297件中 61 - 70件表示
  • フジノオー

    フジノオーから見た船橋競馬場船橋競馬場

    フジノオーは行方不明になったことがある。2歳の秋にフジノオーが牧場から輸送された際に橋本が中山駅に引き取りに行ったが、到着が1日早まっていた関係でフジノオーはどこかに連れて行かれた後だった。探した結果船橋競馬場にいることが分かったが、船橋競馬場に行ってもどこの厩舎にいるかわからず、藤井と橋本はともになかば諦めていた。しかし、帰り際に四角い馬を見つけて職員に問いただしたところ、中山駅にいた積み残しの馬だということなのでこの馬がフジノオーだと判断してつれて帰った。藤井は「このように当時のフジノオーはあまりパッとした存在ではなかった」と回想している。フジノオー フレッシュアイペディアより)

  • スーニ (競走馬)

    スーニ (競走馬)から見た船橋競馬場船橋競馬場

    黒船賞から始動し10着。3月23日付けでJRAの競走馬登録を抹消され、船橋の川島正行厩舎へ移籍した。スーニ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 石崎隆之

    石崎隆之から見た船橋競馬場船橋競馬場

    石崎 隆之(いしざき たかゆき、1956年1月29日 - )は地方競馬の船橋競馬場所属の騎手である。同じ船橋競馬所属騎手の石崎駿は長男。石崎隆之 フレッシュアイペディアより)

  • ミラクルレジェンド

    ミラクルレジェンドから見た船橋競馬場船橋競馬場

    4ヶ月半の休み明けで初ダート戦となる4月18日の阪神ダート1800mの未勝利戦で直線差しきって初勝利を飾った。続く京都のダート1800mの500万下戦も直線抜け出して勝利。1000万下のあおぎりステークスも差し切って3連勝となった。陣営は初重賞となるジャパンダートダービーは牡馬相手に4着に健闘した。そしてレパードステークスは最後の直線でグリッターウイングとの叩き合いを制し、重賞初勝利を飾った。12月8日船橋のクイーン賞では好位の4・5番手で競馬を進め、マイペースで逃げたザッハーマインを直線半ばで交して1馬身半差で勝利、重賞2連勝となった。ミラクルレジェンド フレッシュアイペディアより)

  • デュラブ

    デュラブから見た船橋競馬場船橋競馬場

    トーシンブリザード(船橋・ジャパンダートダービー、かしわ記念、全日本3歳優駿)デュラブ フレッシュアイペディアより)

  • トゥインクルレディー賞

    トゥインクルレディー賞から見た船橋競馬場船橋競馬場

    元々はファーストレディー賞としてサラブレッド系旧4歳(馬齢は当時の旧表記)以上牝馬による準重賞競走として創設。1990年の重賞格上げとともに本競走名に改称された。創設当時、大井競馬場での牝馬限定重賞は、旧3歳限定の東京3歳優駿牝馬と、旧4歳限定の東京プリンセス賞しかなく、古馬牝馬のための重賞競走は存在しなかった。このため大井競馬場に所属する強豪クラスの古馬牝馬は船橋競馬場のクイーン賞や、川崎競馬場のキヨフジ記念に活路を見出していた。トゥインクルレディー賞 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンティアラ賞

    ゴールデンティアラ賞から見た船橋競馬場船橋競馬場

    ところが、ほぼ同時期から大井以外の南関東各場でも牝馬限定競走が増加し始め、川崎競馬ではスパーキングレディーカップ・エメラルドカップ・リリーカップ、船橋競馬ではマリーンカップを新設。さらに大井競馬自身もファーストレディー賞を復活させたため、牝馬重賞が飽和状態となり、有力馬が分散状態となってしまった。このため、牝馬の競走体系は2002年度に大きく見直され、その中でゴールデンティアラ賞は廃止となり、南関東の下半期の3歳牝馬重賞は川崎競馬場のロジータ記念にいわば集約される形となった。ゴールデンティアラ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 白井新平

    白井新平から見た船橋競馬場船橋競馬場

    また新聞・雑誌を通した文筆活動のみならず、1952年には渡米して繁殖用にサラブレッドとトロッター16頭を輸入。1957年にはランチョトマコマイという名の牧場を設立するなど、馬主・生産者としても活動を広げた。さらには前述の渡米の際にはアメリカ競馬で導入されていたパトロールフィルム・判定写真・スターティングゲートに感銘を受け、南関東公営競馬へこれらの導入を提案。1957年にはイギリス側の招待でクレペロのエプソムダービーを観戦し、1960年に第1回が開催されたアジア競馬会議においても、オブザーバーや船橋競馬場の馬主会理事として参加した。また通例勝負服には騎手服ないしは枠番服が採用されている地方競馬にあって、白井は唯一特例として馬主服を認められている。白井新平 フレッシュアイペディアより)

  • タイムライン (競走馬)

    タイムライン (競走馬)から見た船橋競馬場船橋競馬場

    1971年6月に船橋競馬場でデビュー。3歳時は8戦6勝で、川崎競馬場で行われた全日本アラブ争覇を優勝した。タイムライン (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 本多正賢

    本多正賢から見た船橋競馬場船橋競馬場

    本多 正賢(ほんだ まさかた、1983年12月29日 - 2014年11月7日)は、地方競馬の船橋競馬場佐々木功厩舎所属の元騎手である。2014年引退。本多正賢 フレッシュアイペディアより)

297件中 61 - 70件表示

「船橋競馬」のニューストピックワード