147件中 11 - 20件表示
  • ニューヒット演歌12 浪花恋しぐれ

    ニューヒット演歌12 浪花恋しぐれから見た船村徹船村徹

    作詞:石本美由起、作曲:船村徹、編曲:神保正明ニューヒット演歌12 浪花恋しぐれ フレッシュアイペディアより)

  • 哀愁波止場

    哀愁波止場から見た船村徹船村徹

    高音な裏声から入る出だしが印象的な楽曲である。これは本曲の作曲を担当した船村徹が「今までにないひばりの曲を作ろう」と気合を込め、「ひばりのきれいなファルセット(裏声)を活かそう」と制作した曲であったという。ところが本曲を聴いたひばりの母加藤喜美枝が、「(お嬢=ひばり)にこんな風邪をひいたような声で歌わせたものを世間に出すなんて」と激怒し、船村に対してオカンムリだったという逸話が残る。哀愁波止場 フレッシュアイペディアより)

  • もず唱平

    もず唱平から見た船村徹船村徹

    『大阪情話〜うちと一緒になれへんか〜』(平成2年1月) 作曲:聖川湧、歌:中村美律子もず唱平 フレッシュアイペディアより)

  • 紅とんぼ

    紅とんぼから見た船村徹船村徹

    元々は、NHK『NHK歌謡パレード'88』で番組の1988年9月のオリジナルソングとして毎週披露され、話題を集めたためシングルとして発売された。ちあきは作曲家船村徹の作品を多く歌ったが、船村によるちあきへの作品提供は1976年発売の「酒場川/矢切りの渡し」以来12年ぶりとなった。紅とんぼ フレッシュアイペディアより)

  • 岩本公水

    岩本公水から見た船村徹船村徹

    「道の駅」(2014年1月22日、作詞:さわだすずこ、作曲:船村徹、編曲:蔦将包)- オリコン最高位:47位岩本公水 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽一郎

    鳥羽一郎から見た船村徹船村徹

    鳥羽 一郎(とば いちろう、本名:木村 嘉平 - きむら よしひら、1952年4月25日 - )は、日本の演歌歌手である。鳥羽音楽事務所所属。血液型はB型。身長170cm。作曲家・船村徹門下出身。門下生で作る「船村徹同門会」では会長を務める。同じく男性演歌歌手で、山川豊の実兄でもある。鳥羽一郎 フレッシュアイペディアより)

  • この人○○ショー

    この人○○ショーから見た船村徹船村徹

    8月19日「この人星野哲郎ショー」(司会:加賀美幸子、ゲスト:船村徹・小林旭・水前寺清子・石川さゆり)この人○○ショー フレッシュアイペディアより)

  • 波止場だよ、お父つぁん

    波止場だよ、お父つぁんから見た船村徹船村徹

    本楽曲が発売された翌年の1957年に発売され、150万枚の大ヒットになった島倉千代子のシングル『東京だョおっ母さん』のタイトルは本楽曲を聞いた島倉が、同じような歌を歌いたいとの願望からつけられたものである。なお、ひばりは島倉をプライベートでも妹のようにたいへん可愛がっており、本楽曲と『東京だョおっ母さん』はともに、船村徹による作曲である。波止場だよ、お父つぁん フレッシュアイペディアより)

  • 夕笛 (舟木一夫の曲)

    夕笛 (舟木一夫の曲)から見た船村徹船村徹

    詩人の西條八十が作詞し、作曲と編曲を船村徹が担当している。本作を制作するにあたっては舟木一夫が西條八十に作詞を依頼したもので、完成当初の題名は『ふるさとの笛』であったものを、舟木が映画及び主題歌の題名としてはいまいち物足りないと考えて自ら『夕笛』という題名を命名、西條八十に題名変更の了解を取ったことを舟木自身が明らかにしている。夕笛 (舟木一夫の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 走裕介

    走裕介から見た船村徹船村徹

    音楽に興味を持っていたことからバンド活動などに携わり、1997年にNHK-BS2『日本縦断カラオケ道場』へ出演し、その後、地元のカラオケ大会などに参加する。この時、作曲家の船村徹にデモテープを送ることを勧められ、実際に送ったところ船村からスカウトされ、1999年に船村の元へ弟子入りすることになった。弟子入りには家族から反対の声もあり、走本人や関係者が説得したという。走裕介 フレッシュアイペディアより)

147件中 11 - 20件表示

「船村徹」のニューストピックワード

  • 真・三國無双8 Empires

  • コーエーテクモLIVE! in TGS2020

  • 三國志14 with パワーアップキット