78件中 11 - 20件表示
  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た講談社

    『日本戦略宣言――シビリアン大国をめざして』(講談社、1991年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た岩波書店

    『日米経済摩擦――その舞台裏』(岩波書店[岩波新書]、1987年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た朝日新聞社

    船橋 洋一(ふなばし よういち、1944年12月15日 - ) は、日本の評論家、コラムニスト、元新聞記者。学位は法学博士(慶應義塾大学)。元朝日新聞社主筆。大佛次郎賞選考委員(2011年より)。三極委員会メンバー。一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見たコラムニスト

    船橋 洋一(ふなばし よういち、1944年12月15日 - ) は、日本の評論家、コラムニスト、元新聞記者。学位は法学博士(慶應義塾大学)。元朝日新聞社主筆。大佛次郎賞選考委員(2011年より)。三極委員会メンバー。一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た星浩

    朝日・讀賣・毎日新聞各社の師資相承のコラムニスト2人1組、計6人からなる『コラムニストの会』というグループをつくって、総理大臣や各党の党首、中央省庁の次官などと会食していたことを星浩が明かしている。朝日新聞社の主筆退任後は一般人として、また一般財団法人の代表として様々な提言を行っている。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た秋山耿太郎

    定年後はコラムニストとして「朝日新聞」などに執筆を続ける一方で、個人的に著述家として著作活動を行っていたが2005年(平成17年)に同社社長に就任した秋山耿太郎による改革路線のもと、2007年には同社主筆となった。同職は、同新聞社の4本社編集局長と論説主幹の上位に位置するもので、広岡知男(昭和40-50年代に同社社長・会長を歴任)以来28年間空席となっていた。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見たドナルド・トランプ

    2017年1月6日、ドナルド・トランプ大統領の誕生にともなう"トランプ相場"で10億ドルの損失を出したとされるジョージ・ソロスと、元イギリス金融サービス機構 FSA(Financial Services Authority)長官でヘリコプター・マネー推進論者のアデア・ターナー(Adair Turner)とをともなって安倍首相と会談をもった。会談の詳細は伝わっていないが、ソロスはアベノミクス初期に為替と日本株で巨額の利益(10億ドルとされる)を得たといわれ、毎日新聞は国際金融情勢などについて意見交換したとみられると報じている。船橋は投資家としてのソロスを高く評価している。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た広岡知男

    定年後はコラムニストとして「朝日新聞」などに執筆を続ける一方で、個人的に著述家として著作活動を行っていたが2005年(平成17年)に同社社長に就任した秋山耿太郎による改革路線のもと、2007年には同社主筆となった。同職は、同新聞社の4本社編集局長と論説主幹の上位に位置するもので、広岡知男(昭和40-50年代に同社社長・会長を歴任)以来28年間空席となっていた。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見たアベノミクス

    2017年1月6日、ドナルド・トランプ大統領の誕生にともなう"トランプ相場"で10億ドルの損失を出したとされるジョージ・ソロスと、元イギリス金融サービス機構 FSA(Financial Services Authority)長官でヘリコプター・マネー推進論者のアデア・ターナー(Adair Turner)とをともなって安倍首相と会談をもった。会談の詳細は伝わっていないが、ソロスはアベノミクス初期に為替と日本株で巨額の利益(10億ドルとされる)を得たといわれ、毎日新聞は国際金融情勢などについて意見交換したとみられると報じている。船橋は投資家としてのソロスを高く評価している。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た事務次官

    朝日・讀賣・毎日新聞各社の師資相承のコラムニスト2人1組、計6人からなる『コラムニストの会』というグループをつくって、総理大臣や各党の党首、中央省庁の次官などと会食していたことを星浩が明かしている。朝日新聞社の主筆退任後は一般人として、また一般財団法人の代表として様々な提言を行っている。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

78件中 11 - 20件表示