88件中 11 - 20件表示
  • 細川 たかし

    細川たかしから見た船村徹船村徹

    1983年(昭和58年)2月21日、ちあきなおみが1976年に発表した矢切の渡し(作詞:石本美由紀、作曲:船村徹)のカバーを発表。オリコン1983年度年間2位のヒットとなり、史上初の第25回日本レコード大賞2連覇。大賞受賞年の翌年は売れないというジンクスを打ち破る快挙であった。細川たかし フレッシュアイペディアより)

  • 西條八十

    西條八十から見た船村徹船村徹

    象徴詩の詩人としてだけではなく、歌謡曲の作詞家としても活躍し、佐藤千夜子が歌ったモダン東京の戯画ともいうべき『東京行進曲』、戦後の民主化の息吹を伝え藤山一郎の躍動感溢れる歌声でヒットした『青い山脈』、中国の異国情緒豊かな美しいメロディー『蘇州夜曲』、古賀政男の故郷風景ともいえる『誰か故郷を想わざる』『ゲイシャ・ワルツ』、村田英雄の男の演歌、船村メロディーの傑作『王将』など無数のヒットを放った。西條八十 フレッシュアイペディアより)

  • 北見恭子

    北見恭子から見た船村徹船村徹

    小さい頃から歌を歌うのが大好きだったと言う。中学1年生の時に山形放送『花の民謡相撲』ラジオコンテスト入賞。高校2年生で山形放送『ミス民謡コンクール』優勝。プロの歌手を目指して上京、昭和48年コロムビアミュージックエンタテインメントより「夏の夜祭り」でデビューするがヒットに恵まれず、それから10年後の昭和58年に作曲家・船村徹に師事し、実力を蓄えた。北見恭子 フレッシュアイペディアより)

  • GIANTS検定

    GIANTS検定から見た船村徹船村徹

    船村徹(作曲家、日本音楽著作権協会会長)GIANTS検定 フレッシュアイペディアより)

  • 大下八郎

    大下八郎から見た船村徹船村徹

    船村徹のもとでレッスンを重ね、1963年(昭和38年)デビュー。大下八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 和村幸得

    和村幸得から見た船村徹船村徹

    普代村役場で働いたのち、1947年に村長選挙に出馬して当選し、以後1987年まで10期40年に亘り務める。村長在任中には三陸鉄道開業を記念して「おれの北緯四十度」(作曲:船村徹、歌:鳥羽一郎)の制作を指揮した。また、大津波対策として高さ15.5メートルの防潮施設を建設した(後述)。和村幸得 フレッシュアイペディアより)

  • 西川晶

    西川晶から見た船村徹船村徹

    その後、橋幸夫の店にてウェイターの仕事をしながら、歌手活動などアシスタントを行う。その後、こまどり姉妹の前唄にて全国巡業し、レコード発売とともに活動をした。さらに、五木ひろし、中条きよし、八代亜紀などがデビューした全日本歌謡選手権に出場し、作曲家船村徹の助言「歌では言う所はないけれど、もう一度一から出直して見たらどうか」という一言が、今日の西川晶を作る事に繋がり、現在に至る。作曲、作詞を手がけ、コンサート活動を行いながら、地元静岡を発信地として、活動を行っている。西川晶 フレッシュアイペディアより)

  • 天草二郎

    天草二郎から見た船村徹船村徹

    天草 二郎(あまくさ じろう、1971年4月18日 - )は熊本県天草市出身の演歌歌手である。本名は濱崎龍司(はまさき りゅうじ)。血液型はB型。高校卒業後、電気設計会社に入社。名古屋、大阪とサラリーマン生活を送るが、船村徹の歌の魅力に心をうたれ「俺は船村先生の弟子になる。」と断言して退社し上京するも、なかなか船村徹との接点が得られず、アルバイトをしながらチャンスを伺う。平成7年11月4日やっとの思いがかなって内弟子となる。船村徹の下で9年半の内弟子修行を行い2005年5月25日日本クラウンからデビュー。デビュー曲『天草かたぎ』は船村徹が作曲、作詞を水木れいじが担当することになり、彼の故郷天草をテーマ、舞台にするということで、曲を書くにあたり水木は、船村から「一度、彼の故郷、天草を見てきてくれないか」と頼まれ、実際に天草を訪れ詩を書いた。その後セカンドシングルも天草シリーズ、天草純情,さだめの椿でリリース。天草二郎 フレッシュアイペディアより)

  • '84とちぎ博

    '84とちぎ博から見た船村徹船村徹

    ヒットメーカー船村徹の世界'84とちぎ博 フレッシュアイペディアより)

  • 1932年の音楽

    1932年の音楽から見た船村徹船村徹

    6月12日 - 船村徹(栃木県、作曲家)1932年の音楽 フレッシュアイペディアより)

88件中 11 - 20件表示

「船村徹」のニューストピックワード