前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示
  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た文藝春秋

    『あえて英語公用語論』(文藝春秋・文春新書、2000年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た竹中平蔵

    『IT革命――新世紀への挑戦』竹中平蔵との共著(朝日新聞社、2000年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見たミハイル・ゴルバチョフ

    ゴルバチョフの帽子――World briefing』(朝日新聞社、1991年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見たビル・クリントン

    2007年(平成19年)6月26日、秋山耿太郎が社長のときに同社主筆(一般記事と社説など論説の双方を統括する職)に就任。この異例の人事については、政治部と経済部の社内力学が背景にあるとみられたが、秋山執行部がアメリカのビル・クリントン政権などの要請を受けてのこととする見方もある。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た孫正義

    『創造的破壊系――日本発世界の経営者たち』孫正義他との共編著(朝日新聞社、2000年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た木村伊量

    2008年10月から特別紙面として本紙面への挿入が始まった朝日新聞グローブの創刊に木村伊量とともに関わった。船橋はトランスフォーメーション、ブレイクスルーという言葉を好んで用い、朝日新聞グローブのキャッチコピーには "ブレイクスルー・ジャパン!"が採用されている(現在、理事長を務めるアジア・パシフィック・イニシアティブのホームページ冒頭の動画でもブレイクスルーを強調している)。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見たジョージ・ソロス

    2017年1月6日、ドナルド・トランプ大統領の誕生にともなう"トランプ相場"で10億ドルの損失を出したとされるジョージ・ソロスと、元イギリス金融サービス機構 FSA(Financial Services Authority)長官でヘリコプター・マネー推進論者のアデア・ターナー(Adair Turner)とをともなって安倍首相と会談をもった。会談の詳細は伝わっていないが、ソロスはアベノミクス初期に為替と日本株で巨額の利益(10億ドルとされる)を得たといわれ、毎日新聞は国際金融情勢などについて意見交換したとみられると報じている。船橋は投資家としてのソロスを高く評価している。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た朝日新聞出版

    『新世界国々の興亡』(朝日新聞出版・[朝日新書]、2010年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た集英社

    『痛快!国際政治学』(集英社インターナショナル、2002年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た新潮社

    『世界ブリーフィング――同時代の解き方』(新潮社、1995年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示