27件中 11 - 20件表示
  • 英語の第二公用語化

    英語の第二公用語化から見た船橋洋一船橋洋一

    船橋洋一 (2000)、『あえて英語公用語論』、文藝春秋 ISBN 4-16-660122-9英語の第二公用語化 フレッシュアイペディアより)

  • アジア・太平洋賞

    アジア・太平洋賞から見た船橋洋一船橋洋一

    船橋洋一(朝日新聞社アメリカ総局長)『アジア太平洋フュージョン――APECと日本』(中央公論社、1995年)アジア・太平洋賞 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋湛山賞

    石橋湛山賞から見た船橋洋一船橋洋一

    1992年 船橋洋一『冷戦後の世界と日本』(講談社)「成功物語」(『世界』1991年12月号)石橋湛山賞 フレッシュアイペディアより)

  • 金永煕

    金永煕から見た船橋洋一船橋洋一

    朝日新聞の元主筆である船橋洋一と親交を持つ。金永煕 フレッシュアイペディアより)

  • 大佛次郎賞

    大佛次郎賞から見た船橋洋一船橋洋一

    第38回から 池内了、井波律子、川本三郎、佐伯一麦、船橋洋一、鷲田清一大佛次郎賞 フレッシュアイペディアより)

  • 田中均

    田中均から見た船橋洋一船橋洋一

    入省当初はインドネシア関係など援助外交を多く手がけたが、1979年の米大使館赴任以降は対米関係の専門家として、安保・政治・経済いずれのポストも経験した。日米経済関係を担当する北米第二課長時代は日米半導体交渉で、安保を担当する北米局審議官時代は1996年4月の在日米軍普天間基地返還合意で、それぞれ第一線で活躍したとされる(船橋洋一『同盟漂流』)。また1996年の日米安保共同宣言の外務省における責任者も努めた。田中均 フレッシュアイペディアより)

  • 鳳凰衛視

    鳳凰衛視から見た船橋洋一船橋洋一

    2006年10月、劉長楽総裁に対する船橋洋一のインタビューが『週刊朝日』2006年10月13日号に掲載された。鳳凰衛視 フレッシュアイペディアより)

  • 米中関係

    米中関係から見た船橋洋一船橋洋一

    船橋洋一 (2006)『同盟漂流』岩波書店米中関係 フレッシュアイペディアより)

  • 劉傑

    劉傑から見た船橋洋一船橋洋一

    船橋洋一 藤原帰一ほか)『いま、歴史問題にどう取り組むか 』(岩波書店 2001年)劉傑 フレッシュアイペディアより)

  • 平成維新の会

    平成維新の会から見た船橋洋一船橋洋一

    そのほか、同会事務総長に茂木敏充(現自由民主党衆議院議員)、事務局長に長島昭久(現民主党衆議院議員)、事務局長代理に長妻昭(現民主党衆議院議員)、事務局次長に風間直樹(現民主党参議院議員)、事務局長補佐として花咲宏基(現民主党衆議院議員)、顧問として京セラ会長の稲盛和夫、日本労働組合総連合会会長の山岸章、出雲市長の岩國哲人、富士ゼロックス会長の小林陽太郎、朝日新聞編集委員の船橋洋一、北海道知事の横路孝弘らが就任した(肩書きはいずれも当時)。平成維新の会 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「船橋洋一」のニューストピックワード