1823件中 31 - 40件表示
  • ベニバナイチヤクソウ

    ベニバナイチヤクソウから見た花

    花期は6-8月上旬。葉の間から長さ15-25cmになる花茎を伸ばし、総状花序をつけ、8-15個のがつく。花茎は赤みを帯び、1-3枚の広披針形の鱗片葉がある。苞は狭長楕円形で先は急に短くとがる。萼片は5個で離生し、狭卵形で、長さは幅の2倍になり、長さ2-3mm、幅1-1.5mmになる。は桃色から濃桃色、花弁5個が離生して径約13mmの広鐘形になり、下向きに咲く。花柱は湾曲し、長さ6-8mmになり柱頭は小さく5裂する。果実は径約7mmの蒴果になる。ベニバナイチヤクソウ フレッシュアイペディアより)

  • コメツブツメクサ

    コメツブツメクサから見た花

    は、黄色の蝶形花が数個 - 20個集まる。受粉後も花弁が残る。コメツブツメクサ フレッシュアイペディアより)

  • メマツヨイグサ

    メマツヨイグサから見た花

    は、しぼんでも赤くならない。メマツヨイグサ フレッシュアイペディアより)

  • カンアオイ属

    カンアオイ属から見た花

    は冬季に咲き、短い柄の先に一つずつ付き、地表か、やや土に埋もれて表面だけを地表に出す。花弁のように見えるが実は萼片(萼)であり、放射相称で、3枚の萼片が合着し、筒状やつぼ状、釣り鐘状などの形の萼筒を形成し、先端は三裂の萼裂片となる。またまれに花弁をつけるが、退化しておりごく小さい。雄蕊は3本または6本。カンアオイ属 フレッシュアイペディアより)

  • ハコベ

    ハコベから見た花

    背の低い草本で、一年草、越年草または多年草。茎は株状になるか1本立ちになり、よく枝分かれして密集した群落を作る。茎には節があり、節ごとに葉を互生する。葉は扁平で、茎の下部に葉柄があるものと無いものがある。は集散花序か茎先や葉腋に単生する。萼片は5個。花弁は白色まれに緑色で5弁であるが、根元近くまで深く2裂するものがあるため、一見では10弁に見える。まれに花弁が退化して無いものもある。雄蕊はふつう10個。花柱はふつう3個。果実は蒴果でふつう6裂する。ハコベ フレッシュアイペディアより)

  • アベマキ

    アベマキから見た花

    期は4?5月頃で、雌雄異花。アベマキ フレッシュアイペディアより)

  • サルトリイバラ科

    サルトリイバラ科から見た花

    狭義のサルトリイバラ科。葉は幅広い心臓形、托葉が巻きひげになっているのが特徴(一部の種は葉柄で巻きつく)。は単性花で雌雄異株のものが多く、小型のが散形花序をつくるものが多い。果実は液果。サルトリイバラ科 フレッシュアイペディアより)

  • アサ

    アサから見た花

    葉やにはテトラヒドロカンナビノール(THC)が含まれ、これをヒトが摂取すると陶酔する。根や茎以外の、薬効成分を多く含んだ花穂や葉を乾燥した物(通称マリファナ)や、同部分から抽出した樹脂(通称ハシシ)はTHCを含有しており、ロシア、アフリカ、オーストラリア、ヨーロッパの一部を除く世界中で規制薬物の対象とされる。 医療目的としても価値があり、古くから果実は麻子仁(マシニン)という生薬として用いるほか、葉や花から抽出した成分を難病患者に投与する方法も研究されている。アサ フレッシュアイペディアより)

  • ヘチマ

    ヘチマから見た雌花花

    つる性の植物。巻きひげで他のものに絡みつきながら生長する。花期は7 - 9月。雌花と雄花に別れており、直径8cmほどの黄色い花を咲かせる。自家和合性で同一株で受粉が可能である。ヘチマ フレッシュアイペディアより)

  • ヘチマ

    ヘチマから見た雄花花

    つる性の植物。巻きひげで他のものに絡みつきながら生長する。花期は7 - 9月。雌花と雄花に別れており、直径8cmほどの黄色い花を咲かせる。自家和合性で同一株で受粉が可能である。ヘチマ フレッシュアイペディアより)

1823件中 31 - 40件表示

「花だより」のニューストピックワード