147件中 101 - 110件表示
  • 風雪ながれ旅

    風雪ながれ旅から見た船村徹船村徹

    (全作詞:星野哲郎、作曲:船村徹風雪ながれ旅 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のテレビ (日本)

    2017年のテレビ (日本)から見た船村徹船村徹

    【音楽・追悼】BSジャパンは、去る16日に病没した作曲家の船村徹(享年84)の緊急追悼企画として、2015年4月8日に放送された『武田鉄矢の昭和は輝いていた 作曲家・船村徹 2時間スペシャル』(19:00 - 20:54)を再放送した。2017年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 笠間市

    笠間市から見た船村徹船村徹

    高野公男(作詞家。大学時代に船村徹と知り合い、コンビを組んで活躍)笠間市 フレッシュアイペディアより)

  • 金田正一

    金田正一から見た船村徹船村徹

    この人・金田正一ショー、名勝負に見る400勝投手の誇りと苦闘(NHK)1985年4月4日(司会:水前寺清子、ゲスト:谷田比呂美・船村徹・長嶋茂雄・金田留広・金田賢一)金田正一 フレッシュアイペディアより)

  • 村上幸子

    村上幸子から見た船村徹船村徹

    笹舟 (作詞:木下龍太郎/作曲:船村徹/編曲:丸山雅仁)村上幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 村田英雄

    村田英雄から見た船村徹船村徹

    1961年11月に発売した西條八十作詞船村徹作曲の「王将」がミリオンセラーとなり、翌1962年に第4回日本レコード大賞特別賞を受賞。「王将」のヒットで、以前出した「無法松の一生」「人生劇場」なども相乗効果でヒット、人気を確立する。村田英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 天草二郎

    天草二郎から見た船村徹船村徹

    天草 二郎(あまくさ じろう、1971年4月18日 - )は熊本県天草市出身の演歌歌手である。本名は濱崎龍司(はまさき りゅうじ)。血液型はB型。高校卒業後、電気設計会社に入社。名古屋、大阪とサラリーマン生活を送るが、船村徹の歌の魅力に心をうたれ「俺は船村先生の弟子になる。」と断言して退社し上京するも、なかなか船村徹との接点が得られず、アルバイトをしながらチャンスを窺う。平成7年11月4日やっとの思いがかなって内弟子となる。船村徹の下で9年半の内弟子修行を行い2005年5月25日日本クラウンからデビュー。デビュー曲『天草かたぎ』は船村徹が作曲、作詞を水木れいじが担当することになり、彼の故郷天草をテーマ、舞台にするということで、曲を書くにあたり水木は、船村から「一度、彼の故郷、天草を見てきてくれないか」と頼まれ、実際に天草を訪れ詩を書いた。その後セカンドシングルも天草シリーズ、天草純情,さだめの椿でリリース。天草二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県警察

    栃木県警察から見た船村徹船村徹

    警察制度30周年を記念し制作された楽曲『俺はやる』がある。この楽曲は毎週火曜日朝に庁舎内で流される他、酒席でも歌われることがあるという。作詞:栃木県警察本部、補作詞:船村徹・荒川利夫、作曲:船村徹、歌唱は鳥羽一郎とムーディー松島である。県警の職員互助会である栃木県警友会ではこの曲の題名を冠したオリジナル焼酎を販売している。栃木県警察 フレッシュアイペディアより)

  • 増位山太志郎

    増位山太志郎から見た船村徹船村徹

    1985年(昭和60年)から日本相撲協会が親方、力士のレコード発売やCM出演等の副業を原則的に禁止したため歌手活動は行っていなかったが、協会は旧譜の再発売については認めていた。その後、CM出演の再解禁などの副業規制の緩和後に、懐メロ番組に出演したことがある。2007年(平成19年)10月、ともに横綱審議委員会の委員を務める内館牧子作詞、船村徹作曲の「水玉のスカーフ」で歌手として再デビューした。ちなみにカップリング曲は、かつて力士時代にヒット曲を出した経験がある横綱・北の富士とのデュエット「女房に捧ぐ」である。しかし、時津風部屋力士暴行死事件を受け公開レコーディングは中止となった。増位山太志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 島津亜矢

    島津亜矢から見た船村徹船村徹

    作詞:星野哲郎/作曲:船村徹/編曲:南郷達也島津亜矢 フレッシュアイペディアより)

147件中 101 - 110件表示

「船村徹」のニューストピックワード

  • 真・三國無双8 Empires

  • コーエーテクモLIVE! in TGS2020

  • 三國志14 with パワーアップキット