前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
114件中 1 - 10件表示
  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見たレベルファイブ

    二ノ国 白き聖灰の女王(2011年、レベルファイブ) - 謎の少女 役(ゲーム)芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見た宮沢りえ

    2004年(平成16年)生まれで、テレビドラマ『マルモのおきて』で共演した鈴木福とは誕生日が6日違いの同い年である。母から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ、2007年(平成19年)、3歳で芸能界に入り、2009年(平成21年)、『ABCショートムービー2“だいぼーけんまま”』で子役デビューをした。2010年(平成22年)、テレビドラマ『Mother』に出演して、第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞新人賞を受賞する。同年9月に約300人が応募したオーディションを経て、2011年(平成23年)のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の宮沢りえ演じる茶々の幼少時代を演じることが決定した。その後主人公・江の長女(娘)である千の幼少期も担当する。この際、登場回は主演の幼少時代を演じる子役以外では珍しく、連名ではなくピンクレジットでのクレジット表記であった。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見たAKB48

    KARAやAKB48のダンスを踊るのが好きである。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見た志田未来

    「焦がしチーズせん」「焦がしポテトせん」今年の売れせん!篇(2012年3月-) - 志田未来と共演芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見た久本雅美久本 雅美

    メレンゲの気持ち(2011年10月1日 - 2012年3月31日 、日本テレビ) - 久本雅美、いとうあさこと共に司会芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見た藤岡藤巻

    2011年(平成23年)3月にテレビドラマ『さよならぼくたちのようちえん』で日本のドラマ史上最年少初主演を務める。同年4月にテレビドラマ『マルモのおきて』で連続ドラマ初主演、ゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少での主演となる。同年5月に『マルモのおきて』で共演した鈴木福と犬のムックとともに役名ユニット「薫と友樹、たまにムック。」として同ドラマの主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」でCDデビューをした。同年10月からは「メレンゲの気持ち」でトークバラエティー史上最年少でMCを務める。同年10月26日に「ステキな日曜日〜Gyu Gyu グッデイ!〜」でソロでCDデビューをする。同年12月31日に開催された『第62回NHK紅白歌合戦』にそれまで大橋のぞみ(藤岡藤巻と大橋のぞみ)が持っていた9歳237日の最年少出場記録を更新する7歳193日で出場。「あしたを歌おう。〜こどもスペシャル〜」に登場の際は鈴木福と共にミッキーマウスの手を握って階段を下りてくる場面で転倒するハプニングもあった。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見たいとうあさこいとう あさこ

    メレンゲの気持ち(2011年10月1日 - 2012年3月31日 、日本テレビ) - 久本雅美、いとうあさこと共に司会芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見たたかの友梨ビューティクリニック

    たかの友梨ビューティクリニック 「たかの友梨ジェンカ 篇 」(2012年1月 - )芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見たマルモのおきて

    2004年(平成16年)生まれで、テレビドラマ『マルモのおきて』で共演した鈴木福とは誕生日が6日違いの同い年である。母から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ、2007年(平成19年)、3歳で芸能界に入り、2009年(平成21年)、『ABCショートムービー2“だいぼーけんまま”』で子役デビューをした。2010年(平成22年)、テレビドラマ『Mother』に出演して、第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞新人賞を受賞する。同年9月に約300人が応募したオーディションを経て、2011年(平成23年)のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の宮沢りえ演じる茶々の幼少時代を演じることが決定した。その後主人公・江の長女(娘)である千の幼少期も担当する。この際、登場回は主演の幼少時代を演じる子役以外では珍しく、連名ではなくピンクレジットでのクレジット表記であった。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見た鈴木福

    2004年(平成16年)生まれで、テレビドラマ『マルモのおきて』で共演した鈴木福とは誕生日が6日違いの同い年である。母から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ、2007年(平成19年)、3歳で芸能界に入り、2009年(平成21年)、『ABCショートムービー2“だいぼーけんまま”』で子役デビューをした。2010年(平成22年)、テレビドラマ『Mother』に出演して、第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞新人賞を受賞する。同年9月に約300人が応募したオーディションを経て、2011年(平成23年)のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の宮沢りえ演じる茶々の幼少時代を演じることが決定した。その後主人公・江の長女(娘)である千の幼少期も担当する。この際、登場回は主演の幼少時代を演じる子役以外では珍しく、連名ではなくピンクレジットでのクレジット表記であった。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
114件中 1 - 10件表示

「芦田愛菜」のニューストピックワード