前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示
  • 静太郎

    静太郎から見た船村徹船村徹

    本名、安武 和孝(やすたけ かずたか)。福岡県古賀市出身。船村徹音楽事務所所属。血液型はA型。身長175cm。体重70kg。静太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 別れの一本杉

    別れの一本杉から見た船村徹船村徹

    作詞は高野公男、作曲は船村徹による。二人は大学在学中に知り合い、コンビを組んで活動していた。当時二人は新人でこれといったヒットに恵まれず苦しい時代を過ごしていた。そのような中でいくつかの曲をキングレコードの春日八郎のもとに売り込みにいき、その中で目に留められた曲がこの「別れの一本杉」であった。別れの一本杉 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾和美

    松尾和美から見た船村徹船村徹

    幼少より日本テレビ系「おはよう!こどもショー『こんちゃんのトンカチうたじまん』」に出場するなど歌好きだった彼女は、親の意向で1983年に作曲家・船村徹による「釧路川」で日本クラウンからデビュー。レコード会社との契約が終了した1992年までに7作のシングルを発売した。その後、音楽活動の傍らタレント活動やラジオパーソナリティー、さらには探偵業にも従事。異色の経歴として話題を集める。松尾和美 フレッシュアイペディアより)

  • 北島 三郎

    北島三郎から見た船村徹船村徹

    歌手デビュー一年前の25歳の時に、『ゲルピンぽん太ちん太』の“ぽん太”として漫才コンビでのステージも経験。これは歌の師匠船村徹がステージ度胸をつけるためにやらせたらしく、お客さんに受けなかったため、ギャラは一切もらえなかったと云う。北島三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 織井茂子

    織井茂子から見た船村徹船村徹

    昭和30年代は、船村徹作品に新境地を見出し『東京無情』『夜がわらっている』などのヒットを飛ばすが、結婚したこともあり、徐々に一線から引いていった。しかし、昭和40年代半ばごろからの懐メロブームで復活。「なつかしの歌声」などのテレビの歌謡番組でも往年のヒット曲を多数披露した。織井茂子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢切

    矢切から見た船村徹船村徹

    矢切の渡しは、昭和末期に作詞:石本美由起、作曲:船村徹の歌謡曲『矢切の渡し』の大ヒットによって再び脚光を浴びた。矢切 フレッシュアイペディアより)

  • 星野哲郎

    星野哲郎から見た船村徹船村徹

    1958年(昭和33年)、横浜開港100年祭記念イベントに応募した「浜っ子マドロス」「みなと踊り」がそれぞれ1位、2位を獲得。このイベントの審査員をしていた作曲家の船村徹に誘われる形で上京、日本コロムビアと専属契約を結ぶ。船村とは以後永きにわたってコンビを組み、作詞:星野哲郎、作曲:船村徹の作品を数多く世に輩出することになる。1964年(昭和39年)にクラウンレコードの創設に関わり、同レコードに移籍、1983年(昭和58年)にフリー作家となる。コロムビア時代からを通じて手がけた歌詞は演歌を中心に4000曲に及び、数々のヒット作を生み出した。星野哲郎 フレッシュアイペディアより)

  • 矢切の渡し (曲)

    矢切の渡し (曲)から見た船村徹船村徹

    「矢切の渡し」(やぎりのわたし)は、石本美由起の作詞、船村徹の作曲による演歌。ちあきなおみの歌として1978年に発表されたが、1983年に多くの歌手によって競作され、中でも細川たかしのシングルが最高のセールスとなった。矢切の渡し (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 飯田つのみ

    飯田つのみから見た船村徹船村徹

    作曲家の船村徹を紹介するページを船村事務所からの資料により「演歌だよ?」に掲載していたが、「演歌だよ?」閉鎖後にも、飯田つのみ フレッシュアイペディアより)

  • 大黒美和子

    大黒美和子から見た船村徹船村徹

    大黒 美和子(おおぐろ みわこ、 - )は、ラブ&プッチレーベル所属の歌手。元エービープロモーション・日本クラウン所属、元船村徹門下の演歌歌手(演ドル)。大黒美和子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示

「船村徹」のニューストピックワード