2位に入った。総合ポイントはペテルカの1253点に対し船木は1234点で、総合優勝と19点差は日本人では歴代最少である(二番目は同シーズンの原田雅彦の133点差。旧スコア方式を含めれば1992-93シーズンの葛西紀明の34点差)。世界歴代でも、現スコア方式の1993-94シーズン以降では2014-15シーズンのペテル・プレヴツ(0点差)、2003-04シーズンのロアル・ヨケルソイ(10点差)に次ぐ三番目の僅差である。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たペテル・プレヴツ

    2月の長野オリンピックでは金メダル2つ(個人ラージヒル、団体ラージヒル)、銀メダル1つ(個人ノーマルヒル)を獲得する活躍を見せた。個人ラージヒルの2本目では、オリンピック史上初めて審判全員が飛形点20点をつけるなど、「世界一美しい」と称されるジャンプフォームを誇った(国際大会で5人の審判全員が20点をつけたのは船木の他には1976年のジャンプ週間でのアントン・インナウアー、2009年のジャンプ週間でのウォルフガング・ロイツルのみ。)。オリンピック後のW杯順位はやや伸び悩み、プリモジュ・ペテルカに総合得点で逆転を許したが、3月21日のプラニツァ大会を含むシーズン5勝をあげて、個人総合成績で日本人選手歴代最高の2位に入った。総合ポイントはペテルカの1253点に対し船木は1234点で、総合優勝と19点差は日本人では歴代最少である(二番目は同シーズンの原田雅彦の133点差。旧スコア方式を含めれば1992-93シーズンの葛西紀明の34点差)。世界歴代でも、現スコア方式の1993-94シーズン以降では2014-15シーズンのペテル・プレヴツ(0点差)、2003-04シーズンのロアル・ヨケルソイ(10点差)に次ぐ三番目の僅差である。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示