147件中 111 - 120件表示
  • 山本昌

    山本昌から見た船村徹船村徹

    実父は1966年度NHKのど自慢全国チャンピオン。若い頃は歌手志望で、作曲家の船村徹に弟子入りしていた時期もあったという。父はまた、山本の高校時代、それこそ日本中どこへ遠征しても駆けつけるほど応援に熱心であり、当時の野球部員の中に父の存在を知らない者はないほどであった。5歳下の実弟・山本秀明は、自身の母校である日大藤沢高校野球部の監督として、チームを2007年春のセンバツ甲子園大会に導いている。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のテレビ (日本)

    1976年のテレビ (日本)から見た船村徹船村徹

    NET系では4年目となった美空ひばりのワンマンライブ特番『美空ひばり 歌は我が命〜芸能生活30周年ひとすじの道〜』を新宿コマ劇場から生放送。この年は芸能生活30周年を祝して、船村徹(作曲家)、遠藤実(同)、石本美由起(作詞家)等といった関係者を客席に招待した。1976年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 演歌

    演歌から見た船村徹船村徹

    一方で、1955年頃からラジオが地方へ普及するにつれて、地方を舞台にした楽曲が生み出された(「田舎調」)。これらは股旅物や後の「ご当地ソング」のような様式化された地方ではなく、戦後の地方出身者の都会への進出を背景とした「望郷」がテーマになることが多かった。初期の歌手では春日八郎(「別れの一本杉」など)、島倉千代子(「逢いたいなァあの人に」など)、三橋美智也(「リンゴ村から」など)、作曲家としては船村徹などが挙げられる。島倉は上述の芸者風の歌唱法(泣き節)で歌い、三橋は初めて民謡調の発声をレコードに吹き込むなど、田舎調は論壇では劣勢な「日本調」的な特徴を持っていた。田舎調の楽曲は会話調の歌詞に起伏に富んだ旋律がつくもので、都会調で席捲されていたレコード歌謡に衝撃を与える。一部からは「畳替えをした新しい桟敷の上を土足で歩く歩くような作家が出てきた」と非難された。後に村田英雄が浪曲系から加わり「王将」(1961年)がヒット。更に美空ひばりと古賀政男という都会調を代表するコンビも「柔」(1964年)や「悲しい酒」(1966年)など田舎調に近い楽曲を発表した。後年ひばりが「演歌」歌手と呼ばれる楽曲はこの頃から始まる。演歌 フレッシュアイペディアより)

  • 塩谷町

    塩谷町から見た船村徹船村徹

    船村徹(作曲家) - 旧船生村出身。塩谷町 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬川瑛子

    瀬川瑛子から見た船村徹船村徹

    相生橋(1981年4月25日) 作詞:星野哲郎、作曲:船村徹、編曲:丸山雅仁瀬川瑛子 フレッシュアイペディアより)

  • JASRAC賞

    JASRAC賞から見た船村徹船村徹

    国内使用 矢切の渡し(作詞:石本美由起、作曲:船村徹JASRAC賞 フレッシュアイペディアより)

  • 内館牧子

    内館牧子から見た船村徹船村徹

    水玉のスカーフ(作曲:船村徹/歌:増位山、2007年)内館牧子 フレッシュアイペディアより)

  • 冠二郎

    冠二郎から見た船村徹船村徹

    度胸船 作詞:三浦康照/作曲:船村徹/編曲:丸山雅仁 (1982年7月発売)冠二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 相生橋

    相生橋から見た船村徹船村徹

    『相生橋』 瀬川瑛子、作詞: 星野哲郎 /作曲: 船村徹相生橋 フレッシュアイペディアより)

  • 門田ゆたか

    門田ゆたかから見た船村徹船村徹

    『ロマンスガイド』(昭和32年10月) 作曲:船村徹、歌:コロムビア・ローズ門田ゆたか フレッシュアイペディアより)

147件中 111 - 120件表示

「船村徹」のニューストピックワード

  • 真・三國無双8 Empires

  • コーエーテクモLIVE! in TGS2020

  • 三國志14 with パワーアップキット