芥川賞・直木賞 ニュース&Wiki etc.

公益財団法人 日本文学振興会(にほんぶんがくしんこうかい 英称:Society for the Promotion of Japanese Literature)は、文芸の向上顕揚を図り、もって文化の発展に寄与するために芥川龍之介賞、直木三十五賞、菊池寛賞等の文学賞の授与を中心とした活動を行っている 。 (出典:Wikipedia)

「芥川賞・直木賞」Q&A

  • Q&A

    芥川賞作家と直木賞作家では直木賞作家の方が儲かりますよね? 直木賞は大衆文学なので、…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年3月12日 11:24

  • Q&A

    ラノベ作家で始めた人が直木賞を取った、とどこかで聞きましたが、ラノベ作家も作家なので…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年3月7日 09:39

  • Q&A

    芥川賞とならんで直木賞が発表されますが、 芥川の作品に比べて直木三十五の業績はよく分…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年3月4日 14:02

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「日本文学振興会」のつながり調べ

  • 佐藤春夫

    佐藤春夫から見た日本文学振興会

    1935年(昭和10年)芥川賞が制定されると銓衡委員となり、及び日本文学振興会理事の一人となった。しかし、第一回文藝懇和会賞をめぐって論争し、委員を辞任。8月に太宰治を知る。翌年に文化学院の文学部長に就任。1937年(昭和12年)に日本浪曼派の同人となり、7月に新日本文化の会設立に参加し、『新日本』の編纂人となる。翌年五月には文藝春秋社特派員として華北方面に出発し、9月に文学者従軍海軍班の一員として中国に赴く。1940年(昭和15年)初代・花柳寿美のために「八雲起出雲阿国」を書き下ろし、歌舞伎座、帝国劇場で上演。10月に慶應義塾特選塾員となる。翌年5月に文藝銃後運動のため、近畿地方に講演旅行。太平洋戦争の文士部隊として中支戦線に従軍し、マレー及びジャワの南方方面へ視察旅行に出る。1945年(昭和20年)4月に長野県北佐久郡(現・佐久市)に疎開。(佐藤春夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中健五

    田中健五から見た日本文学振興会

    1997年取締役最高顧問となり1999年退任した。日本雑誌協会、日本文学振興会などの理事長、活字文化推進会議特別顧問なども務め、現在は日本図書普及の社長などを務めている。(田中健五 フレッシュアイペディアより)

「日本文学振興会」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「芥川賞・直木賞」のニューストピックワード