297件中 101 - 110件表示
  • 濱田達也

    濱田達也から見た船橋競馬場船橋競馬場

    濱田 達也(はまだ たつや、1988年12月16日 -)は、地方競馬の船橋競馬場坂本昇厩舎所属の騎手である。濱田達也 フレッシュアイペディアより)

  • トサミドリ

    トサミドリから見た船橋競馬場船橋競馬場

    トサボシ(1961年NTV盃・船橋トサミドリ フレッシュアイペディアより)

  • 竹本貴志

    竹本貴志から見た船橋競馬船橋競馬場

    競馬学校騎手課程18期生として入学。同期入学に五十嵐雄祐・井西泰政・岩崎祐己・黒岩悠・高野容輔・柴原央明・鈴木慶太・田辺裕信・南井大志・石崎駿(中途退学、現・船橋競馬所属騎手)がいる。竹本貴志 フレッシュアイペディアより)

  • メイセイオペラ

    メイセイオペラから見た船橋競馬場船橋競馬場

    父グランドオペラは中央競馬ではこれといった産駒が出ず、活躍した産駒も多くはないが、地方競馬ではアマゾンオペラ(船橋)と本馬を輩出し、それぞれが地方競馬を代表するトップホースとして一時代を担った。メイセイオペラ フレッシュアイペディアより)

  • クイーン賞

    クイーン賞から見た船橋競馬場船橋競馬場

    クイーン賞(クイーンしょう)とは、千葉県競馬組合が船橋競馬場のダート1800メートルで施行する地方競馬の重賞 (統一JpnIII) 競走である。デイリースポーツを発行する神戸新聞社が優勝杯を提供しているため、正式名称は「デイリー盃 クイーン賞」と表記される。クイーン賞 フレッシュアイペディアより)

  • オウシュウクラウン

    オウシュウクラウンから見た船橋競馬場船橋競馬場

    2005年7月に盛岡で行われたフューチャー競走でデビュー勝ちを飾ると、その後は特別戦(寒菊賞)1勝など安定した成績で翌2006年2月に船橋へ移籍し、初戦となった3歳特別戦(ブルーバードカップ)は勝ったものの、重賞(しらさぎ賞・クラウンカップ)では今ひとつの成績で盛岡に再転厩。転厩初戦で2着に1秒8差で圧勝すると、そこから初の重賞勝利(水沢・岩手ダービーダイヤモンドカップ)、特別戦(はまなす賞・サマーカップ)2勝を含む4連勝を決めた。初のダートグレード競走挑戦となったジャパンダートダービーでは地方所属馬最先着の3着と健闘し、続く不来方賞では単勝1.1倍という圧倒的な1番人気に推され、2着に5馬身差の圧勝。ダービーグランプリでは2番人気に推されたが、7着に敗れた。その後は阿久利黒賞、岩手のグランプリレースである桐花賞と制した。2006年度の岩手競馬年度代表馬に選ばれている。2007年初戦の川崎記念では、返し馬で暴走して馬場を3周走ってしまったのが影響したのか、レースでは途中でバテてしまい最下位に終わった。さらに地元に帰ってのオープン特別では7着、11着、5着、11着と敗れた。その後は脚部不安で長期休養していたが、2008年7月の岩鷲賞にて復帰。2歳時以来の1200メートル戦ということもあり、11着に敗れた。その後も7着、4着、9着、8着と着外続きだったが、12月の白嶺賞では2着と久々に好走した。年が明けて2009年1月のトウケイニセイ記念に出走し、またもや2着。その後は2戦続けて4着の後、シアンモア記念では3着と好走した。しかし、その後に球節を痛めて引退。引退後は去勢された上、岩手県滝沢村の「いわて馬っこパーク」で乗用馬となった。オウシュウクラウン フレッシュアイペディアより)

  • 林正人 (競馬)

    林正人 (競馬)から見た船橋競馬場船橋競馬場

    林 正人(はやし まさと、1961年3月22日 - )は船橋競馬場所属の調教師。父・正夫も元調教師で、父の弟子には川島正行(元騎手、現調教師)がいる。現在、千葉県調教師会副会長。林正人 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • 西山裕貴

    西山裕貴から見た船橋競馬場船橋競馬場

    2003年3月31日付けで地方競馬騎手免許を取得し、船橋競馬場白川章司厩舎からデビュー。同年4月28日第2回船橋競馬1日目第5競走C3六組条件戦8番人気メルシートートで初騎乗(11頭立て11着)。西山裕貴 フレッシュアイペディアより)

  • 白田日出夫

    白田日出夫から見た船橋競馬場船橋競馬場

    白田 日出夫(しらた ひでお、1973年12月2日 -)は、地方競馬の船橋競馬場・森勇厩舎所属の元騎手である。勝負服の柄は胴紫・白右襷、袖桃。千葉県出身、血液型AB型。白田日出夫 フレッシュアイペディアより)

  • ネームヴァリュー

    ネームヴァリューから見た船橋競馬場船橋競馬場

    翌2002年も勝てない日々が続いた。7月に藤田伸二騎乗で函館の条件戦を3着と復調の兆しを見せ、翌8月の札幌の条件戦で約2年ぶりの勝利を挙げた。また9月にも札幌の条件戦で勝利を挙げると、翌10月に中央登録を突如抹消し、地方船橋の川島正行厩舎に移籍した。中央では4勝全てが札幌競馬場という極端な成績であった。ネームヴァリュー フレッシュアイペディアより)

297件中 101 - 110件表示

「船橋競馬」のニューストピックワード