114件中 21 - 30件表示
  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見たアイ・エム・ジェイ

    半分の月がのぼる空(2010年、IMJエンタテインメント=マジックアワー)- 夏目未来 役芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見た関西テレビ放送

    映画「阪急電車 片道15分の奇跡」公開記念!愛菜ちゃんとぶら〜り今津線(関西テレビ、2011年) - 同局アナウンサーの村西利恵と共に出演芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見たフジテレビジョン

    マルモのおきて(2011年4月 - 7月、フジテレビ) - 主演・笹倉薫 役芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見たセブン&アイ・ホールディングス

    セブン&アイ・ホールディングス 「セブン&アイ レッツ!おでかけフェア」(2012年4月25日 - )芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見た松竹

    ゴースト もういちど抱きしめたい(2010年、パラマウント ピクチャーズ ジャパン=松竹)- 少女ゴースト 役芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見たアスミック・エース エンタテインメント

    犬とあなたの物語 いぬのえいが(2011年、アスミック・エース エンタテインメント)- 茉奈 役芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見た千姫

    2004年(平成16年)生まれで、テレビドラマ『マルモのおきて』で共演した鈴木福とは誕生日が6日違いの同い年である。母から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ、2007年(平成19年)、3歳で芸能界に入り、2009年(平成21年)、『ABCショートムービー2“だいぼーけんまま”』で子役デビューをした。2010年(平成22年)、テレビドラマ『Mother』に出演して、第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞新人賞を受賞する。同年9月に約300人が応募したオーディションを経て、2011年(平成23年)のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の宮沢りえ演じる茶々の幼少時代を演じることが決定した。その後主人公・江の長女(娘)であるの幼少期も担当する。この際、登場回は主演の幼少時代を演じる子役以外では珍しく、連名ではなくピンクレジットでのクレジット表記であった。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見た薫と友樹、たまにムック。

    2011年(平成23年)3月にテレビドラマ『さよならぼくたちのようちえん』で日本のドラマ史上最年少初主演を務める。同年4月にテレビドラマ『マルモのおきて』で連続ドラマ初主演、ゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少での主演となる。同年5月に『マルモのおきて』で共演した鈴木福と犬のムックとともに役名ユニット「薫と友樹、たまにムック。」として同ドラマの主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」でCDデビューをした。同年10月からは「メレンゲの気持ち」でトークバラエティー史上最年少でMCを務める。同年10月26日に「ステキな日曜日〜Gyu Gyu グッデイ!〜」でソロでCDデビューをする。同年12月31日に開催された『第62回NHK紅白歌合戦』にそれまで大橋のぞみ(藤岡藤巻と大橋のぞみ)が持っていた9歳237日の最年少出場記録を更新する7歳193日で出場。「あしたを歌おう。〜こどもスペシャル〜」に登場の際は鈴木福と共にミッキーマウスの手を握って階段を下りてくる場面で転倒するハプニングもあった。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見た淀殿

    2004年(平成16年)生まれで、テレビドラマ『マルモのおきて』で共演した鈴木福とは誕生日が6日違いの同い年である。母から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ、2007年(平成19年)、3歳で芸能界に入り、2009年(平成21年)、『ABCショートムービー2“だいぼーけんまま”』で子役デビューをした。2010年(平成22年)、テレビドラマ『Mother』に出演して、第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞新人賞を受賞する。同年9月に約300人が応募したオーディションを経て、2011年(平成23年)のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の宮沢りえ演じる茶々の幼少時代を演じることが決定した。その後主人公・江の長女(娘)である千の幼少期も担当する。この際、登場回は主演の幼少時代を演じる子役以外では珍しく、連名ではなくピンクレジットでのクレジット表記であった。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田 愛菜

    芦田愛菜から見た江〜姫たちの戦国〜

    2004年(平成16年)生まれで、テレビドラマ『マルモのおきて』で共演した鈴木福とは誕生日が6日違いの同い年である。母から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ、2007年(平成19年)、3歳で芸能界に入り、2009年(平成21年)、『ABCショートムービー2“だいぼーけんまま”』で子役デビューをした。2010年(平成22年)、テレビドラマ『Mother』に出演して、第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞新人賞を受賞する。同年9月に約300人が応募したオーディションを経て、2011年(平成23年)のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の宮沢りえ演じる茶々の幼少時代を演じることが決定した。その後主人公・江の長女(娘)である千の幼少期も担当する。この際、登場回は主演の幼少時代を演じる子役以外では珍しく、連名ではなくピンクレジットでのクレジット表記であった。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

114件中 21 - 30件表示

「芦田愛菜」のニューストピックワード