45件中 11 - 20件表示
  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た広岡知男

    定年後はコラムニストとして「朝日新聞」などに執筆を続ける一方で、個人的に著述家として著作活動を行っていたが2005年(平成17年)に同社社長に就任した秋山耿太郎による改革路線のもと、2007年には同社主筆となった。同職は、同新聞社の4本社編集局長と論説主幹の上位に位置するもので、広岡知男(昭和40-50年代に同社社長・会長を歴任)以来30年間空席となっていた。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た学位

    船橋 洋一(ふなばし よういち、1944年12月15日 - ) は、日本の評論家、コラムニスト、元新聞記者。学位は法学博士。元朝日新聞社主筆。大佛次郎賞選考委員(2011年より)。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た慶應義塾大学

    中華民国北京生まれ。灘中学校・高等学校を経て、1968年東京大学教養学部卒業。1992年法学博士(慶應義塾大学)。博士論文は、「ドル管理の国際政治 -プラザ合意からルーブル合意に至る五カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G5)の経済政策協調の分析-」。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見たハーバード大学

    大学卒業後の1968年(昭和43年)、朝日新聞社入社。特派員としての同社北京支局、ワシントン支局に勤務、経済部編集委員、アメリカ総局長を歴任した。この間、1975年にはハーバード大学、1987年には国際経済研究所(Institute for International Economics、ワシントンD.C.)、2003年にはコロンビア大学、2005年にはブルッキングス研究所において、それぞれ客員研究員として研究に従事した。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た東京大学

    中華民国北京生まれ。灘中学校・高等学校を経て、1968年東京大学教養学部卒業。1992年法学博士(慶應義塾大学)。博士論文は、「ドル管理の国際政治 -プラザ合意からルーブル合意に至る五カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G5)の経済政策協調の分析-」。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た文藝春秋

    『あえて英語公用語論』(文藝春秋[文春新書]、2000年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た日本評論社

    『同盟の比較研究――冷戦後秩序を求めて』(日本評論社、2001年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た中央公論社

    『アジア太平洋フュージョン――APECと日本』(中央公論社、1995年)(英訳 Asia Pacific Fusion: Japan's Role in APEC, Institute for International Economics, 1995).船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た博士 (法学)

    船橋 洋一(ふなばし よういち、1944年12月15日 - ) は、日本の評論家、コラムニスト、元新聞記者。学位は法学博士。元朝日新聞社主筆。大佛次郎賞選考委員(2011年より)。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た主筆

    船橋 洋一(ふなばし よういち、1944年12月15日 - ) は、日本の評論家、コラムニスト、元新聞記者。学位は法学博士。元朝日新聞社主筆。大佛次郎賞選考委員(2011年より)。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

45件中 11 - 20件表示

「船橋洋一」のニューストピックワード