37件中 11 - 20件表示
  • 朝日新聞グローブ

    朝日新聞グローブから見た船橋洋一船橋洋一

    初代編集長は、船橋洋一とともに自ら創刊にかかわった木村伊量。キャッチコピーは "ブレイクスルー・ジャパン!" 。朝日新聞グローブ フレッシュアイペディアより)

  • 秋山耿太郎

    秋山耿太郎から見た船橋洋一船橋洋一

    2007年には経済部畑の船橋洋一を主筆に据えた(2010年12月まで)。2011年の2月末で紙ベースの英字新聞事業(自社制作の英語版紙面)から撤退し、ヘラトリ朝日を廃刊。同年3月以降はインターナショナル・ヘラルド・トリビューンのみを印刷、配達することとした。秋山耿太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 文化講演会

    文化講演会から見た船橋洋一船橋洋一

    12/22(日) 12/28(土) 「危機管理のあり方」講演:船橋洋一(慶應義塾大学教授)福島原発事故の対応を追った著作「カウントダウン・メルトダウン」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した船橋洋一が原発事故で浮き彫りとなった日本の危機管理体制の脆弱性を検証。文化講演会 フレッシュアイペディアより)

  • 鳳凰衛視

    鳳凰衛視から見た船橋洋一船橋洋一

    2006年10月、劉長楽総裁に対する船橋洋一のインタビューが『週刊朝日』2006年10月13日号に掲載された。鳳凰衛視 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋湛山賞

    石橋湛山賞から見た船橋洋一船橋洋一

    1992年 船橋洋一『冷戦後の世界と日本』(講談社)「成功物語」(『世界』1991年12月号)石橋湛山賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の文学

    2013年の文学から見た船橋洋一船橋洋一

    大宅壮一ノンフィクション賞(第44回) - 船橋洋一『カウントダウン・メルトダウン』2013年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 安川・平山論争

    安川・平山論争から見た船橋洋一船橋洋一

    2001年は福澤諭吉の没後100周年に当たるため、福澤の再評価やイベント・関連出版などがおこなわれた。『朝日新聞』は2001年1月11日に「オピニオン」欄で「新しい世紀を福沢諭吉の思想・精神で迎えよう」(船橋洋一)という記事を掲載した。この記事に対して、安川は批判の手紙を送ったが、返答はなかった。そのため、安川が編集局長宛に「朝日新聞の社員教育は一体どうなっているのか」という抗議文を送ったことが契機となり、同年4月21日の同紙「私の視点ウイークエンド」欄に論説「福沢諭吉 アジア蔑視広めた思想家」が掲載されることになった。安川・平山論争 フレッシュアイペディアより)

  • 大佛次郎賞

    大佛次郎賞から見た船橋洋一船橋洋一

    第38回から第40回 池内了、井波律子、川本三郎、佐伯一麦、船橋洋一、鷲田清一大佛次郎賞 フレッシュアイペディアより)

  • 平成維新の会

    平成維新の会から見た船橋洋一船橋洋一

    そのほか、同会事務総長に茂木敏充、事務局長に長島昭久、事務局長代理に長妻昭、事務局次長に風間直樹、事務局長補佐として花咲宏基、顧問として京セラ会長の稲盛和夫、日本労働組合総連合会会長の山岸章、出雲市長の岩國哲人、富士ゼロックス会長の小林陽太郎、朝日新聞編集委員の船橋洋一、北海道知事の横路孝弘らが就任した(肩書きはいずれも当時)。平成維新の会 フレッシュアイペディアより)

  • 英語帝国主義

    英語帝国主義から見た船橋洋一船橋洋一

    船橋洋一 (2000)『あえて英語公用語論』文藝春秋 ISBN 4-16-660122-9英語帝国主義 フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示