148件中 21 - 30件表示
  • 芦田愛菜

    芦田愛菜から見たフジテレビジョン

    マルモのおきて(2011年4月24日 - 7月3日、フジテレビ) - 主演・笹倉薫 役芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田愛菜

    芦田愛菜から見た松竹

    ゴースト もういちど抱きしめたい(2010年11月13日、パラマウント ピクチャーズ ジャパン / 松竹) - 少女のゴースト 役芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田愛菜

    芦田愛菜から見たギャガ

    マジック・ツリーハウス(2012年1月7日、ギャガ) - アニー 役芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田愛菜

    芦田愛菜から見たアスミック・エース

    犬とあなたの物語 いぬのえいが「バニラのかけら」(2011年1月22日、アスミック・エース) - 茉奈 役芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田愛菜

    芦田愛菜から見たテレビ朝日

    気づきの扉(2017年4月7日 - 、テレビ朝日) - ナレーション芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田愛菜

    芦田愛菜から見た薫と友樹、たまにムック。

    2011年(平成23年)3月、テレビドラマ『さよならぼくたちのようちえん』で日本のドラマ史上最年少初主演を務める。同年4月にテレビドラマ『マルモのおきて』で連続ドラマ初主演、ゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少での主演となる。同年5月に『マルモのおきて』で共演した鈴木福と犬のムックとともに役名ユニット「薫と友樹、たまにムック。」として同ドラマの主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』で歌手デビューをした。同年10月からは『メレンゲの気持ち』でトークバラエティ番組史上最年少で司会を務める。同年10月26日に『ステキな日曜日〜Gyu Gyu グッデイ!〜』でソロで歌手デビューをする。同年12月31日に開催された『第62回NHK紅白歌合戦』にそれまで大橋のぞみ(藤岡藤巻と大橋のぞみ)が持っていた9歳237日の最年少出場記録を更新する7歳193日で出場。「あしたを歌おう。〜こどもスペシャル〜」に登場の際は鈴木福と共にミッキーマウスの手を握って階段を下りてくる場面で転倒するハプニングもあった。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田愛菜

    芦田愛菜から見た淀殿

    2010年(平成22年)、テレビドラマ『Mother』に出演し、実母から虐待される少女を熱演。本作で「第65回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞」など新人賞を多数受賞して認知度を飛躍的に高める。同年9月に約300人が応募したオーディションを経て、2011年(平成23年)のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の宮沢りえ演じる茶々の幼少時代を演じることが決定した。その後主人公・江の長女(娘)である千の幼少期も担当する。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田愛菜

    芦田愛菜から見た千姫

    2010年(平成22年)、テレビドラマ『Mother』に出演し、実母から虐待される少女を熱演。本作で「第65回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞」など新人賞を多数受賞して認知度を飛躍的に高める。同年9月に約300人が応募したオーディションを経て、2011年(平成23年)のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の宮沢りえ演じる茶々の幼少時代を演じることが決定した。その後主人公・江の長女(娘)であるの幼少期も担当する。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田愛菜

    芦田愛菜から見たビューティフルレイン

    2012年(平成24年)1月24日に前年に出演した映画『うさぎドロップ』と映画『阪急電車 片道15分の奇跡』で「第54回 ブルーリボン賞 新人賞」を史上最年少で受賞する。同年1月27日に『マル・マル・モリ・モリ!』で「第26回 日本ゴールドディスク大賞 ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)、ベスト5ソング・バイ・ダウンロード」の2部門を受賞する。ドラマ『ビューティフルレイン』に出演した際には、小林義則監督によって「典型的な『憑依型』の女優」と評価された。同年12月27日には「きゅりあん」にて単独コンサート公演『〜ウィンターワンダーランド〜』を務め上げた。芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田愛菜

    芦田愛菜から見たLIAR GAME (テレビドラマ)

    アリス IN ライアーゲーム(2012年3月5日 - 8日、フジテレビ) - 主演・アリス 役芦田愛菜 フレッシュアイペディアより)

148件中 21 - 30件表示

「芦田愛菜」のニューストピックワード