147件中 21 - 30件表示
  • 日本音楽著作権協会

    日本音楽著作権協会から見た船村徹船村徹

    名誉会長:船村徹(作曲家)日本音楽著作権協会 フレッシュアイペディアより)

  • 星野哲郎

    星野哲郎から見た船村徹船村徹

    1958年(昭和33年)、横浜開港100年祭記念イベントに応募した「浜っ子マドロス」「みなと踊り」がそれぞれ1位、2位を獲得。このイベントの審査員をしていた作曲家の船村徹に誘われる形で上京、日本コロムビアと専属契約を結ぶ。船村とは以後永きにわたってコンビを組み、作詞:星野哲郎、作曲:船村徹で名作を数多く世に輩出するゴールデン・コンビとなる。1964年(昭和39年)にクラウンレコードの創設に関わり、同レコードに移籍、1983年(昭和58年)にフリー作家となる。コロムビア時代からを通じて手がけた歌詞は演歌を中心に4000曲に及び、数々のヒット作を生み出した。星野哲郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北島 三郎

    北島三郎から見た船村徹船村徹

    作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。北島三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 西條八十

    西條八十から見た船村徹船村徹

    象徴詩の詩人としてだけではなく、歌謡曲の作詞家としても活躍し、佐藤千夜子が歌ったモダン東京の戯画ともいうべき「東京行進曲」、戦後の民主化の息吹を伝え藤山一郎の躍動感溢れる歌声でヒットした「青い山脈」、中国の異国情緒豊かな美しいメロディー「蘇州夜曲」、古賀政男の故郷風景ともいえる「誰か故郷を想わざる」「ゲイシャ・ワルツ」、村田英雄の男の演歌にして船村メロディーの傑作「王将」など無数のヒットを放った。西條八十 フレッシュアイペディアより)

  • 飯田つのみ

    飯田つのみから見た船村徹船村徹

    作曲家の船村徹を紹介するページを船村事務所からの資料により「演歌だよ?」に掲載していたが、「演歌だよ?」閉鎖後にも、他のポータルサイトに船村徹のページとしてリンクされている。そのアドレスをクリックすると「演歌だよ?」閉鎖後はエラーとなり自分の会社のTOPページへ飛んでしまうことになるので、アクセス解析で大勢のひとがアクセスしてくる様子に気が付いて慌てて船村ページをアップし直した。船村徹の愛弟子の静太郎によれば、船村徹事務所は船村徹のオフィシャルサイトを作成しない主義らしく、そうなると船村徹のページは永遠にそのままになることになる。飯田は恐縮しているとのこと。飯田つのみ フレッシュアイペディアより)

  • 矢切

    矢切から見た船村徹船村徹

    矢切の渡しは、昭和末期に作詞:石本美由起、作曲:船村徹の歌謡曲『矢切の渡し』の大ヒットによって脚光を浴びた。矢切 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の音楽

    2017年の音楽から見た船村徹船村徹

    大賞 - 喜多條忠『肱川あらし』(歌唱:伍代夏子、作曲:船村徹2017年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 西川晶

    西川晶から見た船村徹船村徹

    その後、橋幸夫の店にてウェイターの仕事をしながら、歌手活動などアシスタントを行う。その後、こまどり姉妹の前唄にて全国巡業し、レコード発売とともに活動をした。さらに、五木ひろし、中条きよし、八代亜紀などがデビューした全日本歌謡選手権に出場し、作曲家船村徹の助言「歌では言う所はないけれど、もう一度一から出直して見たらどうか」という一言が、今日の西川晶を作る事に繋がり、現在に至る。作曲、作詞を手がけ、コンサート活動を行いながら、地元静岡を発信地として、活動を行っている。西川晶 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡妙子

    吉岡妙子から見た船村徹船村徹

    作詞:高野公男/作曲:船村徹吉岡妙子 フレッシュアイペディアより)

  • 高野公男

    高野公男から見た船村徹船村徹

    大学在学時に作曲家の船村徹と出会い、作詞家活動を開始。高野公男 フレッシュアイペディアより)

147件中 21 - 30件表示

「船村徹」のニューストピックワード