1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示
  • 殺人行おくのほそ道

    殺人行おくのほそ道から見た日本文学振興会日本文学振興会

    協力:北九州市立松本清張記念館、清張生誕100年実行委員会、エス・エヌ企画、日本文学振興会、松本清張賞事務局殺人行おくのほそ道 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台・宮城デスティネーションキャンペーン

    仙台・宮城デスティネーションキャンペーンから見た日本文学振興会日本文学振興会

    4月 仙台を舞台にした人気小説「ゴールデンスランバー」を直木賞の選考対象とする旨を、日本文学振興会が作者の伊坂幸太郎(仙台在住)に伝えたところ伊坂が辞退。仙台・宮城デスティネーションキャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • はやぶさ (探査機)

    はやぶさ (探査機)から見た日本文学振興会日本文学振興会

    2010年10月 - 日本文学振興会より、「日本の科学技術力を世界に知らしめ、国民に希望と夢を与えてくれた」として、「はやぶさ」プロジェクトチームに対し、第58回菊池寛賞を受賞。はやぶさ (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • 松本清張

    松本清張から見た日本文学振興会日本文学振興会

    1994年、清張の業績を記念して日本文学振興会が松本清張賞制定。松本清張 フレッシュアイペディアより)

  • 直木三十五賞

    直木三十五賞から見た日本文学振興会日本文学振興会

    授賞する作品は選考委員の合議によって決定され、受賞作は『オール讀物』に掲載される。第6回から、財団法人日本文学振興会により運営されている。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが、1949年に復活した。直木三十五賞 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤春夫

    佐藤春夫から見た日本文学振興会日本文学振興会

    1935年(昭和10年)芥川賞が制定されると銓衡委員となり、及び日本文学振興会理事の一人となった。しかし、第一回文藝懇和会賞をめぐって論争し、委員を辞任。8月に太宰治を知る。翌年に文化学院の文学部長に就任。1937年(昭和12年)に日本浪曼派の同人となり、7月に新日本文化の会設立に参加し、『新日本』の編纂人となる。翌年五月には文藝春秋社特派員として華北方面に出発し、9月に文学者従軍海軍班の一員として中国に赴く。1940年(昭和15年)初代・花柳寿美のために「八雲起出雲阿国」を書き下ろし、歌舞伎座、帝国劇場で上演。10月に慶應義塾特選塾員となる。翌年5月に文藝銃後運動のため、近畿地方に講演旅行。太平洋戦争の文士部隊として中支戦線に従軍し、マレー及びジャワの南方方面へ視察旅行に出る。1945年(昭和20年)4月に長野県北佐久郡(現・佐久市)に疎開。佐藤春夫 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示

「芥川賞・直木賞」のニューストピックワード