1823件中 41 - 50件表示
  • 属 (分類学)

    属 (分類学)から見た花

    この場合、どのような形質が基本的であり、どのような形質が些細であるかはその分類群により異なっており、より自然分類に近づくようにそれらを選ぶのが分類学者の判断である。たとえば種子植物であれば、一般的にはの構造や雌しべの内部の構造、維管束の配置などはより基本的なものであり、の色、葉の形などはより些末な形質であると見なされている。つまり植物全体の姿や花の構造がほぼ同じで、花の大きさや色と葉の形が違っていて、それらに中間型がなければそれらを同属の別種と考える。属 (分類学) フレッシュアイペディアより)

  • トケイソウ

    トケイソウから見た副冠花

    種の数は約500、栽培品種はそれらが掛け合わされてできるためさらに数が多い。栽培品種には驚くべき数のさまざまな色、形のトケイソウが存在する。先に述べた花弁とガクがそれぞれピンクと白という Passiflora x belotii という栽培品種も存在する。ぱっと見には花弁とガクの区別はつかないので、白とピンクが互い違いになった花ビラのように見える。それとは対照的に、副冠も花弁もガクも全部白というのが右の写真で示す Passiflora caerulea 'Constance Elliot' である(子房柱の右に写っているのは、ハチである)。トケイソウ フレッシュアイペディアより)

  • 水草

    水草から見た花

    を水中で咲かせるものはごく少なく、イバラモ科、カワゴケソウ科やマツモなどがあるのみである。ほとんどのものは、茎を伸ばして水面か水上に花をつける。花粉が水面に浮かんで散布されるものもある。また、茎を伸ばして水面に花を咲かせるものでは、果実になると茎が縮み、種子を水中に散布するような適応をしたものが見受けられる。カワゴケソウ科の一部の種は茎や根の区別を失い苔類のような葉状体になっている。水草 フレッシュアイペディアより)

  • テレフォンショッキング

    テレフォンショッキングから見た花

    テレフォンゲストの告知(ポスター・お・電報紹介など)テレフォンショッキング フレッシュアイペディアより)

  • アケビ

    アケビから見た花

    は4 - 5月に咲き、木は雌雄同株であるが雌雄異花で淡紫色。花被は3枚で、雄花の中央部には6本の雄しべがミカンの房状に、雌花の中央部にはバナナの果実のような6 ? 9本の雌しべが放射状につく。雌花の柱頭(先端部)には、甘みを持った粘着性の液体が付いており、花粉がここに付着することで受粉が成立する。雌雄異花で蜜も出さないので、受粉生態にはよくわかっていない点が多いが、雌花が雄花に擬態して、雄花の花粉を目当てに飛来する小型のハナバチ類を騙して受粉を成功させているのではないか、とする仮説がある。ハエ類が甘みを持った粘着質を舐めに来る際に受粉していると考えられる。アケビ フレッシュアイペディアより)

  • ハハコグサ

    ハハコグサから見た花

    冬は根出葉がややロゼットの状態で育ち、春になると茎を伸ばしてをつける。ハハコグサ フレッシュアイペディアより)

  • カロライナジャスミン

    カロライナジャスミンから見た花

    期は春で、小型でラッパ状の黄色い花を多数咲かせる。一重咲き品種と八重咲きの品種があり、芳香花ではあるが、八重咲き品種の芳香は一重咲きに比べやや弱い。カロライナジャスミン フレッシュアイペディアより)

  • LSD (薬物)

    LSD (薬物)から見た花

    これらを背景として、フラワーパワージェネレーション、ラヴジェネレーション、フラワーチルドレン等と呼ばれる人々が出現した。彼らは歌と愛とを一つのものとし、武器を捨て、争いをやめ、を持って生きようと呼びかけ、「Love and Peace(愛と平和《ただし、これを『性の解放』と『反戦』とする見方もある》)」を標語として掲げた。LSD (薬物) フレッシュアイペディアより)

  • シソ

    シソから見た花

    ヒマラヤやビルマ、中国などが原産。日本には中国から伝わったとされている。一年草で、高さ1m程になる。葉は対生につき、広卵形で先端は尖り、緑色または赤みを帯びる。品種によっては葉が縮れる場合もある。花序は総状花序で、白から紫色のを多数つける。シソ フレッシュアイペディアより)

  • ウスベニアオイ

    ウスベニアオイから見た花

    初夏から夏にかけて赤紫色のを咲かせる。ウスベニアオイ フレッシュアイペディアより)

1823件中 41 - 50件表示

「花だより」のニューストピックワード