前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2477件中 1 - 10件表示
  • カヤツリグサ科

    カヤツリグサ科から見た花

    カヤツリグサ科の植物は、細長い葉を持つ草が多い。は花びらを持たず、鱗片が重なり合って小穂を形成する。カヤツリグサ科 フレッシュアイペディアより)

  • タマスダレ

    タマスダレから見た花

    和名の由来は、白い小さなを「玉」に、葉が集まっている様子を「簾」に例えたことによる。タマスダレ フレッシュアイペディアより)

  • カサブランカ (植物)

    カサブランカ (植物)から見た花

    純白の大輪のを咲かせ「ユリの女王」と評される。日本での開花時期は6月 - 8月で、の直径は20?にもなる。栽培は比較的難しいが、植付け1年目には開花することが多い。日本での植付け期は秋季の10月-11月。カサブランカ (植物) フレッシュアイペディアより)

  • ワスレグサ

    ワスレグサから見た花

    : 7〜8月に、茎頂にユリに似た八重咲きで橙赤色の花を開く。ワスレグサ フレッシュアイペディアより)

  • ハンショウヅル

    ハンショウヅルから見た花

    木質のつる植物で落葉性。葉は長さ4-9 cmの卵形の三出複葉で対生する。花柄の長さは6-12 cmで、先端に紅紫色の鐘形のを1個下向きに付ける。花期は5-6月。痩果は長さ約6 cmの長卵形で、花柱の長さは3-4 cm。ハンショウヅル フレッシュアイペディアより)

  • ボケ (植物)

    ボケ (植物)から見た花

    は3 - 4月に葉よりも先に開く。短枝の脇に数個つき、径2.5 - 3.5cm。色は基本的に淡紅、緋紅。白と紅の斑、白などがある。ボケ (植物) フレッシュアイペディアより)

  • ムクゲ

    ムクゲから見た花

    ムクゲ(木槿、学名: )はアオイ科フヨウ属の落葉樹。別名ハチス、もくげ。庭木として広く植栽されるほか、夏の茶花としても欠かせないである。ムクゲ フレッシュアイペディアより)

  • 裸子植物

    裸子植物から見た花

    また、顕花植物と言った場合、裸子植物と被子植物とを含み、裸子植物の生殖器官はと呼ばれるが、これはリンネに由来する語法である。ただし、裸子植物のそれを花と認めない見方もある。例えば、英語で Flowering plant と言った場合には、被子植物のみを含める。裸子植物 フレッシュアイペディアより)

  • キツネアザミ

    キツネアザミから見た花

    和名は、がアザミに似ているが、アザミではないことから。キツネアザミ フレッシュアイペディアより)

  • ナツズイセン

    ナツズイセンから見た花

    和名は、葉がスイセンに似ていて、が夏に咲くことから。また、花期に葉がないことから、俗にハダカユリ(裸百合)とも呼ばれる。ナツズイセン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2477件中 1 - 10件表示

「花だより」のニューストピックワード