2477件中 41 - 50件表示
  • ヤマウルシ

    ヤマウルシから見た花

    雌雄異株で、5月ごろに黄緑色のをつける。ヤマウルシ フレッシュアイペディアより)

  • ヌスビトハギ

    ヌスビトハギから見た花

    期は7-9月、茎の先端の方から数個の細長い総状花序をつける。下方のものでは、それらの基部には茎につくよりやや小さい葉がつく。花序にはまばらに花がつく。花は小さくて3-4mm、ピンク色に色づく。ヌスビトハギ フレッシュアイペディアより)

  • ハコベ

    ハコベから見た花

    背の低い草本で、一年草、越年草または多年草。茎は株状になるか1本立ちになり、よく枝分かれして密集した群落を作る。茎には節があり、節ごとに葉を互生する。葉は扁平で、茎の下部に葉柄があるものと無いものがある。は集散花序か茎先や葉腋に単生する。萼片は5個。花弁は白色まれに緑色で5弁であるが、根元近くまで深く2裂するものがあるため、一見では10弁に見える。まれに花弁が退化して無いものもある。雄蕊はふつう10個。花柱はふつう3個。果実は蒴果でふつう6裂する。ハコベ フレッシュアイペディアより)

  • マルバルコウ

    マルバルコウから見た花

    は赤色で、虫媒花である。マルバルコウ フレッシュアイペディアより)

  • ハクチョウゲ

    ハクチョウゲから見た花

    ハクチョウゲという和名の由来は、そのが丁字型の白い花を付けるところから来ていて、白鳥とは関係がなく、単なる当て字である。ハクチョウゲ フレッシュアイペディアより)

  • ヒメヒオウギズイセン

    ヒメヒオウギズイセンから見た花

    花茎から穂状花序を分枝し、各々にオレンジ色のを付ける。花期は7〜8月。ヒメヒオウギズイセン フレッシュアイペディアより)

  • ヒイラギ

    ヒイラギから見た花

    花期は11-12月であり、葉腋に白色の小花を密生させる。雌雄異株で、雄株のは2本の雄蕊が発達し、雌株の花は花柱が長く発達して結実する。花は同じモクセイ属のキンモクセイに似た芳香がある。花冠は4深裂して、径5mmになる。ヒイラギ フレッシュアイペディアより)

  • コバノミツバツツジ

    コバノミツバツツジから見た花

    3 - 4月頃に紅紫色 - 淡紫色のが多数咲き、里山の春を彩る。花は直径約3?。花粉が細い糸でつながった構造をしており、昆虫の体に付着しやすくなっている。また、1本のめしべの回りを取り囲むように10本のおしべがある。コバノミツバツツジ フレッシュアイペディアより)

  • ヒュウガミズキ

    ヒュウガミズキから見た花

    花期は3〜4月頃で、薄黄色のを咲かせる。ヒュウガミズキ フレッシュアイペディアより)

  • トキリマメ

    トキリマメから見た花

    花期は7 - 9月。総状花序で葉腋から出る。小さく長さ8mmほどの細長い筒状の形をした黄色い蝶型のを5 - 20個 、密集するようにつけ、大きな旗弁が目立つ。トキリマメ フレッシュアイペディアより)

2477件中 41 - 50件表示

「花だより」のニューストピックワード