2477件中 21 - 30件表示
  • ボタン科

    ボタン科から見た花

    ボタン科 (Paeoniaceae) は双子葉植物の科で、ボタン属Paeonia だけからなる単型科である。が大きく美しいボタンやシャクヤクを含む。ボタン科 フレッシュアイペディアより)

  • サルトリイバラ

    サルトリイバラから見た雄花花

    雌雄異株で、4〜5月になると葉腋より散形花序を伸ばし、多数の花を付ける。花は淡黄色で、6枚の花被片は先端が反り返る。雄花には雄蘂が6本、雌花には子房が3室・柱頭が3本ある。サルトリイバラ フレッシュアイペディアより)

  • ニチニチソウ

    ニチニチソウから見た花

    は直径3?4cm程度で、花弁は5裂し、色は白、ピンク、赤、赤紫などがあり、中心だけ色が違うものもある。ニチニチソウ フレッシュアイペディアより)

  • ホソバヒイラギナンテン

    ホソバヒイラギナンテンから見た花

    は黄色で、秋に咲く(ヒイラギナンテンは冬に咲く)。ホソバヒイラギナンテン フレッシュアイペディアより)

  • マツバウンラン

    マツバウンランから見た花

    高さは20-60cmで、先端に紫色のをつけ、下の方に細長い葉をつける。花期は4-6月。マツバウンラン フレッシュアイペディアより)

  • リアトリス

    リアトリスから見た花

    は花序の頭端から下へと向かって咲いてゆく。花の色は紫、紅、白。頭状花はミツバチを誘引する。花の咲き方は槍咲き型と呼ばれる穂状に咲くパターンと玉咲き型と呼ばれる固まって咲くパターンの2つに大別される。リアトリス フレッシュアイペディアより)

  • ナツフジ

    ナツフジから見た花

    和名は、夏にを咲かせることから。ドヨウフジ(土用藤)ともいう。ナツフジ フレッシュアイペディアより)

  • ゲイッソロマ科

    ゲイッソロマ科から見た花

    ゲイッソロマ科(Geissolomataceae)はクロッソソマ目の科の一つ。 1属1種だけからなる単型科。南アフリカ・ケープ植物区の乾燥地に生育する常緑低木。茎は四角い。葉は厚く、対生で交互に直角方向に出るので、上から見ると四角に見える。は両性花で茎頂に単生する。基部に苞が6枚(3対)あり、も4数性。がく片(4個)も花弁のように赤くなる。花弁、雄蕊、心皮は各4、8、4個。果実はさく果で種子4個を含む。アルミニウムを蓄積する性質がある。ゲイッソロマ科 フレッシュアイペディアより)

  • クマツヅラ

    クマツヅラから見た花

    期は6〜9月で、淡紅紫色の花を咲かせる。クマツヅラ フレッシュアイペディアより)

  • カタバミ属

    カタバミ属から見た花

    カタバミ属(カタバミぞく、学名: )はカタバミ科に含まれる植物の一群である。の美しいものは園芸用に栽培され、多くは学名カナ読みでオキザリスと呼ばれる。カタバミ属 フレッシュアイペディアより)

2477件中 21 - 30件表示

「花だより」のニューストピックワード