31件中 11 - 20件表示
  • 船木和喜

    船木和喜から見た観光庁

    2010年10月に観光庁よりスポーツ観光マイスターに任命された。12月18日の名寄ピヤシリジャンプ大会で優勝、2005年2月ワールドカップ札幌大会以来6シーズンぶりに優勝した。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たバンクーバーオリンピック

    2005年には大倉山ジャンプ競技場で開催されたワールドカップで6シーズンぶりの優勝を飾った(悪天候のため一本目の競技のみで順位を決定)が、2005/06シーズン以降はワールドカップ転戦組から外されるなど、不振が続いた。しかし、ジャンプ競技への強い意欲を持ち続けて地道に努力した結果、2009年コンチネンタルカップで2位、4シーズンぶりに出場したワールドカップ札幌大会で19位となった。同年7月12日に行われた、国内サマージャンプ開幕戦の第29回全日本サマージャンプ朝日大会で優勝、続く7月18日に行われた札幌市長杯宮の森サマージャンプ大会でも優勝し、復活を遂げた。勢いに乗った8月29日の2009FISサマーグランプリ白馬大会では4位入賞を成し遂げた。2009-2010シーズンのワールドカップ遠征メンバーからは外れたものの、自費により格下のコンチネンタルカップ転戦を計画しており、自力でのポイント獲得によるワールドカップ出場、そして8年ぶりに日本代表選手に復帰しバンクーバーオリンピックに参加することを目指していたが果たせなかった。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たスキージャンプ

    船木 和喜(ふなき かずよし、1975年4月27日 - )は、F.I.T所属のスキージャンプ選手。北海道余市郡余市町生まれ。小樽北照高等学校出身。1998年長野オリンピックスキージャンプ団体ラージヒル および個人ラージヒル金メダリスト、個人ノーマルヒル銀メダリスト。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た札幌市長杯宮の森サマージャンプ大会

    2005年には大倉山ジャンプ競技場で開催されたワールドカップで6シーズンぶりの優勝を飾った(悪天候のため一本目の競技のみで順位を決定)が、2005/06シーズン以降はワールドカップ転戦組から外されるなど、不振が続いた。しかし、ジャンプ競技への強い意欲を持ち続けて地道に努力した結果、2009年コンチネンタルカップで2位、4シーズンぶりに出場したワールドカップ札幌大会で19位となった。同年7月12日に行われた、国内サマージャンプ開幕戦の第29回全日本サマージャンプ朝日大会で優勝、続く7月18日に行われた札幌市長杯宮の森サマージャンプ大会でも優勝し、復活を遂げた。勢いに乗った8月29日の2009FISサマーグランプリ白馬大会では4位入賞を成し遂げた。2009-2010シーズンのワールドカップ遠征メンバーからは外れたものの、自費により格下のコンチネンタルカップ転戦を計画しており、自力でのポイント獲得によるワールドカップ出場、そして8年ぶりに日本代表選手に復帰しバンクーバーオリンピックに参加することを目指していたが果たせなかった。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た長野オリンピック

    1998年の長野オリンピックでは、金メダル2つ(個人ラージヒル、団体ラージヒル)、銀メダル1つ(個人ノーマルヒル)を獲得する活躍を見せた。個人ラージヒルの2本目では、オリンピック史上初めて審判全員が飛形点20点をつけ(国際大会で5人の審判全員が20点をつけたのは船木の他には1976年のジャンプ週間でのアントン・インナウアー、2009年のジャンプ週間でのウォルフガング・ロイツルのみ。)、同年のスキーフライング世界選手権でも4本のジャンプ全てで飛形点満点を出すなど、「世界一美しい」と称されるジャンプフォームを誇った。しかしその後は、身長によってスキー板の長さの制限がかけられる等の競技ルール変更の影響を受け、ジャンプ技術の変革に乗り遅れた日本ジャンプ陣を象徴するかのように不振が続いた。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たどさんこワイド

    2009年12月11日放送「どさんこワイド」の密着取材では一人でフェリーなどの交通手段で移動しスキージャンプ大会の規模問わず感覚を鈍らせない為に参加している事、スキージャンプ選手後輩の育成、2008年に友人とコロッケなどを販売する食品卸売事業を開業した事、困難な状況であれども応援してくれている人々の期待に応えたいと語った。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たスキーフライング世界選手権

    1998年の長野オリンピックでは、金メダル2つ(個人ラージヒル、団体ラージヒル)、銀メダル1つ(個人ノーマルヒル)を獲得する活躍を見せた。個人ラージヒルの2本目では、オリンピック史上初めて審判全員が飛形点20点をつけ(国際大会で5人の審判全員が20点をつけたのは船木の他には1976年のジャンプ週間でのアントン・インナウアー、2009年のジャンプ週間でのウォルフガング・ロイツルのみ。)、同年のスキーフライング世界選手権でも4本のジャンプ全てで飛形点満点を出すなど、「世界一美しい」と称されるジャンプフォームを誇った。しかしその後は、身長によってスキー板の長さの制限がかけられる等の競技ルール変更の影響を受け、ジャンプ技術の変革に乗り遅れた日本ジャンプ陣を象徴するかのように不振が続いた。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たJOCスポーツ賞

    1997年度JOCスポーツ賞優秀賞、特別栄誉賞船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た大倉山ジャンプ競技場

    2005年には大倉山ジャンプ競技場で開催されたワールドカップで6シーズンぶりの優勝を飾った(悪天候のため一本目の競技のみで順位を決定)が、2005/06シーズン以降はワールドカップ転戦組から外されるなど、不振が続いた。しかし、ジャンプ競技への強い意欲を持ち続けて地道に努力した結果、2009年コンチネンタルカップで2位、4シーズンぶりに出場したワールドカップ札幌大会で19位となった。同年7月12日に行われた、国内サマージャンプ開幕戦の第29回全日本サマージャンプ朝日大会で優勝、続く7月18日に行われた札幌市長杯宮の森サマージャンプ大会でも優勝し、復活を遂げた。勢いに乗った8月29日の2009FISサマーグランプリ白馬大会では4位入賞を成し遂げた。2009-2010シーズンのワールドカップ遠征メンバーからは外れたものの、自費により格下のコンチネンタルカップ転戦を計画しており、自力でのポイント獲得によるワールドカップ出場、そして8年ぶりに日本代表選手に復帰しバンクーバーオリンピックに参加することを目指していたが果たせなかった。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た名寄ピヤシリジャンプ大会

    2010年10月に観光庁よりスポーツ観光マイスターに任命された。12月18日の名寄ピヤシリジャンプ大会で優勝、2005年2月ワールドカップ札幌大会以来6シーズンぶりに優勝した。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「船木和喜」のニューストピックワード