255件中 91 - 100件表示
  • スパーキングレディーカップ

    スパーキングレディーカップから見た船橋競馬場船橋競馬場

    2008年 - 船橋のトーセンジョウオーが当競走で史上2頭目の2度目の優勝(同馬は初勝利時と2度目では所属が異なる)。スパーキングレディーカップ フレッシュアイペディアより)

  • 習志野きらっとスプリント

    習志野きらっとスプリントから見た船橋競馬場船橋競馬場

    習志野きらっとスプリント(ならしのきらっとスプリント)とは、2011年から船橋競馬場で開催されている短距離の重賞競走である。習志野きらっとスプリント フレッシュアイペディアより)

  • 折笠豊和

    折笠豊和から見た船橋競馬場船橋競馬場

    所属していた冨田藤男厩舎が浦和以外の他場への遠征にも積極的であったことから、大井競馬場、川崎競馬場、船橋競馬場での騎乗機会も少なくない。しかし他場開催に出走する場合はある程度収得賞金のある馬でなければならないこともあり、さらに騎乗を任されるのは勝算の薄い馬がほとんどであるため、他場での成績も芳しくない。折笠豊和 フレッシュアイペディアより)

  • サテライト成田

    サテライト成田から見た船橋競馬場船橋競馬場

    f-keiba成田は、サテライト成田の2階部分を改装し、2012年7月19日にオープンした。船橋競馬場を中心とした南関東公営競馬の馬券全てと、その他の場の一部レースの馬券を発売する。正式名称は成田場外勝馬投票券発売所で、「f-keiba」は船橋競馬場ホームページのURLから取った通称である。サテライト成田 フレッシュアイペディアより)

  • 園田オートレース場

    園田オートレース場から見た船橋競馬場船橋競馬場

    上記の通り、あくまでも仮のレース場であったため、園田競馬場内に併設するという形式が取られた。オートレース発祥の地である船橋オートレース場も当時は船橋競馬場内に併設されていた為、この形式自体はとりたてて異常というものではなかった。園田オートレース場 フレッシュアイペディアより)

  • 冨田藤男

    冨田藤男から見た船橋競馬場船橋競馬場

    父親が大井競馬場・小暮厩舎の厩務員で、自身もそこで勤務するようになる。その後父親の船橋競馬場移籍に伴い移動、さらに高崎競馬場、足利競馬場、金沢競馬場などを渡り歩き、最終的に浦和競馬場の長谷川甲子雄厩舎に移籍。その後調教師補佐となり、1973年に調教師免許を取得し厩舎開業。同年6月20日浦和競馬第5競走にて管理馬が初出走(ヒダパレス 9着)し、開業7戦目となる同年7月8日大井競馬第9競走で初勝利を挙げる(ヒロホース)。冨田藤男 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本競馬

    2009年の日本競馬から見た船橋競馬場船橋競馬場

    23日 - 【地方競馬】JBC実行委員会が地方競馬全国協会(NAR)で行われ、2010年のJBCは船橋競馬場で開催されることが決定した。船橋では初開催となる。また、同年のJBCスプリントは距離1000mで行われることも合わせて発表された。2009年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 馬インフルエンザ

    馬インフルエンザから見た船橋競馬場船橋競馬場

    競馬場で最初に馬インフルエンザ患畜が発生したのは南関東公営競馬の川崎競馬場である。馬インフルエンザはたちどころに猛威を奮い、日常的に人馬の交流がある他の南関3場にも年末までに大井、浦和、船橋の順で次々と伝播し、これにより南関4場はいずれも1971年の年末開催から開催の休止や開催日程の大幅な変更を強いられ、本来ならば年末の大一番であるアラブ大賞典・東京大賞典(大井)はいずれも競馬再開後の翌1972年3月まで順延を余儀なくされた他、ニューイヤーカップ(浦和)などの重賞競走が中止されるなどの影響が出た。また、当時継続中であった佐々木竹見の連続年間300勝超の大記録も競馬開催中止が原因となり7年でストップすることになった。馬インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本競馬

    2002年の日本競馬から見た船橋競馬場船橋競馬場

    1月30日、中央から地方・船橋に転厩したエモシオンが、出走投票審査誤認により川崎記念への出走が不可能となり競走除外となる不手際が発生。2002年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 今野忠成

    今野忠成から見た船橋競馬場船橋競馬場

    2008年3月26日に行われた京浜盃では有力馬のディラクエに騎乗し、2着のディアヤマトに5馬身差をつけ圧勝し、南関東三冠の主役となるが、結果として無冠に終わる。その後しばらくは重賞勝ちから遠ざかったが、同年10月22日に船橋競馬場で行われた平和賞ではホッカイドウ競馬所属のチョットゴメンナに騎乗し叩き合いを制して勝利した。これは病気の宮崎光行の代打として急遽騎乗が実現したものであった。今野忠成 フレッシュアイペディアより)

255件中 91 - 100件表示

「船橋競馬」のニューストピックワード