88件中 51 - 60件表示
  • この人○○ショー

    この人○○ショーから見た船村徹船村徹

    9月1日「この人船村徹ショー」この人○○ショー フレッシュアイペディアより)

  • 君夕子

    君夕子から見た船村徹船村徹

    高校卒業後、上京して作曲家・船村徹に師事し、3年間レッスンを学ぶ。1970年「神様がまちがったのね」で歌手デビューする。粋な和服姿で人気があがりドラマ・時代劇「遠山の金さん」、「右門捕物帖」などに出演したが、1979年一時芸能界を引退。1984年歌手としてカムバックを決意し、1985年レコード「昭和仁侠伝」で復帰した。君夕子 フレッシュアイペディアより)

  • 風雪ながれ旅

    風雪ながれ旅から見た船村徹船村徹

    (全作詞:星野哲郎、作曲:船村徹風雪ながれ旅 フレッシュアイペディアより)

  • なみだ船

    なみだ船から見た船村徹船村徹

    (全作詞:星野哲郎、作曲:船村徹なみだ船 フレッシュアイペディアより)

  • 王将 (曲)

    王将 (曲)から見た船村徹船村徹

    作詞は西條八十、作曲は船村徹による。王将 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • みだれ髪 (美空ひばりの曲)

    みだれ髪 (美空ひばりの曲)から見た船村徹船村徹

    作詞:星野哲郎、作曲:船村徹、編曲:南郷達也みだれ髪 (美空ひばりの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 走裕介

    走裕介から見た船村徹船村徹

    音楽に興味を持っていたことからバンド活動などに携わり、1997年にNHK-BS2『日本縦断カラオケ道場』へ出演し、その後、地元のカラオケ大会などに参加する。この時、作曲家の船村徹にデモテープを送ることを勧められ、実際に送ったところ船村からスカウトされ、1999年に船村の元へ弟子入りすることになった。弟子入りには家族から反対の声もあり、走本人や関係者が説得したという。走裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 三木たかし

    三木たかしから見た船村徹船村徹

    1960年代半ばごろに歌手を志して作曲家:船村徹に弟子入りするも、船村から「君は作曲家の方が向いている」と云われ、方向転換する。三木たかし フレッシュアイペディアより)

  • NHK歌謡コンサート

    NHK歌謡コンサートから見た船村徹船村徹

    もっと身近に もっと世界へ NHK80のグランドフィナーレとして2005年3月22日の21:15から21:58(JST)まで放送された。青木光一、キム・ヨンジャ、島倉千代子、菅原都々子、田端義夫、天童よしみ、船村徹(中継で出演)、由紀さおり・安田祥子が、ラジオ放送から流れた名曲を熱唱した。NHK歌謡コンサート フレッシュアイペディアより)

  • 香田晋

    香田晋から見た船村徹船村徹

    1985年、ラジオ番組『船村徹の演歌巡礼』の一環で行われたカラオケ大会に出演。『兄弟船』を歌い船村徹にスカウトされる。高校卒業後上京し3年間の内弟子生活(3年間で歌のレッスンは一度だけで、料理やマキ割りをする毎日だった)を経て、1989年6月7日に『男同士』(作詞:星野哲郎、作曲:船村徹)で歌手デビュー。同年、第31回日本レコード大賞新人賞を受賞。香田晋 フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示

「船村徹」のニューストピックワード