前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
147件中 1 - 10件表示
  • 静太郎

    静太郎から見た船村徹船村徹

    船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)の一員である。静太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 矢切の渡し (曲)

    矢切の渡し (曲)から見た船村徹船村徹

    「矢切の渡し」(やぎりのわたし)は、石本美由起の作詞、船村徹の作曲による演歌。1976年にちあきなおみのシングル「酒場川」のB面曲として発表され、1982年にはちあきなおみのA面シングルとして発売された。翌1983年に多くの歌手によって競作され、中でも細川たかしのシングルが最高のセールスとなった。矢切の渡し (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 北の大地

    北の大地から見た船村徹船村徹

    「北の大地」(きたのだいち)は、北島三郎の楽曲。星野哲郎が作詞、船村徹が作曲を手掛けた。北の大地 フレッシュアイペディアより)

  • ちあきなおみ

    ちあきなおみから見た船村徹船村徹

    レコード大賞受賞後も、1973年に「夜間飛行」、1974年に「円舞曲」などのポップス系ヒット曲を発表する一方、演歌では船村演歌ならやってみたいと、1975年に「さだめ川」、1976年に「酒場川」「矢切の渡し」(「酒場川」のB面曲として発表)」、1988年には「紅とんぼ」などの作曲家船村徹の作品を多く歌った。ちあきなおみ フレッシュアイペディアより)

  • 香田晋

    香田晋から見た船村徹船村徹

    1985年、ラジオ番組『船村徹の演歌巡礼』の一環で行われたカラオケ大会に出演。『兄弟船』を歌い船村徹にスカウトされる。高校卒業後上京し3年間の内弟子生活(3年間で歌のレッスンは一度だけで、料理やマキ割りをする毎日だった)を経て、1989年6月7日に『男同志』(作詞:星野哲郎、作曲:船村徹)で歌手デビュー。同年、第31回日本レコード大賞新人賞を受賞。香田晋 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾和美 (歌手)

    松尾和美 (歌手)から見た船村徹船村徹

    幼少より日本テレビ系で放送されていた人気子供番組の『おはよう!こどもショー』の番組内で、大村崑が司会を担当していた歌のコーナー『こんちゃんのトンカチうたじまん』に出場するなど元々歌が好きだった彼女は、親の意向で1983年に作曲家・船村徹による「釧路川」で日本クラウンからデビュー。同時にアイドル歌手としても活躍した。同期に河上幸恵、吹田明日香がいる。レコード会社との契約が終了した1992年の9年間までに7作のシングルを発売した。その後、音楽活動の傍らタレント活動やラジオパーソナリティー、さらには探偵業にも従事。異色の経歴として話題を集める。松尾和美 (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • 別れの一本杉

    別れの一本杉から見た船村徹船村徹

    作詞は高野公男、作曲は船村徹による。二人は大学在学中に知り合い、コンビを組んで活動していた。当時二人は新人でこれといったヒットに恵まれず苦しい時代を過ごしていた。そのような中でいくつかの曲をキングレコードの春日八郎のもとに売り込みにいき、その中で目に留められた曲がこの「別れの一本杉」であった。曲は、ビゼーの歌劇「カルメン」のハバネラのリズムをヒントに書かれたものである。別れの一本杉 フレッシュアイペディアより)

  • 大黒美和子

    大黒美和子から見た船村徹船村徹

    大黒 美和子(おおぐろ みわこ、 - )は、ラブ&プッチレーベル所属の歌手。元エービープロモーション・日本クラウン所属、元船村徹門下の演歌歌手(演ドル)。大黒美和子 フレッシュアイペディアより)

  • 織井茂子

    織井茂子から見た船村徹船村徹

    昭和30年代は、船村徹作品に新境地を見出し『東京無情』『夜がわらっている』などのヒットを飛ばすが、結婚したこともあり、徐々に一線から退いていった。しかし、昭和40年代半ばごろからの懐メロブームで復活。「なつかしの歌声」などのテレビの歌謡番組でも往年のヒット曲を多数披露した。織井茂子 フレッシュアイペディアより)

  • さだめ川

    さだめ川から見た船村徹船村徹

    作詞は石本美由起、作曲は船村徹。後にちあきの楽曲を数多く手がけ、ちあきの特集番組でも多くのコメントを残している船村が初めてちあきの楽曲の作曲を担当した。さだめ川 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
147件中 1 - 10件表示

「船村徹」のニューストピックワード