88件中 61 - 70件表示
  • 演歌歌手

    演歌歌手から見た船村徹船村徹

    船村徹(ふなむら とおる)演歌歌手 フレッシュアイペディアより)

  • 中村 美律子

    中村美律子から見た船村徹船村徹

    赤いエプロン (2001.6.17発売) 船村徹作曲生活50周年記念作品中村美律子 フレッシュアイペディアより)

  • カスミン

    カスミンから見た船村徹船村徹

    作詞 - 山川啓介 / 作曲 - 船村徹 / 編曲 - 蔦将包 / 歌 - 由紀さおり、安田祥子カスミン フレッシュアイペディアより)

  • ドキュメント女ののど自慢

    ドキュメント女ののど自慢から見た船村徹船村徹

    100点満点を付けた審査員は松居一代と細川たかし。松居はゲスト審査員を勤めた際、細川は中山大三郎の代理審査員として審査をした際、1回だけ付けている。また、レギュラー審査員での最高点は船村徹、千葉紘子、若原一郎が付けた99点。ドキュメント女ののど自慢 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田トヨ

    柴田トヨから見た船村徹船村徹

    『別れの一本杉』で知られる船村徹(作曲家)と高野公男(作詞家)の作品に感銘を受けた。歌人の植村恒子と交流がある。栃木市の幸来橋は思い出の場所だという。柴田トヨ フレッシュアイペディアより)

  • 上原賢六

    上原賢六から見た船村徹船村徹

    青森県西津軽郡木造町(現青森県つがる市)出身。東洋音楽学校卒業。1945年(昭和20年)、召集され満州へ出征。シベリア抑留を経験し、帰国後、兄上原げんとのもとで作曲を学ぶ。後に作曲家になる船村徹と知り合い、共にバンドの仕事をするなどして、1953年(昭和28年)テイチクレコードの専属作曲家になる。主に石原裕次郎とコンビを組み、「俺は待ってるぜ」、「錆びたナイフ」、「赤いハンカチ」などを作曲した。1980年(昭和55年)9月14日死去。享年56。上原賢六 フレッシュアイペディアより)

  • 笠間市

    笠間市から見た船村徹船村徹

    高野公男(作詞家。大学時代に船村徹と知り合い、コンビを組んで活躍)笠間市 フレッシュアイペディアより)

  • 五木ひろし

    五木ひろしから見た船村徹船村徹

    1990年、船村徹を作曲に迎えた「心」は、北島三郎ばりの“正統派演歌”であり、最高位17位、登場週数26週、15万枚を超える売上げを記録。五木ひろし フレッシュアイペディアより)

  • 大月 みやこ

    大月みやこから見た船村徹船村徹

    女の港 (1983.8.21) 作詞 星野哲郎, 作曲 船村徹  ※第37回、第44回NHK紅白歌合戦歌唱曲大月みやこ フレッシュアイペディアより)

  • 稚内市

    稚内市から見た船村徹船村徹

    宗谷岬 - (吉田弘作詞・船村徹作曲 1972年7月発表。黒木真理(まこと)、千葉紘子、ダ・カーポらが歌っている。稚内市 フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示

「船村徹」のニューストピックワード