255件中 31 - 40件表示
  • 石井勝男

    石井勝男から見た船橋競馬場船橋競馬場

    石井 勝男(いしい かつお、1972年1月20日 -)は、船橋競馬場所属の元騎手、現調教師。石井勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 向山牧

    向山牧から見た船橋競馬場船橋競馬場

    1983年地方競馬免許を取得、叔父向山勝厩舎所属騎手として4月3日に三条競馬場でデビュー。その後渡辺正治、森川一二三、榎伸彦、酒井忍(現川崎所属)、山田信大(現船橋所属)らとリーディングジョッキーを争い、新潟県競馬のエースジョッキーとして、1991年から最終年の2001年にかけ9回のリーディングを獲得。向山牧 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤祐樹

    佐藤祐樹から見た船橋競馬場船橋競馬場

    2006年、6月29日午前6時頃に自家用車を運転し船橋競馬場近くの国道14号線を東京方面へ走行中に対向車がセンターラインをはみ出したのを避けて電信柱に衝突する交通事故に遭い、前頭部陥没骨折、右肩甲骨骨折、左足裂傷の怪我を負った。その後船橋市内の病院に搬送され治療を受け、2週間程度入院した。退院後は通院しながらリハビリを行った。そして10月1日に復帰後初勝利を挙げた。佐藤祐樹 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋飛行場

    船橋飛行場から見た船橋競馬場船橋競馬場

    1958年(昭和33年)に船橋ヘルスセンターの遊覧飛行機用の飛行場として建設された。建設当初の滑走路は非舗装で、滑走路長は約700m、埋め立て以前のため、沿岸に位置していた。また、滑走路の方位がちょうど船橋競馬場の向きにあったことから、飛行路に関して苦情が来たため、新滑走路の向きを変更した。飛行場はその後、ヘルスセンターの人工ビーチと船橋サーキットの新設から、サーキットの東に移転。新しく作られた飛行場は700m×25mの規模で、滑走路の前面がアスファルト舗装された立派なものだったが、1969年に起きた中央航空のセスナ墜落事故が引き金となり船橋飛行場は閉鎖された。その後飛行場は、しばらくゴルフ場として使用されたという。谷津遊園は、船橋競馬場を挟んで向かい側にあった。船橋飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋競馬

    船橋競馬から見た船橋競馬場船橋競馬場

    船橋競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 全国競走労働組合

    全国競走労働組合から見た船橋競馬場船橋競馬場

    船橋競馬労働組合(船橋競馬場全国競走労働組合 フレッシュアイペディアより)

  • 柏競馬場

    柏競馬場から見た船橋競馬場船橋競馬場

    競馬場の機能は船橋競馬場に引き継がれた。船橋競馬場内にある馬頭観世音の石碑は当競馬場から移設されたものである。1978年からは当競馬場を記念したかしわ記念も開催されている。柏競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 小杉亮

    小杉亮から見た船橋競馬場船橋競馬場

    小杉 亮(こすぎ りょう、1989年2月9日 -)は、地方競馬の船橋競馬場矢野義幸厩舎所属の騎手である。勝負服の柄は胴黄・黒縦縞、袖黒。千葉県出身。地方競馬教養センター騎手課程第87期生。小杉亮 フレッシュアイペディアより)

  • トゥインクルレディー賞

    トゥインクルレディー賞から見た船橋競馬場船橋競馬場

    元々はファーストレディー賞としてサラブレッド系旧4歳(馬齢は当時の旧表記)以上牝馬による準重賞競走として創設。1990年の重賞格上げとともに本競走名に改称された。創設当時、大井競馬場での牝馬限定重賞は、旧3歳限定の東京3歳優駿牝馬と、旧4歳限定の東京プリンセス賞しかなく、古馬牝馬のための重賞競走は存在しなかった。このため大井競馬場に所属する強豪クラスの古馬牝馬は船橋競馬場のクイーン賞や、川崎競馬場のキヨフジ記念に活路を見出していた。トゥインクルレディー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 函館孫作

    函館孫作から見た船橋競馬場船橋競馬場

    その後1950年に開場した地方競馬の大井競馬場に移籍してそこで厩舎を経営したが、最晩年に船橋競馬場に再度移籍した。函館孫作 フレッシュアイペディアより)

255件中 31 - 40件表示

「船橋競馬」のニューストピックワード