255件中 41 - 50件表示
  • 笠野雄大

    笠野雄大から見た船橋競馬場船橋競馬場

    笠野 雄大(かさの たけひろ、1988年2月28日 -)は、地方競馬の船橋競馬場渋谷信博厩舎所属の騎手である。勝負服の柄は胴白・赤鋸歯型、袖赤・白一本輪。東京都出身。血液型O型、身長164.5cm、体重45.4kg。地方競馬教養センター騎手課程第85期生。笠野雄大 フレッシュアイペディアより)

  • 江川伸幸

    江川伸幸から見た船橋競馬場船橋競馬場

    江川 伸幸(えがわ のぶゆき、1983年5月12日 -)は、地方競馬の船橋競馬場川島正行厩舎所属の騎手である。江川伸幸 フレッシュアイペディアより)

  • 山口達弥

    山口達弥から見た船橋競馬場船橋競馬場

    山口 達弥(やまぐち たつや、1986年6月28日 -)は、地方競馬の船橋競馬場宮下貴明厩舎所属の騎手である。地方競馬教養センター騎手課程第79期生。山口達弥 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤裕太

    佐藤裕太から見た船橋競馬場船橋競馬場

    佐藤 裕太(さとう ゆうた、1975年7月6日 -)は、地方競馬の船橋競馬場川島正行厩舎所属の騎手である。地方競馬教養センター長期騎手課程第57期生。佐藤裕太 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーハリケーン

    スーパーハリケーンから見た船橋競馬場船橋競馬場

    競走馬としてデビューする前の2003年8月、平成15年台風第10号が北海道日高支庁に引き起こした洪水に飲み込まれながらも奇跡的に脱出に成功し命を取り留めたことで話題となった。その出来事にちなんで「スーパーハリケーン」という競走馬名がつけられ、船橋競馬場でデビューすることとなった。スーパーハリケーン フレッシュアイペディアより)

  • アトミックサンダー

    アトミックサンダーから見た船橋競馬場船橋競馬場

    アトミックサンダー('''')は公営ホッカイドウ競馬・船橋競馬場に所属していた日本の競走馬。アトミックサンダー フレッシュアイペディアより)

  • 小林牧場

    小林牧場から見た船橋競馬場船橋競馬場

    2008年2月には地方競馬界初の調教用坂路コース(全長1050m、坂路部分400m、勾配3%、全天候型馬場(ニューポリトラック))の導入が決定され、2009年2月23日着工、2010年1月に完成。同年6月から運用が開始された。新コースは大井・小林所属馬だけではなく、浦和、船橋、川崎所属馬、さらには条件付きではあるが他の地方競馬所属馬にも開放されていることから、南関東所属馬はもとより地方競馬全体のレベルアップを図る拠点として重要性が増すことが期待されている。小林牧場 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋利幸 (競馬)

    高橋利幸 (競馬)から見た船橋競馬場船橋競馬場

    高橋 利幸(たかはし としゆき、1985年3月9日 -)は、地方競馬の船橋競馬場川島正行厩舎所属の騎手である。勝負服の柄は胴白・紫右襷、袖紫・白一本輪。東京都八王子市出身、血液型B型。地方競馬教養センター騎手課程第78期生。高橋利幸 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • ウインズ新橋

    ウインズ新橋から見た船橋競馬場船橋競馬場

    1994年から新橋場外発売所として千葉県競馬組合により船橋競馬場の馬券を発売している。ただし発売は船橋競馬場開催時の馬券のみであり、他の南関東公営競馬の馬券は発売されない。新橋場外としての発売と払戻はウインズ新橋の2Fと3Fで行なわれる。ウインズ新橋 フレッシュアイペディアより)

  • 勢司和浩

    勢司和浩から見た船橋競馬場船橋競馬場

    船橋競馬場で厩務員をしていた時、第1回ジャパンカップ(1981年)での外国馬の余りの強さにカルチャーショックを受け、アイルランドに単身乗り込んで2年間修行する。帰国後1986年に稗田敏男厩舎の調教助手となり、1990年に国枝栄厩舎に移った。1999年に調教師免許を取得し、2000年に厩舎を開業。初出走は同年3月18日中京競馬第9競走のケンセツクィーンで10着、初勝利は同年4月8日中山競馬第6競走のマルタカウィナーで、延べ5頭目であった。勢司和浩 フレッシュアイペディアより)

255件中 41 - 50件表示

「船橋競馬」のニューストピックワード