前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1823件中 1 - 10件表示
  • ワスレグサ

    ワスレグサから見た花

    : 7〜8月に、茎頂にユリに似た八重咲きで橙赤色の花を開く。ワスレグサ フレッシュアイペディアより)

  • カヤツリグサ科

    カヤツリグサ科から見た花

    カヤツリグサ科の植物は、細長い葉を持つ草が多い。は花びらを持たず、鱗片が重なり合って小穂を形成する。カヤツリグサ科 フレッシュアイペディアより)

  • 裸子植物

    裸子植物から見た花

    また、顕花植物と言った場合、裸子植物と被子植物とを含み、裸子植物の生殖器官はと呼ばれるが、これはリンネに由来する語法である。ただし、裸子植物のそれを花と認めない見方もある。例えば、英語で Flowering plant と言った場合には、被子植物のみを含める。裸子植物 フレッシュアイペディアより)

  • エビネ

    エビネから見た花

    花は春咲きで、新芽の展葉とともに高さ30-40cmの花茎を伸長させる。2、3個の苞がある。花序の半ばより上に多数のをつける。はほぼ横向きに平開する。がく片は狭卵形、側花弁は倒卵状披針形、共に先はとがる。唇弁は三つに裂け、左右の裂片が広い。中央の裂片には縦に3本の隆起線があり、先は板状に立ち上がる。唇弁の基部は深くくぼんで後ろに突出し、長さ0.8-1.0cmの距となる。花期は4-5月。エビネ フレッシュアイペディアより)

  • 自由研究

    自由研究から見た花

    校庭の植物の名前は何か、植物の生えている環境はどうか、はどんな形をしているか。自由研究 フレッシュアイペディアより)

  • ママコノシリヌグイ

    ママコノシリヌグイから見た花

    5-10月ごろ、枝先に10個ほどのが集まって咲く。花は花被の基部が白色で、先端が桃色。花後には黒色の痩果がつく。ママコノシリヌグイ フレッシュアイペディアより)

  • マルバウツギ

    マルバウツギから見た花

    花期は4-5月頃で、白いを咲かせる。マルバウツギ フレッシュアイペディアより)

  • コバノミツバツツジ

    コバノミツバツツジから見た花

    3 - 4月頃に紅紫色 - 淡紫色のが多数咲き、里山の春を彩る。花は直径約3?。花粉が細い糸でつながった構造をしており、昆虫の体に付着しやすくなっている。また、1本のめしべの回りを取り囲むように10本のおしべがある。コバノミツバツツジ フレッシュアイペディアより)

  • ビレイア

    ビレイアから見た花

    は筒長形、短筒型、トランペット形、釣鐘型、椀形等、さまざまで、ビレイア フレッシュアイペディアより)

  • カタバミ属

    カタバミ属から見た花

    カタバミ属(カタバミぞく、学名: )はカタバミ科に含まれる植物の一群である。の美しいものは園芸用に栽培され、多くは学名カナ読みでオキザリスと呼ばれる。カタバミ属 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1823件中 1 - 10件表示

「花だより」のニューストピックワード