前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • 船木和喜

    船木和喜から見たデサント

    1999年6月それまで所属していたデサントから独立して有限会社フィットを設立した(後に2006年6月には会社所在地をこれまでの東京から札幌に移すとともに社名を「株式会社F.I.T」に変更)。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た原田雅彦

    低く鋭い踏み切りの後、世界一と称される美しく、深い前傾姿勢から後半にぐんぐん飛距離を伸ばすスタイルで世界を席巻した。原田雅彦の高く強い踏み切りとは正反対のスタイルである。しかしジャンプスーツの規定変更等の影響もあり、現在のFISルールには必ずしも適合したものではない。このため、踏み切りの方向や強さ、空中姿勢の変更に取り組んでいる。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たウォルフガング・ロイツル

    1998年の長野オリンピックでは、金メダル2つ(個人ラージヒル、団体ラージヒル)、銀メダル1つ(個人ノーマルヒル)を獲得する活躍を見せた。個人ラージヒルの2本目では、オリンピック史上初めて審判全員が飛形点20点をつけ(国際大会で5人の審判全員が20点をつけたのは船木の他には1976年のジャンプ週間でのアントン・インナウアー、2009年のジャンプ週間でのウォルフガング・ロイツルのみ。)、同年のスキーフライング世界選手権でも4本のジャンプ全てで飛形点満点を出すなど、「世界一美しい」と称されるジャンプフォームを誇った。しかしその後は、身長によってスキー板の長さの制限がかけられる等の競技ルール変更の影響を受け、ジャンプ技術の変革に乗り遅れた日本ジャンプ陣を象徴するかのように不振が続いた。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た東輝

    団体ラージヒル 2位(船木和喜、東輝、宮平秀治、葛西紀明)船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た岡部孝信

    団体ラージヒル 優勝(岡部孝信、斉藤浩哉、原田雅彦、船木和喜)船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た山田大起

    団体ラージヒル 5位(宮平秀治、山田大起、原田雅彦、船木和喜)船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た宮平秀治

    団体ラージヒル 5位(宮平秀治、山田大起、原田雅彦、船木和喜)船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た斉藤浩哉

    団体ラージヒル 優勝(岡部孝信、斉藤浩哉、原田雅彦、船木和喜)船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たアントン・インナウアー

    1998年の長野オリンピックでは、金メダル2つ(個人ラージヒル、団体ラージヒル)、銀メダル1つ(個人ノーマルヒル)を獲得する活躍を見せた。個人ラージヒルの2本目では、オリンピック史上初めて審判全員が飛形点20点をつけ(国際大会で5人の審判全員が20点をつけたのは船木の他には1976年のジャンプ週間でのアントン・インナウアー、2009年のジャンプ週間でのウォルフガング・ロイツルのみ。)、同年のスキーフライング世界選手権でも4本のジャンプ全てで飛形点満点を出すなど、「世界一美しい」と称されるジャンプフォームを誇った。しかしその後は、身長によってスキー板の長さの制限がかけられる等の競技ルール変更の影響を受け、ジャンプ技術の変革に乗り遅れた日本ジャンプ陣を象徴するかのように不振が続いた。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た葛西紀明

    団体ラージヒル 2位(葛西紀明、宮平秀治、原田雅彦、船木和喜)船木和喜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「船木和喜」のニューストピックワード