147件中 81 - 90件表示
  • あの娘が泣いてる波止場

    あの娘が泣いてる波止場から見た船村徹船村徹

    「あの娘が泣いてる波止場」(あのこがないてるはとば)は、1955年にリリースされた三橋美智也のシングル。同年に発表された三橋の「ご機嫌さんよ達者かね」、春日八郎「別れの一本杉」に続く高野公男・船村徹コンビが手がけたヒット曲。1956年には東宝から同名のタイトルで映画化されており、三橋も劇中に真太郎役でスクリーンデビューを果たした。あの娘が泣いてる波止場 フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅湧水の郷しおや

    道の駅湧水の郷しおやから見た船村徹船村徹

    尚仁沢湧水にちなんだ名称であり、外観は船村徹が塩谷町出身であることから、ピアノの鍵盤をモチーフとしている。道の駅湧水の郷しおや フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅日光

    道の駅日光から見た船村徹船村徹

    施設内には日光市にゆかりのある作曲家・船村徹の作品を紹介する「日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館」や江戸時代から受け継がれた伝統の彫刻屋台・花屋台の展示場、最大380席のシューボックス型ホールから16m×16mのフラットスペースにまで利用可能な多目的ホールなどが併設されている。道の駅日光 フレッシュアイペディアより)

  • 第58回日本レコード大賞

    第58回日本レコード大賞から見た船村徹船村徹

    船村徹(第4代日本作曲家協会会長、平成28年度文化勲章受章)第58回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 塩谷町立塩谷中学校

    塩谷町立塩谷中学校から見た船村徹船村徹

    校歌 : 木下龍太郎作詞、船村徹作曲塩谷町立塩谷中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 春日八郎

    春日八郎から見た船村徹船村徹

    1954年に歌舞伎の「与話情浮名横櫛」に登場する、お富さんと切られの与三郎の掛け合いを歌にした『お富さん』(発売3か月で30万枚、最終的には125万枚を売り上げる大ヒット)、同年末の第5回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。また1955年には『別れの一本杉』(60万枚の大ヒット、まだ売り出し中の船村徹を有名にさせた作品でもある)とそれまでの流行歌とは質の異なる望郷歌謡をたて続けにヒットさせ、流行歌の衰退期において「演歌」という新天地を築いた。1967年には、個人事務所として春日プロモーション(現:春日プロ)を創立した。春日八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野亮

    矢野亮から見た船村徹船村徹

    『津軽涙唄』(昭和57年)[船村徹作曲、歌:三橋美智也]矢野亮 フレッシュアイペディアより)

  • 第43回日本レコード大賞

    第43回日本レコード大賞から見た船村徹船村徹

    愛惜の譜/船村徹/有限会社喜怒哀楽社第43回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 舟木 一夫

    舟木一夫から見た船村徹船村徹

    夏子の季節 (c/w あいつと私) 作詞:丘灯至夫/作曲:船村徹 昭和42年5月発売舟木一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 第26回NHK紅白歌合戦

    第26回NHK紅白歌合戦から見た船村徹船村徹

    船村徹 - ちあきなおみの伴奏(ギター)第26回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

147件中 81 - 90件表示

「船村徹」のニューストピックワード