47件中 21 - 30件表示
  • 船木和喜

    船木和喜から見たシャモニー=モン=ブラン

    1995-96シーズンは12月17日シャモニー()での7位が最高で総合でも33位だったが、翌1996-97シーズンは復調し、12月7日のW杯クーサモ()で2位に入りシーズン初表彰台を獲得すると、12月14日のハラホフ()でシーズン初優勝。シーズン総合では4勝をあげて3位入賞を果たした。トロンハイム()での世界選手権では団体で銀メダルを獲得。ノーマルヒルでも4位入賞の好成績。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たトロンハイム

    1995-96シーズンは12月17日シャモニー()での7位が最高で総合でも33位だったが、翌1996-97シーズンは復調し、12月7日のW杯クーサモ()で2位に入りシーズン初表彰台を獲得すると、12月14日のハラホフ()でシーズン初優勝。シーズン総合では4勝をあげて3位入賞を果たした。トロンハイム()での世界選手権では団体で銀メダルを獲得。ノーマルヒルでも4位入賞の好成績。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たどさんこワイド

    2008年に食品卸売事業を開始し、独自に後進の育成を始めたきっかけは、長野オリンピックで金メダルを獲得しながら、(後進の育成など)何もしていないという恥ずかしさだったと語っている。札幌オリンピックのジャンプメダリストのもとに、五輪後にどのような活動をしたかを一人で聞きに行くなどして事業を始め、ジャンパーの後輩への就職先の提供、青少年ジャンパーへの用具の贈呈なども行っている。催事場での出店では年十数回自ら店頭に立ち販売を行っている。2009年12月11日放送「どさんこワイド」の密着取材では、一人でフェリーなどの交通手段で移動し、スキージャンプ大会の規模問わず感覚を鈍らせないために参加していること、スキージャンプにおける後進の育成への意欲や2008年に友人とコロッケなどを販売する食品卸売事業を開業したこと、困難な状況であっても応援してくれている人々の期待に応えたいと語った。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たスキーフライング世界選手権

    長野オリンピックシーズンの1997-98シーズンはW杯第2戦、4戦で5位に入った後、年末年始のスキージャンプ週間では第1戦から3連勝して日本人初の総合優勝を達成。長野オリンピック直前の1月25日にオーベルストドルフ()開催されたスキーフライング世界選手権(兼W杯)では4本のジャンプ全てで飛形点満点を獲得し、金メダルを獲得(日本人選手の金メダル獲得は1992年の葛西紀明以来2人目)。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たJOCスポーツ賞

    1997年度JOCスポーツ賞優秀賞、特別栄誉賞船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たクーサモ

    1995-96シーズンは12月17日シャモニー()での7位が最高で総合でも33位だったが、翌1996-97シーズンは復調し、12月7日のW杯クーサモ()で2位に入りシーズン初表彰台を獲得すると、12月14日のハラホフ()でシーズン初優勝。シーズン総合では4勝をあげて3位入賞を果たした。トロンハイム()での世界選手権では団体で銀メダルを獲得。ノーマルヒルでも4位入賞の好成績。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た大倉山ジャンプ競技場

    翌2002-03シーズンからは再び不振により成績が落ち込んだ。2004-05シーズンのW杯札幌大会で6シーズンぶりの優勝を飾った(悪天候のため一本目の競技のみで順位を決定)が、2005/06シーズン以降はW杯転戦組から外され、トリノオリンピック()出場はならなかった。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た名寄ピヤシリジャンプ大会

    2010年10月に観光庁よりスポーツ観光マイスターに任命された。12月18日の名寄ピヤシリジャンプ大会で優勝、2005年2月ワールドカップ札幌大会以来6シーズンぶりに優勝した。2011年のアルマトイ冬季アジア大会()では選手団主将を務め、2種目でメダルを獲得。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見たオーベルストドルフ

    長野オリンピックシーズンの1997-98シーズンはW杯第2戦、4戦で5位に入った後、年末年始のスキージャンプ週間では第1戦から3連勝して日本人初の総合優勝を達成。長野オリンピック直前の1月25日にオーベルストドルフ()開催されたスキーフライング世界選手権(兼W杯)では4本のジャンプ全てで飛形点満点を獲得し、金メダルを獲得(日本人選手の金メダル獲得は1992年の葛西紀明以来2人目)。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た余市郡

    船木 和喜(ふなき かずよし、1975年4月27日 - )は、F.I.T所属のスキージャンプ選手。北海道余市郡余市町生まれ。小樽北照高等学校出身。日本代表として冬季オリンピック2大会(1998年長野、2002年ソルトレイクシティ)、世界選手権5大会に出場。長野オリンピックで団体ラージヒルおよび個人ラージヒルの2種目で金メダル、個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得している。この他、世界選手権獲得金メダル1、銀メダル3、スキージャンプ・ワールドカップシーズン個人総合で日本人歴代最高の2位などの成績を残している。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示