297件中 41 - 50件表示
  • スーパーハリケーン

    スーパーハリケーンから見た船橋競馬場船橋競馬場

    2004年7月に船橋競馬場でデビューし、同年8月に3戦目のレースで初勝利を挙げた。その後もコンスタントにレースを使われ続け、2006年1月に2勝目を挙げた。しかし同年9月3日、船橋競馬場内にて本馬を管理する調教師及川肇の厩舎で発生した火災に巻き込まれ、同厩舎所属の8頭の競走馬とともに死亡した。スーパーハリケーン フレッシュアイペディアより)

  • 川勝歩

    川勝歩から見た船橋競馬場船橋競馬場

    川勝 歩(かわかつ あゆむ、1963年7月1日 - )は、南関東公営競馬の船橋競馬場に所属している調教師。川勝歩 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀慎明

    古賀慎明から見た船橋競馬場船橋競馬場

    2006年、4月4日に船橋競馬場で行われたナイスステッキ特別にラッキーショウリが出走し、地方競馬初出走を果たし5着となる。7月2日にハリウッドパーク競馬場で行われたアメリカンオークスインビテーショナルステークスにアサヒライジングが出走し、日本国外の競走および国外GI初出走を果たし2着となる。古賀慎明 フレッシュアイペディアより)

  • 石井勝男

    石井勝男から見た船橋競馬場船橋競馬場

    石井 勝男(いしい かつお、1972年1月20日 -)は、船橋競馬場所属の調教師、元騎手。東京都出身。石井勝男 フレッシュアイペディアより)

  • インテリパワー

    インテリパワーから見た船橋競馬場船橋競馬場

    2001年は大井競馬場の重賞金盃を勝つに留まり、翌年船橋競馬の川島正行厩舎へと移った。2002年は同調教師のもとダイオライト記念優勝と金盃連覇を手にし、かしわ記念2着、帝王賞でも3着に入った。しかしその後故障により、長期の休養と再度の転厩を余儀なくされ、2003年に笠松競馬に移籍した。ここで後藤保厩舎に預けられるが、2003年11月24日に出走した東海クラウンにて再び故障、競走中止となったのを最後に引退した。インテリパワー フレッシュアイペディアより)

  • 早田秀治

    早田秀治から見た船橋競馬場船橋競馬場

    デビュー前に所属厩舎の船橋競馬場武井喜和十調教師と養子縁組を結び、武井姓で1976年11月6日にデビュー。その後大井競馬場の高岩隆厩舎に移籍し、武井調教師の他界後養子縁組を解消、早田姓に戻す。早田秀治 フレッシュアイペディアより)

  • フサイチセブン

    フサイチセブンから見た船橋競馬場船橋競馬場

    2010年3月10日、南関東公営競馬の重賞競走であるダイオライト記念(ダート 2,400m / 船橋競馬場)に出走。1番人気のフリオーソ、マイネルアワグラス等を退けて1着となり、重賞初優勝を果たした。フサイチセブン フレッシュアイペディアより)

  • キヨフジ

    キヨフジから見た船橋競馬場船橋競馬場

    3歳8月に川崎競馬場でデビュー戦を飾り、南関東公営競馬で平和賞(船橋競馬場)2着の成績を残し、翌1951年に中央競馬に移籍。同年11月の優駿牝馬では2番人気で優勝(騎手:阿部正太郎)、同年12月の中山牝馬特別も優勝した。中央18戦6勝の成績で5歳時は再び地方競馬に戻り、ワード賞、開設記念(後の川崎記念)などを勝利した。キヨフジ フレッシュアイペディアより)

  • 馬インフルエンザ

    馬インフルエンザから見た船橋競馬場船橋競馬場

    競馬場で最初に馬インフルエンザ患畜が発生したのは南関東公営競馬の川崎競馬場である。馬インフルエンザはたちどころに猛威を奮い、日常的に人馬の交流がある他の南関3場にも年末までに大井、浦和、船橋の順で次々と伝播し、これにより南関4場はいずれも1971年の年末開催から開催の休止や開催日程の大幅な変更を強いられ、本来ならば年末の大一番であるアラブ大賞典・東京大賞典(大井)はいずれも競馬再開後の翌1972年3月まで順延を余儀なくされた他、ニューイヤーカップ(浦和)などの重賞競走が中止されるなどの影響が出た。また、当時継続中であった佐々木竹見の連続年間300勝超の大記録も競馬開催中止が原因となり7年でストップすることになった。馬インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 勢司和浩

    勢司和浩から見た船橋競馬場船橋競馬場

    船橋競馬場で厩務員をしていたとき、第1回ジャパンカップ(1981年)での外国馬のあまりの強さにカルチャーショックを受け、アイルランドに単身乗り込んで2年間修行する。帰国後1986年に稗田敏男厩舎の調教助手となり、1990年に国枝栄厩舎に移った。1999年に調教師免許を取得し、2000年に厩舎を開業。初出走は同年3月18日中京競馬第9競走のケンセツクィーンで10着、初勝利は同年4月8日中山競馬第6競走のマルタカウィナーで、のべ5頭目であった。勢司和浩 フレッシュアイペディアより)

297件中 41 - 50件表示

「船橋競馬」のニューストピックワード