前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 主筆

    主筆から見た船橋洋一船橋洋一

    また、2007年6月朝日新聞社においても長年空席だった主筆に船橋洋一が就任した。なお、朝日新聞においても主筆は読売新聞同様、4本社編集・報道局長(編集部門)と論説主幹(論説部門)の上に立つポストとされているが、船橋洋一が主筆に就任する際、主筆規定が「主筆は社論を定め、筆政を掌る」から「主筆は記事、論説を総覧し紙面の声価を高める」と変更されて、権限は大幅に弱められた。船橋洋一と後任の若宮啓文は、緒方竹虎と広岡知男のように代表取締役ではないどころか上席役員待遇で、役員待遇の論説主幹よりは上なものの、取締役でさえない。主筆 フレッシュアイペディアより)

  • 福島原発事故独立検証委員会

    福島原発事故独立検証委員会から見た船橋洋一船橋洋一

    日本再建イニシアティブはシンクタンク機能を有し、既存の官民組織から独立した民間の立場から日本再建の構想・実現をめざし、2011年9月に設立された。理事長は船橋洋一、理事は新浪剛史・近藤正晃ジェームス、主要職員は伊藤穰一、俵健太郎、木寺康(2012年2月現在)。福島原発事故独立検証委員会 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・グリーン (政治学者)

    マイケル・グリーン (政治学者)から見た船橋洋一船橋洋一

    「冷戦後の日米同盟――不確実な世界の現状維持国家関係(共著)」船橋洋一編『同盟の比較研究――冷戦後秩序を求めて』(日本評論社, 2001年)マイケル・グリーン (政治学者) フレッシュアイペディアより)

  • サントリー学芸賞

    サントリー学芸賞から見た船橋洋一船橋洋一

    五百籏頭真(1991-)・猪木武徳(1993-)・植田和男(2005-)・北岡伸一(1999-)・船橋洋一(2001-)サントリー学芸賞 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た船橋洋一船橋洋一

    同年6月26日 - 秋山耿太郎社長の改革路線で、30年間空席となっていた主筆に船橋洋一を起用。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 日本語が亡びるとき

    日本語が亡びるときから見た船橋洋一船橋洋一

    学校教育について著者がその見解を述べる。英語公用語化を唱える船橋洋一の憂国の心には賛同しつつも、英語公用語化は不要とする立場を示す。そして英語を用いて世界に対して意味のある発言ができる「二重言語者」(二か国語を「話す」バイリンガルではない)の人材が必要であるが、その人材は国民全員でなく、一部の選ばれた人であればよいという。義務教育では英語を読む能力の最初の部分を教えるにとどめ、それ以後は選択制にしたり個人的に学習したりするようにして、英語に割く時間を日本語の学習に当てるべきと説く。日本語が亡びるとき フレッシュアイペディアより)

  • 吉野作造賞

    吉野作造賞から見た船橋洋一船橋洋一

    第6回(1988年) - 船橋洋一『通貨烈々』吉野作造賞 フレッシュアイペディアより)

  • ランドール・シュウェラー

    ランドール・シュウェラーから見た船橋洋一船橋洋一

    「同盟の概念」船橋洋一編『同盟の比較研究――冷戦後秩序を求めて』(日本評論社, 2001年)ランドール・シュウェラー フレッシュアイペディアより)

  • 安川・平山論争

    安川・平山論争から見た船橋洋一船橋洋一

    2001年は福澤諭吉の没後100周年に当たるため、福澤の再評価やイベント・関連出版などがおこなわれた。朝日新聞は2001年1月11日に「オピニオン」欄で「新しい世紀を福沢諭吉の思想・精神で迎えよう」(船橋洋一)という記事を掲載した。この記事に対して、安川は批判の手紙を送ったが、返答はなかった。そのため、安川が編集局長宛に「朝日新聞の社員教育は一体どうなっているのか」という抗議文を送ったことが契機となり、同年4月21日の同紙「私の視点ウイークエンド」欄に論説「福沢諭吉 アジア蔑視広めた思想家」が掲載されることになった。安川・平山論争 フレッシュアイペディアより)

  • 木村伊量

    木村伊量から見た船橋洋一船橋洋一

    船橋洋一が主導した朝日新聞第二高級紙創刊プロジェクトにおいて外岡秀俊とともに中心メンバーになる。しかし、船橋と外岡が対立し外岡が外され計画は頓挫。結局朝日新聞の中折りに週刊ではさむGLOBEとして創刊。木村は初代編集長に就任した。木村伊量 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「船橋洋一」のニューストピックワード