78件中 21 - 30件表示
  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た東日本大震災

    2010年(平成22年)12月15日付で朝日新聞社を退職。2011年9月、東日本大震災と福島第一原発事故を受けて一般財団法人日本再建イニシアティブを設立し、理事長に就任。同法人の下に「福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)」を設置し、プログラムディレクターに就任。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た学位

    船橋 洋一(ふなばし よういち、1944年12月15日 - ) は、日本の評論家、コラムニスト、元新聞記者。学位は法学博士(慶應義塾大学)。元朝日新聞社主筆。大佛次郎賞選考委員(2011年より)。三極委員会メンバー。一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見たハーバード大学

    大学卒業後の1968年(昭和43年)、朝日新聞社入社。特派員としての同社北京支局、ワシントン支局に勤務、経済部編集委員、アメリカ総局長を歴任した。この間、1975年にはハーバード大学、1987年には国際経済研究所(Institute for International Economics、ワシントンD.C.)、2003年にはコロンビア大学、2005年にはブルッキングス研究所において、それぞれ客員研究員として研究に従事した。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た東京大学

    中華民国北京生まれ。灘中学校・高等学校を経て、1968年東京大学教養学部卒業。1992年法学博士(慶應義塾大学)。博士論文は、「ドル管理の国際政治 -プラザ合意からルーブル合意に至る五カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G5)の経済政策協調の分析-」。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た東洋経済新報社

    『湛山読本』(東洋経済新報社、2015年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た日本評論社

    『同盟の比較研究――冷戦後秩序を求めて』(日本評論社、2001年)船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た中央公論社

    『アジア太平洋フュージョン――APECと日本』(中央公論社、1995年)(英訳 Asia Pacific Fusion: Japan's Role in APEC, Institute for International Economics, 1995).船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た主筆

    船橋 洋一(ふなばし よういち、1944年12月15日 - ) は、日本の評論家、コラムニスト、元新聞記者。学位は法学博士(慶應義塾大学)。元朝日新聞社主筆。大佛次郎賞選考委員(2011年より)。三極委員会メンバー。一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た福島第一原発事故

    2010年(平成22年)12月15日付で朝日新聞社を退職。2011年9月、東日本大震災と福島第一原発事故を受けて一般財団法人日本再建イニシアティブを設立し、理事長に就任。同法人の下に「福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)」を設置し、プログラムディレクターに就任。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た客員研究員

    大学卒業後の1968年(昭和43年)、朝日新聞社入社。特派員としての同社北京支局、ワシントン支局に勤務、経済部編集委員、アメリカ総局長を歴任した。この間、1975年にはハーバード大学、1987年には国際経済研究所(Institute for International Economics、ワシントンD.C.)、2003年にはコロンビア大学、2005年にはブルッキングス研究所において、それぞれ客員研究員として研究に従事した。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

78件中 21 - 30件表示