2477件中 31 - 40件表示
  • クサイチゴ

    クサイチゴから見た花

    花期は3-4月。は白色で、5弁花。花弁は卵円形で、長さは15-20mm。花の中央に雌蕊が多数あり、その周囲にやはり多数の雄蘂を持つ。クサイチゴ フレッシュアイペディアより)

  • シラン (植物)

    シラン (植物)から見た花

    花期は4月から5月。は紫紅色で、30から50cm程度の花茎の先に数個つく。花弁は細長く、あまり開ききらないような感じに咲く。観賞用に、花の色が白色のもの、斑入りのもの、淡色花、花弁が唇弁化した「三蝶咲き」などがある。シラン (植物) フレッシュアイペディアより)

  • ヤブヘビイチゴ

    ヤブヘビイチゴから見た花

    イチゴ(オランダイチゴ属)と似た葉や果実を持つが、異なる属に分類され、白色あるいは薄ピンク色のを付けるイチゴとは異なり、黄色の花を付ける。ヤブヘビイチゴ フレッシュアイペディアより)

  • オニタビラコ

    オニタビラコから見た花

    茎の上部が枝分かれして複散房状に分枝し、多数の黄色のを咲かせる。花は直径7 - 8mm程度で、小さなタンポポといったところ。春から秋にかけて開花するが、暖かい地域では年中花をつける例もある。冠毛は白色。オニタビラコ フレッシュアイペディアより)

  • ヒヤシンス

    ヒヤシンスから見た花

    春先に香りのよいを咲かせる。原種本来の花色は紫青色のみだが、園芸品種には暖色から寒色までさまざまな色彩が濃淡豊かに揃う。ヒヤシンス フレッシュアイペディアより)

  • コメツブツメクサ

    コメツブツメクサから見た花

    は、黄色の蝶形花が数個 - 20個集まる。受粉後も花弁が残る。コメツブツメクサ フレッシュアイペディアより)

  • サンゴジュ

    サンゴジュから見た花

    初夏に円錐花序を出して小型のを多数開花する。サンゴジュ フレッシュアイペディアより)

  • 梓川村

    梓川村から見た花

    1995年(平成7年)6月20日 - 村の木・・鳥を制定。梓川村 フレッシュアイペディアより)

  • ハエ目

    ハエ目から見た花

    生息環境は熱帯雨林、砂漠、ツンドラ、さらには海、温泉、洞窟、大型動物に寄生するものなど非常に多様性に富む。陸上ではむしろハエ目昆虫がいない所を探す方が難しい。植物の中にはに芳香ではなく腐臭を漂わせ、集まるハエ類を花粉伝播に利用する植物も知られる。ハエ目 フレッシュアイペディアより)

  • マンリョウ

    マンリョウから見た花

    は白色で、7月頃に咲き、小枝の先に散形花序をなす。マンリョウ フレッシュアイペディアより)

2477件中 31 - 40件表示

「花だより」のニューストピックワード