1823件中 91 - 100件表示
  • ストロビロイド説

    ストロビロイド説から見た花

    ストロビロイド説(-せつ、Strobiloid theory)とは、被子植物のの起源・進化に関する学説で、雄蕊・雌蕊などが多数ある複雑な両性花から、単純な花へ退化的に進化したとする考えである。ストロビロイド説 フレッシュアイペディアより)

  • タテヤマリンドウ

    タテヤマリンドウから見た花

    高さは10cmくらいになる。茎につく葉は対生し、幅3mm、長さ7mmほどの披針形で茎に寄り添う。花期にも根元に卵形の根生葉が残る。花期は6月から8月で、漏斗状の淡青紫色のを、茎の上部に1個、上向きにつける。花は日があたっている時だけ開き、曇天、雨天時は、筆先の形をした蕾状態になって閉じている。タテヤマリンドウ フレッシュアイペディアより)

  • 郵趣サービス社

    郵趣サービス社から見た花

    医学、イヌ、宇宙、オートバイ、音楽、貝、絵画、キノコ、切手の切手、恐竜、獣、国旗、国際切手展、国際ロータリー、子供、昆虫、魚、山岳、植物、自動車、水生生物、スポーツ、世界遺産、赤十字、WWF、地球環境、地図、著名人、鉄道、動物、童話、鳥、ネコ、年賀、、帆船、飛行機、美術、風俗、舞踏、船、宝石、マンガ、民芸品、ライオンズクラブ、ランほか郵趣サービス社 フレッシュアイペディアより)

  • ナベワリ

    ナベワリから見た花

    は4-5月ごろに出る。葉の付け根から出て、細い柄があって垂れ下がるので、ちょうど葉の下に隠れるようにつく。花びらは四枚、二枚ずつ対生して内外の二列になる。単子葉植物としては珍しい造りである。花びらは楕円形、緑色で、ほぼ水平に開く。外側の一枚だけが特に大きいので、妙に不対称な変わった花形になる。雄しべ雌しべは中央に集まって突き出る。ナベワリ フレッシュアイペディアより)

  • エゾリンドウ

    エゾリンドウから見た花

    茎の高さ30?100cm。葉は茎に対生し、形は披針形で縁はざらつかない。花期は9?10月にかけて。は茎の先端と葉腋につき、栄養状態がよければ数段につく。花冠の長さは4?5cm、日が差すと花が開き、リンドウよりも淡い青紫色の花を咲かせる。エゾリンドウ フレッシュアイペディアより)

  • ヤサイ、サイタ。

    ヤサイ、サイタ。から見た花

    「What's this flower?」と何のか問いかけ、身近な野菜や果物を紹介する。ヤサイ、サイタ。 フレッシュアイペディアより)

  • 胞子葉

    胞子葉から見た花

    種子植物は胞子を形成しないが、シダ植物との関係をたどれば、雄しべが小胞子葉であり、雌しべが大胞子葉であることが分かる。したがって、というのは大小の胞子葉とそれを囲む複数の葉からなる構造である。胞子葉 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知万博の入場者数問題

    愛知万博の入場者数問題から見た花

    愛知県の(1年分・12種類)愛知万博の入場者数問題 フレッシュアイペディアより)

  • 伊佐津川

    伊佐津川から見た花

    下流の河川敷では、サクラやツツジなどのが楽しめるほか、サイクリングロードや河川敷公園も整備されており、ペット連れやウォーキングなど散歩をする人が絶えない。伊佐津川 フレッシュアイペディアより)

  • ウリノキ科

    ウリノキ科から見た花

    は多くは両性で(一部の種は雌雄異株)、花弁は4-10枚あって細長く、外側に反り返る。集散花序をつくる。葉は互生し、幅広く、3-5ほどに裂けるものもある。「瓜の木」という名は葉が瓜に似ていることによる。子房下位で果実は核果。ウリノキ科 フレッシュアイペディアより)

1823件中 91 - 100件表示

「花だより」のニューストピックワード