芥川賞・直木賞 ニュース&Wiki etc.

公益財団法人 日本文学振興会(にほんぶんがくしんこうかい 英称:Society for the Promotion of Japanese Literature)は、文芸の向上顕揚を図り、もって文化の発展に寄与するために芥川龍之介賞、直木三十五賞、菊池寛賞等の文学賞の授与を中心とした活動を行っている 。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「日本文学振興会」のつながり調べ

  • 川端康成

    川端康成から見た日本文学振興会

    1938年(昭和13年)4月から『川端康成選集』全9巻が改造社より刊行開始された。これは横光利一の好意で改造社に口添えして実現したものであったという。7月からは、21世本因坊秀哉名人の引退碁の観戦記を『東京日日新聞』『大阪毎日新聞』に連載した。のちにこの観戦記を元にした小説『名人』の各章が断続的に書かれることになる。この年には、翌年刊行される中央公論社の『模範綴方全集』の選者に、藤田圭雄と共に委託され、多くの小学生、少年少女の文章を翌年にかけて多く読んだ。この時期、豊田正子の『綴方教室』も時評で賞讃した。10月には、「日本文学振興会」「(理事長・菊池寛)の理事に就任した。また、この年に『北條民雄全集』を編集した。(川端康成 フレッシュアイペディアより)

  • 推理小説の賞

    推理小説の賞から見た日本文学振興会

    上に挙げた乱歩賞、横溝賞、鮎川賞以外にも、日本の推理作家の名を冠した公募の新人賞として、島田荘司推理小説賞(2009年 - )があるが、これは日本ではなく台湾で実施されているもので、中国語で書かれた長編推理小説を対象とする公募新人賞である。受賞作は日本語に翻訳され、文藝春秋から刊行される。また、日本文学振興会が主催する松本清張賞(1994年 - 、刊行は文藝春秋)は、推理小説から歴史小説・時代小説まで幅広いジャンルで活躍した作家松本清張の業績を記念したもので、以前は推理小説または歴史・時代小説を公募する新人賞だったが、第11回(2004年)からはジャンルを問わずエンターテインメント作品を募集する賞になっている(松本清張賞は、第5回(1998年)までは短編の賞)。(推理小説の賞 フレッシュアイペディアより)

「日本文学振興会」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「芥川賞・直木賞」のニューストピックワード