297件中 51 - 60件表示
  • ケント・デザーモ

    ケント・デザーモから見た船橋競馬場船橋競馬場

    息子の治療に専念する機会を考えていたケントではあったものの、アメリカ合衆国では日本やヨーロッパと違い常にどこかで競馬が開催され騎乗依頼があり、それを安易に断るわけにもいかない状況であった。そこで、競馬の開催が基本的に土日に限られていて、平日はトレーニングセンターの滞在が多い日本の中央競馬の短期免許制度に興味を示し、2001年4月に来日した。日本ではジェイコフを定期的に病院に通院させながら、関係者の理解と了承を得て家族との団欒を中心に置いた。また2ヶ月の短期免許が切れると、今度は連日開催の地方競馬でも、毎日帰宅する事が可能な「自宅待機制度」のシステムを持つ南関東地区の船橋競馬場で短期免許を取得した。ケント・デザーモ フレッシュアイペディアより)

  • オリオンホース

    オリオンホースから見た船橋競馬場船橋競馬場

    当初中央競馬に所属し、カツミドリの名で走っていたが、6戦して1勝しかできなかった。その後、4歳時に船橋競馬場に転厩。オリオンホースと名を変え、南関東4場で出走するや1964年の公営日本一を受賞するなど大きく活躍した。大きなレースでは、1964年の東京大賞典、1964年と1965年の報知オールスターカップに勝利している。この他、1964年の東京オリンピック特別2着などがある。オリオンホース フレッシュアイペディアより)

  • ナリタキングオー

    ナリタキングオーから見た船橋競馬場船橋競馬場

    古馬になってからは不振を続け、5歳・6歳では故障も続き、たまに入着するのがやっとであった。7歳となった1998年2月の大阪城ステークスを逃げ切って2年半ぶりの勝利を挙げたのが最後の勝利となった。その後は2走して15着、12着に終わり、秋に船橋競馬場に転厩するが、4競走に出走して、うち2走は最下位に負け、残りの2走もブービーと、わずか2頭にしか先着できず、1999年の報知グランプリを最後に引退した。ナリタキングオー フレッシュアイペディアより)

  • アクチブハトリ

    アクチブハトリから見た船橋競馬場船橋競馬場

    アクチブハトリとは、南関東公営競馬の船橋競馬場に所属していた競走馬である。脚部不安と闘いながらも約2年半の間に10戦10勝の戦績を残した。「幻のダービー馬」とも呼ばれた。アクチブハトリ フレッシュアイペディアより)

  • 出川龍一

    出川龍一から見た船橋競馬場船橋競馬場

    出川 龍一(でがわ りゅういち、1942年11月3日 -)は、船橋競馬場所属の元調教師。父・己代造及び弟・博史は元調教師、弟・克己は現役調教師。千葉県調教師会会長、同相談役などを歴任した。勇退時の所属騎手に、石崎隆之、庄司大輔、實川純一。出川龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 函館孫作

    函館孫作から見た船橋競馬場船橋競馬場

    その後1950年に開場した地方競馬の大井競馬場に移籍してそこで厩舎を経営したが、最晩年に船橋競馬場に再度移籍した。函館孫作 フレッシュアイペディアより)

  • 出川克己

    出川克己から見た船橋競馬場船橋競馬場

    出川 克己(でがわ かつみ、1953年6月24日 - )は船橋競馬場所属の調教師。出川克己 フレッシュアイペディアより)

  • 山口竜一

    山口竜一から見た船橋競馬場船橋競馬場

    2007年11月26日から翌2008年1月25日まで南関東公営競馬で期間限定騎乗を行った。期間中の所属は船橋競馬場・林正人厩舎。山口竜一 フレッシュアイペディアより)

  • 日刊競馬

    日刊競馬から見た船橋競馬場船橋競馬場

    大井、川崎、船橋、浦和各競馬版を発行している。価格は500円(南関東版は各社同価格)で4〜6ページ建て、馬柱は縦組み、一般新聞サイズ。中央版同様、1面と最終面がカラー刷り。南関東の競馬専門紙ではトップシェアを占めるとされる。日刊競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋利幸 (競馬)

    高橋利幸 (競馬)から見た船橋競馬場船橋競馬場

    高橋 利幸(たかはし としゆき、1985年3月9日 -)は、地方競馬の船橋競馬場所属の騎手である。勝負服の柄は胴白・紫右襷、袖紫・白一本輪。東京都八王子市出身、血液型B型。地方競馬教養センター騎手課程第78期生。高橋利幸 (競馬) フレッシュアイペディアより)

297件中 51 - 60件表示

「船橋競馬」のニューストピックワード